スポーツ一期一会

“わかりすぎる”今のF1中継

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、スポーツ中継を見て思うことがあります。 特に私はF1が好きで、もう20年以上も中継を見ていますが、 見始めた頃の情熱ははっきり言いましてありません。 大好きなフェラーリの不振、私にとってのスーパーヒーローであったミハエル・シューマッハの引退など 様々な要素もありますが、その中でも大きいことに 今のF1は何もかも分かり易すぎるというのがあると思います。

現在のF1は中継は

○装着タイヤ ○各順位のリアルタイムでのタイム差 ○燃料量 ○無線 ○最近はないですがサーモグラフィーでのタイヤ温度

など、ありとあらゆる情報が手に入る…といいますか目に入ります。 果たしてこれは良いことなのでしょうか。

確かにオープンになったとはいえますが 私なんかは色々ストラテジーを考えながらF1を見ていたので なにか先述した情報がそれを削がれているようでなりません。 よって最近はタイミングモニターを見ていても、 「そりゃ、このタイヤならこのタイム出るよね」みたいな冷めた気分になります。

ミハエルやその前のセナ・プロの時代は本当に中継中の情報が少なかった。 タイムギャップも各セクターごとでしたし、そのセクターごとに詰めていく数字に私なんかは興奮していたように思えます。 たとえば92年のモナコなんて、もしタイム表示が今のようでしたらどうでしょうね。 セクター毎表記しかギャップ差がでないのと、GPSでリアルタイムで1000分の1秒まで表記されるのと。 私は1周回ってきたときに、いきなり5秒縮まる表記のほうが好みですね。

またピットから川井ちゃんが興奮気味に“○○のタイヤをはいていきましたよ!!”みたいな情報も良かったのかなと思います。 それに輪をかけて中継も今は現地にも行かないので視聴者には伝わってきませんよね。 実況・解説も冷めているから視聴者も冷めてしまうんですよ。 そういう意味ではGAORAでやっているインディーカーの中継なんか僕はすごく上手いと思います。

中継はその言葉のように“中を継ぐ”だけで良いと思うんですよね。 文字表記も実況も解説もあくまで調味料に過ぎないはずです。 この前、久々に日本シリーズの地上波の中継見ましたがウンザリでしたね。 右上に“○○無失点で6回で降板、逆転なるか?”とあるかと思えば 下にはその打者に対する投球履歴。 それからカウントと、たまにテレビの広告や番宣。 そんなに必要なのでしょうか。

もう少し、視聴者が“想像・妄想”ができる中継が私なんかは必要ではないかと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
モータースポーツ
F1
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第47回明治神宮大会高校の部2回戦(早稲田実×静岡 札幌第一×宇部鴻城)【北のお部屋】

試されるハリルJAPANのユニットの力。ボール奪取からフィニッシュに至るところに〇〇〇あり。【ゴレにーろの備忘録。~FOOTBOOL EDITION~】

第47回明治神宮大会高校の部1回戦(明徳義塾×作新学院 履正社×仙台育英)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-iconk2schumi

  • 昨日のページビュー:632
  • 累計のページビュー:315941

(09月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. あと5分…あと2周…
  2. 信じられないF1ポイントシステム
  3. ケーターハムに小林とエリクソン
  4. フォーミュラーカーの危険性と魅力
  5. 掛布二軍監督“解任”に思う
  6. 後藤ジョッキーの逝去
  7. その言葉を張本さんに返します
  8. タイガースはチーム作りを再考せよ
  9. オルフェーヴルへスミヨン騎手に思う
  10. 松中選手の落日

月別アーカイブ

2017
09
08
2016
11
06
02
2015
08
04
02
2014
07
06
01
2013
12
10
06
05
2012
09
07
2011
09
08
05
03
01
2010
03
2009
12
07
04
03
2008
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss