J-UNITED BLOG

ドイツサッカー七部リーグ 大久保賢人選手インタビュー SpVg Schonnebeck 2. Mannschaft所属 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月24日の日曜日、この日はドイツ北西部に位置する都市、Essenに向かった。お目当ての試合のキックオフは午前11時と、少し早い。インスタグラムのストーリーでボヤくのも無理はない。人工芝のピッチにスタンドが一棟ある競技場に着くと、上下ともに赤いユニフォームと上が白、下が緑のユニフォームの選手たちがすでにピッチ上を駆けていた。  スタンドに座って、今日会いに来た日本人選手を探す。上下赤のユニフォームで、右サイドでプレーしていた。ホイッスルが鳴って、前半終了。ハーフタイム中は、あたりをブラブラしながら時間を潰して後半開始を待つ。  ロッカールームから選手たちが出てきた。彼はそのまま右サイドでプレーする。スタンドはそのエンドにあるので、近い。さて、目の前でイイ所を見せてくれよぉ、と思いながらカメラも準備する。  でも、この日はそういう日ではなかった。ドリブルで仕掛けても、パスしても、シュートに至ることもままならなかった。  74分、彼は退く。その9分後、相手チームが先制点を決めた。とぼとぼとこちらへ歩いてくる彼を見て、出迎えるために席を離れる。握手を交わして、自己紹介。

 「いやぁ、今日はぜんぜんダメだぁ」  大久保賢人はピッチを見渡してそういった。  「着替えてきますね。」 ―1stユニフォームって確か、緑じゃなかったっけ?  「そうなんですよ。でも、相手が緑を持ってきて、こっちがアウェー用の赤を着なくちゃいけないことになって」  そう言って戻って来る頃に試合は0-1で終わり、SpVg Schonnebeck 2. Mannschaftは2連敗となった。    ―試合後、チームとミーティングとかはないの?」  「ないです。そういうとこからなんですよねぇ」

 バスでEssen Hbfに向かい、駅構内のカフェにてこれまでのことを語ってくれた。

―サッカーを始めたキッカケから教えてください。

 「小さい頃からボールがずっと好きだったらしくて、それで自分からお母さんにサッカーやりたいと言って、幼稚園にあったサッカークラブから始めました」

―小学生から中学生、高校生の頃は、どのチームに所属していたの?  「小学4年生から中学3年まで、鹿島アントラーズでプレーしていました。ただユースには昇格できなくて、高校は柏日体でプレーしていました」

―高校生の頃から、その先の進路については大学か海外かで考えていたの?  「大学のセレクションも行ってみたんですけどパッとしなかったし、海外はドイツかブラジルで迷ってました。ただブラジルは治安が不安だから、結果ドイツに決めて、高校を卒業した3月に来ました」

―いま所属するクラブとはいつ契約できたの?  「10月の終わりにやっと決まったんです。それまでは語学学校や自主練をしていて。しかも悪いことに、夏の自主練中に左膝を怪我しちゃったんです」

―チームが決まっていない時期に怪我をしたとなると、自分ですべて解決しないといけないってことだよね。  「とりあえず病院に行って、負担を軽減するためのシリコンを注射されて、治療はそれだけです。これやっとけば、良くなるからって。リハビリは自分で考えてやりました。情報はスマホさえあれば手に入れられますからね。もちろん、膝以外のトレーニングも欠かさずやっていました。あとは病院で経過を診てもらって、『走っていいよ』ってなったらランニングも始めました。その時期は本当にメンタルにきました。でも、気持ち切り替えるてやるしかなかったですね」

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フットボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リーガ・エスパニョーラ第6節 vアラベス【レアルマドリードのある生活】

【鹿島】 vs G大阪。激闘を制し価値ある勝利【常勝紅鹿】

鹿島は勝負強い?そんなものは誰も信じてはいないんじゃないの【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

【 岡崎慎司 】 リーグ戦で3得点目。カップ戦も含めれば4得点目。 【 レスター vs リヴァプール 】【FCKSA66】

今週の乾/久保/森岡/小林/堂安/伊藤/宇佐美/中島(9/24)【POOH - San の蹴球見聞録】

ロスタイムの逆転劇で、2位と勝ち点差8。 鹿島 2-1 G大阪【二つの歓喜をもう一度!】

結果としては5連勝――鹿島アントラーズ2-1ガンバ大阪【雑感】【Memories of the game】

安部裕葵にやっと気づいた?【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

ブロガープロフィール

profile-iconjunitedblog

ドイツ、オーバーハウゼンを拠点に、欧州スポーツ界で活躍する日本人を取材し、レポートしていきます。
YouTubeにて、取材レポートを配信。「J-UNITED CHANNEL」
https://www.youtube.com/channel/UCcN6uY5z3P4WmmokELzc_xw
ブログでは、YouTubeではお伝え出来ないことを掲載していきます。
発信者&管理人 居町敬祐
コンタクトはこちらまで j.united.channel@gmail.com
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:5684

(10月19日現在)

関連サイト:J-UNITED CHANNEL

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ドイツサッカー5部リーグ SV Bergisch Gradbach所属   谷本薫選手 インタビュー
  2. UEFA YOUTH LEAGUE BVB U-19 v REAL MADRID U-19
  3. ドイツハンドボールでプレーする 佐藤元紀選手インタビュー
  4. ドイツサッカー七部リーグ 大久保賢人選手インタビュー SpVg Schonnebeck 2. Mannschaft所属 
  5. SC Fortuna Köln U-19チームフィジオセラピスト 名和大輔さんインタビュー
  6. Borussia Dortmund II vs SV Rödinghausen @Regionalliga West

月別アーカイブ

2017
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss