J-UNITED BLOG

ドイツサッカー5部リーグ SV Bergisch Gradbach所属   谷本薫選手 インタビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

谷本薫

-まず、高校生三年間から振り返ってください。

谷本「高校二年生からトップチームでプレーさせてもらえました。ただまぁ正直、けっこう問題児で、(全国高校サッカー)選手権の東京予選決勝で途中出場したんですけど、それが三か月ぶりの公式戦出場だったんです。それまでは二軍チームでプレーしていました。準決勝からベンチに入れて、決勝では0-2で負けているときに、最後の交代枠として自分が投入されました。ベンチにはチームキャプテンがいて、彼は出場機会があまりなかったけど、全員をまとめることが上手くて、チームを引っ張っていく存在でした。最後の交代枠で自分がピッチ出させてもらえて、それにも関わらず何もできなかったというのが、高校生活のなかで一番の後悔でした」

ー高校を卒業し渡独したわけですが、大学進学ではなくドイツを選んだ理由は何だったのでしょうか。

谷本「大学は決まっていたんですが、やっぱり海外に行きたいという気持ちが強くて、11月に一か月高校を休んでドイツに行きました。ユースチームの二部で練習させてもらって、そのチームの監督に気に入られて、もう一回来てほしいとも言われました。悩んだ結果、いろんな人も迷惑になったけどドイツを選びました。4月に日本を離れて、選手証の関係で公式戦に出場するのが遅れたんですけど、シーズンが終わる間際には何とか試合出場することができました。自分のプランでは、大学でプレーしてからプロになるのでは遅いので、若いうちに外に出てやる方が、チャンスが多いというのをドイツに来て分かりました。迷いはなくて、高校二年生のときの悔しさがこの決断に至ったのだと思います」

―日本に居た頃の、ブンデスリーガの印象は。

谷本「海外サッカーはあまり見てなかったですね。でも、行ってみなきゃ何も分からないなと思っていたので、ケルンの練習やドルトムントや4部、5部リーグの試合を見て、自分のなかでは手応えがありました」

―現在5部リーグに所属するSV Bergisch Gradbach移籍の経緯を教えてください。

谷本「そのクラブでプレーしていた方のおかげです。最初、その人に『実績もない選手は(事がうまく運んで)いけても6部だと言われていたんです。でも、6部からだと自分のプランでは遅いので、6部クラブの練習には行きませんでした。そうしたら『一回連れてってあげるよ』と、いまのクラブの練習に参加することができました。もう、その一回の練習に全力を出しました。『これが5部リーグのレベルだと感じ取ってほしい』と言われていたんですけど、舐められてるなぁと思って(笑)。でも、その練習は最初から最後まで、まるで自分じゃないぐらい集中していました。終わったら、シャツが汗グッショリでしたから』

―その一回の練習はどのようなものだったのですか。

谷本「ポゼッションとシュートゲームでした。ボールを止める蹴るでミスがほとんどなかったことと、監督がポゼッションが好きで、自分もそれが得意なので、質の良いパスをいくつか出せたことが評価されたのだと思います」

―16-17シーズンは9月から試合に出場し、第6節(9月28日ホームゲーム)にはゴールも決めました。チームも優勝争いをしていた前期を振り返ってください。

谷本「選手証の関係で8月はスタンドで見ていました。デビュー戦(9月2日アウェイゲーム)は後半の頭から出場したんですけど、いきなりダービーマッチだったんです。そのときの緊張感や圧迫感は、ユースチームでプレーしたときとは桁違いだった。ワンプレーにかける思いが違うなと感じました。前期は試合に出れるか出れない時期の繰り返しで、やっぱり心のどこかに自分の結果にこだわるところが多かった。味方にパスを出していれば得点できた場面がいくつかあったのに、自分がゴールを目指して決めることができなかった。優勝争いをしている最中で、その一点で優勝が遠ざかるか近づくかという重みがあったので、それが前期の反省でしたね」

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フットボール
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

余生を過ごすベンゲルと、それに付き合わせられるアーセナル。【東京ドームに計画停電を!】

ミラン補強レポート~前半編~【G&AC】

vs Deportivo Alavés 2-0 ◯ 【ティトビラノバ政権のデジャブ】【no title】

夢はリヴァプールの主将! アレクサンダー=アーノルドがド派手な欧州デビューを飾る。【Walk On With Sports!!】

2017年7月度 新村選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

補強とは?開幕週にコウチーニョを放出し、戦力は強化されていない問題児リヴァプール。【Walk On With Sports!!】

本田真凜について、誰も言わないこと【猫と観るスポーツ】

ネイマールに立ちはだかったメッシの壁…バルサは今が原点回帰の時!【Walk On With Sports!!】

ブロガープロフィール

profile-iconjunitedblog

ドイツ、オーバーハウゼンを拠点に、欧州スポーツ界で活躍する日本人を取材し、レポートしていきます。
YouTubeにて、取材レポートを配信。「J-UNITED CHANNEL」
https://www.youtube.com/channel/UCcN6uY5z3P4WmmokELzc_xw
ブログでは、YouTubeではお伝え出来ないことを掲載していきます。
発信者&管理人 居町敬祐
コンタクトはこちらまで j.united.channel@gmail.com
  • 昨日のページビュー:54
  • 累計のページビュー:7963

(11月19日現在)

関連サイト:J-UNITED CHANNEL

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ドイツサッカー5部リーグ SV Bergisch Gradbach所属   谷本薫選手 インタビュー
  2. UEFA YOUTH LEAGUE BVB U-19 v REAL MADRID U-19
  3. ドイツサッカーレポート 谷本薫 「サッカーが好きだから・・・」
  4. ドイツハンドボールでプレーする 佐藤元紀選手インタビュー
  5. ドイツサッカー七部リーグ 大久保賢人選手インタビュー SpVg Schonnebeck 2. Mannschaft所属 
  6. SC Fortuna Köln U-19チームフィジオセラピスト 名和大輔さんインタビュー
  7. Borussia Dortmund II vs SV Rödinghausen @Regionalliga West
  8. ドイツハンドボール HSG Neuss Düsseldorf 所属 佐藤元紀選手 レポート

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss