no title

第一人者復活へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

横綱・白鵬は平成29年5月場所を終え単独トップの12戦全勝。1差で横綱・日馬富士が1敗で追う展開だ。 中盤までは白鵬、日馬富士の2横綱が10連勝で来たが、11日目。御嶽海にまさかの不覚を日馬富士が取り、星の差がついた。 白鵬は5場所連続で優勝を逃した。これは横綱昇進後ワーストだ。休場も2回。最高で11勝4敗止まり。誰もがここまでの復活を予想しなかった。白鵬と日馬富士は過去5度の両者初日から10連勝以上を行った。 その時は日馬富士が4回賜杯を抱き、1回は2人を1差で追う綱取りの鶴竜が制した。 つまり、白鵬は日馬富士とのマッチレースをまだ制したことがない。また休場明けの優勝が37回の優勝の中にないのだ。『まだ俺がいるんだ!』と力を示すモチベーションに違いない。対戦相手は今日玉鷲、明日照ノ富士、千秋楽はおそらく日馬富士。 白鵬が全勝優勝か。日馬富士が1敗キープで決定戦かが大まかな予想である。強く憎たらしい白鵬の復活劇が楽しみでならない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

第一人者復活へ

「誰もがここまでの復活を予想しなかった。」ってそんなことはない。
場所前、モンゴルでキツイトレーニングをしてきて宮城野親方が
「下半身がしっかりしてきた、今場所はいけるんじゃないか」
というコメントを発表していたから。

こんな記事も読みたい

夢が叶わぬ幕下で、6連勝の大岩戸に夢を見る。【幕下相撲の知られざる世界】

稀勢の里の休場は当然【スポーツ えっせい】

コットvs亀海〜まさかのビッグファイト、まさかのタイトルマッチ!〜【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-iconjuneoctober

野球、相撲、陸上をはじめとした大のスポーツオタクです。
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:123059

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 照ノ富士関の今後について
  2. 平成29年展望
  3. ジャイアンツの将来
  4. 年間最多勝争い
  5. 優勝争い展望
  6. 第一人者復活へ
  7. 鶴竜関はいかに
  8. 復活の第一歩
  9. 鶴竜関おめでとう

月別アーカイブ

2017
10
05
04
03
01
2016
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss