no title

平成29年展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年1月場所の番付発表が近づいている。今年1年間は琴奨菊の10年ぶりの和製力士の優勝に始まり3月5月場所は白鵬が、7月場所は日馬富士が、9月場所は豪栄道が全勝優勝で驚かせ、そして11月場所は鶴竜が締めた。5人の優勝者が出るのは平成16年以来12年ぶりのこと。優勝者が30歳以上だったことは6場所制後初のことだ。白鵬1強で日馬富士の好調場所に期待をする流れを止められたのではないかと思う。 ここで名前の上がってない横綱と大関は稀勢の里と照ノ富士だ。稀勢の里は今年だけで3回の綱取り、4度の準優勝で史上初の賜杯無しでの年間最多勝を授賞した。特に11月場所は3横綱撃破で優勝の鶴竜に唯一の土をつけた。下位への取りこぼしやここ一番の強さがあれば頂点は見えてくるはず。照ノ富士は優勝して大関に上がった27年と違い今年は膝の怪我に苦しみ角番と8勝を繰り返した。彼の守りの強さは誰もが認める物はあるが、強引な投げや力任せに引っ張り込む相撲は膝に負担がかかるから自分から攻める相撲を身につけてもらいたい。両者が好調ならますます来年は面白くなるだろう。 関脇以下も10番上げて大関候補になった高安、御嶽海、白鵬戦初勝利の遠藤、敢闘賞授賞の石浦など話題がつきなかった。 そして八角体制下1年目の相撲協会。故北の湖理事長の土俵の充実に努めた結果が本場所に表れた。 やはり来年は白鵬1強か戦国時代突入か、そして上位陣に世代交代はあるのかになる。稀勢の里をはじめとする4大関に頼らず次は俺の時代だと言ってくれる存在が次々に誕生して欲しい。1月場所は例年以上にターニングポイントになるかもしれない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

長谷川穂積が引退表明、17年間の現役生活に幕【角海老-ボクシングコラム】

12・29(木)31(土)「RIZIN」さいたまスーパーアリーナ チケットT-1情報 ミルコ対モー、バルト対高阪、中井対村田、川尻対クロン、所対アーセン、マッハ対坂田【極上の“T-1二見激情”見参】

井上尚弥の凄さ VS河野公平【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-iconjuneoctober

野球、相撲、陸上をはじめとした大のスポーツオタクです。
  • 昨日のページビュー:11
  • 累計のページビュー:123069

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 照ノ富士関の今後について
  2. 平成29年展望
  3. ジャイアンツの将来
  4. 年間最多勝争い
  5. 優勝争い展望
  6. 第一人者復活へ
  7. 鶴竜関はいかに
  8. 復活の第一歩
  9. 鶴竜関おめでとう

月別アーカイブ

2017
10
05
04
03
01
2016
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss