日本体操協会公式ブログ

jpngym

関連サイト:日本体操協会公式サイト

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:1706
  • 累計のページビュー:19738437
  • (11月19日現在)

最新の記事

2017年度体操競技ナショナル選手

※数字はナショナル番号 *は新規 【男子】 内村航平(リンガーハット)162 白井健三(日本体育大学)189 田中佑典(コナミスポーツ体操競技部)165 野々村笙吾(セントラルスポーツ)178 谷川航(順天堂大学)197 神本雄也(コナミスポーツ体操競技部)186 武田一志(徳洲会体操クラブ)191 加藤凌平(コナミスポーツ体操競技部)179 萱和磨(順天堂大学)196 千葉健太(順天堂大学)19......続きを読む»

2017第2回理事会ニュース

2017年9月16日13:00~14:20、岸体103 ■審議事項1(専務理事)登録選手のマーケテイング活動に関する規定の改定について  原案通り承認。 ■審議事項2(専務理事)2020年アジア選手権立候補の件  原案通り承認。 ■審議事項3(審判委員会)新体操女子国際審判講習会Cコース開催について  原案通り承認。 ■審議事項4(総務委員会)刊行物などの監修規程の改定について  原案通り承認。 ■......続きを読む»

2017第4回常務理事会ニュース

2017年9月16日10:30~12:00、岸体103 ■審議事項1(専務理事)2020年アジア選手権立候補の件  原案通り承認。 ■審議事項2(専務理事)登録選手のマーケティング活動に関する規定の改定について  一部文言修正して承認。 ■審議事項3(体操男子強化)2017ナショナル強化選手追加について  原案通り承認。 ■審議事項4(体操男子強化)ジュニアナショナル選手の選考⇒選手一覧/日韓合宿/......続きを読む»

2017年度男子ジュニアナショナル強化選手

【U15】 日高大輝 中3 四天王寺スポーツクラブ 末次耕太朗 中3 清風体操クラブ 岡慎之助 中2 おかやまジュニア体操スクール 川上翔平 中2 大阪青山体操クラブ 築山翔馬 中2 鶴見ジュニア体操クラブ 谷田雅治 中1 鯖江体操スクール 戎耀汰 中1 清風体操クラブ 杉山諒将 中1 水鳥体操館 荻野英之助 中1 深川VIP体操クラブ 脇原和志 小6 おかやまジュニア体操スクール 吉田優生 小5 ......続きを読む»

第71回全日本体操団体選手権帯同審判員の派遣について

男女とも団体選手権に参加する所属は、1種審判資格を有する1名の審判員を派遣しなければなりません。派遣できない場合には、審判員委嘱費として 50,000 円を納入してください。 届出期限 男子ジュニア枠・女子ジュニア枠および学生選手権枠:9月29日(金) 男子シニア枠および学生選手権枠・女子シニア枠:11月1日(水) 大会連絡先まで届け出てください。 連絡先 〒150-8050 東京都渋谷区神南......続きを読む»

第35回世界新体操選手権帰国報告会見

2017年9月5日(火)イタリアから選手団が帰国し、報告会見を行いました。 ◆杉本早裕吏 2017年の最初のミーティングの時に、メンバー全員で声をそろえて「世界選手権で総合でメダルを獲得する」という目標を決めて、それを有言実行できたことがすごく一番嬉しい気持ちでいっぱいです。次の日の種目別で誰一人気を緩めず、最後まで踊りきれたのもすごく自信になったと思います。これからが勝負だと思うので、強豪国に......続きを読む»

第47回世界体操選手権大会テレビ放映予定

10/6(金) 19:00-21:48 テレビ朝日 男子個人総合決勝 10/7(土) 10:30-11:50 テレビ朝日 女子個人総合決勝 10/8(日) 10:00-11:50 テレビ朝日 種目別決勝 第1日 10/9(月) 09:55-11:45 テレビ朝日 種目別決勝 第2日 ※放送時間は変更になる場合がございます。 テレ朝世界体操サイト テレビ朝日サイト B......続きを読む»

第35回世界新体操選手権大会レポート5

【大会最終日】 第35回世界新体操選手権ペサロ大会最終日は、団体種目別決勝が行われた。各種目のベスト8が出場できるが、昨日団体総合で42年ぶりの銅メダルを獲得できた日本(フェアリージャパンPOLA)はフープ、ロープ&ボールともに4位で駒を進めた。 《種目別決勝フープ5》 試技順1番はウクライナ。 交換の移動や連係の移動が多くあったことと、パンシェのローテーションで1人が回りきれず、早く起き上がっ......続きを読む»

第35回世界新体操選手権大会レポート4

大会情報・結果へ 【大会4日目】 第35回世界新体操選手権ペサロ大会4日目は、団体総合が行われた。日本からはフェアリージャパンPOLAが出場。今季のWCCグアダラハラ大会(スペイン)、アジア選手権(カザフスタン)、WCCミンスク大会(ベラルーシ)、WCCカザン大会(ロシア)と4つの大会でメダルを獲得している日本は、今大会でもメダル獲得を目標に練習を続けてきた。 しかし、ロシア、イタリア、ブルガリア、......続きを読む»

第35回世界新体操選手権大会レポート3

大会情報・結果へ 【大会3日目】 第35回世界新体操選手権ペサロ大会3日目は、個人総合予選に出場した90名の選手から、上位24名で戦う個人総合決勝が行われた。 《個人総合決勝》 日本から出場している皆川夏穂と喜田純鈴はともに決勝に残り、1位から12位はAグループ、13位から24位はBグループと12名ずつのふたつのグループに分かれての試技である。予選9位の皆川はAグループ、21位の喜田はBグループと......続きを読む»

【関係者】第72回全日本体操競技選手権大会出場資格者情報

 標記の件、2018年に開催される第72回全日本体操競技選手権大会(個人総合)の出場資格、並びに男女の個人総合トライアルによる出場方法概要についてお知らせします。関係者は各位ご確認いただきますようお知らせ申し上げます。 第72回全日本体操競技選手権大会出場資格者情報pdf ※女子個人トライアル日程誤植修正(17.09.02) ■男子個人トライアル 【期日】2018年3月10日(土) 会場練習/3......続きを読む»

第35回世界新体操選手権大会レポート2

大会情報・結果へ 【大会2日目】 第35回世界新体操選手権ペサロ大会2日目は個人総合予選、種目別決勝クラブ、リボンが行われた。 《個人総合予選》 喜田純鈴のクラブは、出だしのAD(加点の可能性のある手具操作)でクラブの速い回転を読めず、落下。中盤にも落下ミスがあったが、出だしと、この中盤の2箇所をミスするパターンは以前にも試合で見たことがある。習熟度が足りない技であろうが、悪いパターンにはまって......続きを読む»

第35回世界新体操選手権大会レポート1

【大会初日】大会情報・結果へ 第35回世界新体操選手権大会は、イタリア・ペサロにて8月30日に開幕した。 日本からは団体競技にフェアリージャパンPOLA、個人競技に特別強化選手の皆川夏穂と喜田純鈴が出場。 初日の今日は個人総合予選前半と種目別決勝フープ、ボールが行われた。 《個人総合予選、種目別予選》 90人が出場している個人総合予選で、日本から先に登場したのは喜田純鈴。 ボールでは、非常に精度......続きを読む»

第35回世界新体操選手権大会テレビ放映予定

8/30(水)CS(テレ朝ch2) 深夜03:55~あさ05:15(27:55〜29:15)「個人種目別決勝フープ・ボール」 8/31(木)CS(テレ朝ch2) 深夜03:55~あさ05:15(27:55〜29:15)「個人種目別決勝クラブ・リボン」 9/ 1(金)CS(テレ朝ch2) 深夜01:00~あさ04:15(25:00~28:15)「個人総合決勝」 9/ 2(土)テレビ朝日 27:00~2......続きを読む»

第29回ユニバーシアードインターネット中継情報

下記,Live streamingにてユニバーシアードのインターネット放送が予定されておりますのでお知らせします。 ※外部リンクのため,予定変更の可能性もありますのでご留意ください。 8月20日(日)18:00~体操男子団体 8月21日(月)19:55~体操女子団体 8月22日(火)14:55~体操男子個人総合 8月22日(火)19:25~体操女子個人総合 8月23日(水)11:55~体操......続きを読む»

平成29年度男子大学生強化選手

平成29年度男子大学生強化選手 ■男子大学生強化選手12名 府殿大佑(日本体育大学) 春木三憲(日本体育大学) 荒屋敷響貴(順天堂大学) 湯浅賢哉(順天堂大学) 加藤裕斗(順天堂大学) 前田航輝(筑波大学) 柚木健太朗(日本体育大学) 井上博稔(日本体育大学) 小宮修雅(筑波大学) 中川将径(順天堂大学) 堀内柊澄(鹿屋体育大学) 北村郁弥(順天堂大学) ...続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ロシア大会3

【大会最終日】 大会情報・結果へ 新体操WCCカザン大会(ロシア)最終日は、種目別決勝が行われた。 《団体種目別決勝フープ》 試技順1番はブルガリア。 若干の移動キャッチはあるものの、エレメントの最後までしっかりやりきるという姿勢が見え、出来も非常に良く見えた。 しかし点数は17.950(D9.400 E8.550)。Dが10.000ではなかったのは何が原因なのかつかめなかった。 試技順2番はベ......続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ロシア大会2

【大会2日目】 大会情報・結果へ 新体操WCCカザン大会(ロシア)2日目は、団体総合後半と個人総合後半が行われた。 《団体総合後半ロープ&ボール》 試技順1番はベラルーシ。 ロープを渡す際にうまくいかずロープを落下。 ラストの連係もボールを投げられないなど、いくつかのミスが出た。 16.450(D9.100 E7.350) 試技順2番は日本(フェアリージャパンPOLA)。 前回のミンスク大会はボ......続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ロシア大会1

【大会初日】 大会情報・結果へ 新体操WCCカザン大会(ロシア)は、8月11日に開幕した。 8月末にある世界新体操選手権ペサロ大会の前哨戦として、団体競技は16チーム、個人競技は52人が参加し、大きな規模の大会となった。日本からは団体競技にフェアリージャパンPOLA、個人競技には世界選手権出場予定の皆川夏穂と喜田純鈴が出場した。 《個人総合前半》 ポーランドで行われたワールドゲームズに出場した際に......続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ベラルーシ大会レポート 3

【大会最終日】大会情報・結果へ 新体操WCCミンスク大会(ベラルーシ)最終日は、個人種目別決勝と団体種目別決勝が行われた。 《団体種目別決勝フープ》 試技順1番の日本(フェアリージャパンPOLA)は非常に正確な演技をしていたが、腕でフープを打ってひねり回し投げをして交換する際、投げが短くなり落下。キャッチしようとして膝からすべりこんだため、大きな減点となった。しかし後半は影響されることなく、減点対......続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ベラルーシ大会レポート2

【大会2日目】大会情報・結果へ 新体操WCCミンスク大会(ベラルーシ)2日目は、個人総合後半種目と団体総合後半種目が行われた。 《個人総合後半》 先に登場した大岩千未来は、昨日から比較すると過度な緊張はなく尻上がりに良くなっていった。 リボンでは身体へのからみが少し長引いてしまい、14.70(D7.10 E7.60)であったが、クラブではポトリと落下した箇所はあったものの全体的には伸びやかで15.......続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ベラルーシ大会レポート1

【大会初日】大会情報・結果へ 新体操WCCミンスク大会(ベラルーシ)は、8月4日に開幕した。 日本からは団体競技にフェアリージャパンPOLA、個人競技には喜田純鈴と大岩千未来が出場した。 《個人総合前半》 シニアデビューから3戦目となる喜田はボールの種目から。出だしは堅さがあり、ころがしの処理があぶなかったが、徐々に落ち着き始めて、うまくまとめた。パンシェのローテーションや支持あり後方ローテーショ......続きを読む»

訃報、門脇春男氏

7月27日、本会常務理事を務められた門脇春男氏(享年87歳)が永眠されました。ここに故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。 ・本会常務理事・理事(1971年4月~1985年3月) ...続きを読む»

第10回ワールドゲームズ エアロビック競技日本代表トリオ優勝、ミックスペア4位

日本から参加の斉藤瑞己・金井拓海・北爪凛々は、ポーランドで開催されている第10回ワールドゲームズにおいて、エアロビック競技に日本代表として出場し、トリオ部門で初優勝しました。 □ Arina Averina goes three for four in Rhythmic at The World Games; three new champions in Aerobic  ニュース □ トリオ部......続きを読む»

2017第3回常務理事会ニュース

2017年7月21日18:00~20:20、岸体505 ■海外コーチ派遣帰国報告(森赳人) ■特別報告(富士通)採点システム開発に関するご報告② ■審議事項1(体操男子強化)平成29年度ナショナル強化選手追加について  承認。杉野正尭(鹿屋体育大学) ,佐藤巧(徳洲会体操クラブ) ■審議事項2(体操男子強化)東京五輪日本代表選考方法に伴う個人総合ファイナル(スーパーファイナル)大会設置について  原......続きを読む»

2017世界新体操壮行会【イベント出演】

新体操日本代表選抜団体チーム フェアリージャパンPOLAの「世界選手権壮行会」が明日(7月17日)開催されます! 生で選手をご覧いただけるイベントですので是非ご参加ください。なお、予定は下記の通りです。 【日時】 7月17日(月) 14:30~(開場14:00) 【場所】 テレビ朝日 【出演】 フェアリージャパンPOLA(団体選手) <大会情報>第35回世界新体操選手権大会 8月29日~9月3日......続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ドイツ大会レポート3

【大会最終日】大会情報・結果へ 新体操WCCベルリン大会(ドイツ)最終日は、個人種目別決勝と団体種目別決勝が行われた。 《個人種目別決勝》 喜田純鈴はボールに出場。 総合のときよりBDが明確で、しっかりやりきろうという意思が見えた。しかし、ダンスステップコンビネーションの最中に、ポロリと落下。大きい技ではなく、持ち替えであったり、さほど難しくない技でミスをしたりする傾向があるので、もう少しの我慢が......続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ドイツ大会レポート2

【大会2日目】大会情報・結果へ 新体操WCCベルリン大会(ドイツ)2日目は、個人総合後半と団体総合後半が行われた。 《個人総合後半》 喜田純鈴はリボンの種目から。 R(リスク=手具を投げ2回転以上の転回を行う)やAD(加点の可能性のある手具操作)は決めて、こなしも良かったが、1箇所リボンのスティックにリボンがからむところがあった。しかし、前日より伸びやかさがある。 D6.900 E8.050 計1......続きを読む»

2017新体操チャレンジ杯ドイツ大会レポート1

【大会初日】 大会情報・結果へ 新体操WCCベルリン大会(ドイツ)は、7月7日に開幕した。 日本からは個人競技に喜田純鈴、柴山瑠莉子が出場した。(団体競技は不参加) 《個人総合前半》 喜田はフープの種目から。中盤の、転回しながら脚でフープを蹴るAD(加点の可能性のある手具操作)で落下。場外に出たため、大きなミスとなってしまった。しかし、後半は持ち直してD7.800 E7.450 場外減点0.6 計......続きを読む»

2017アジア新体操選手権レポート4

【新体操第9回アジア選手権・第15回アジアジュニア選手権大会最終目】シニア大会情報・結果へ ジュニア大会情報・結果へ 6月27日、新体操第9回アジア選手権・第15回アジアジュニア選手権(カザフスタン/アスタナ)最終日は、アジアジュニア団体種目別決勝クラブ、ジュニア個人種目別決勝、アジア選手権団体種目別決勝ロープ&ボール、シニア個人種目別決勝が行われた。 《ジュニア団体種目別決勝クラブ》 日本(選......続きを読む»

1 3 5 6 7 8 9 94 95

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss