日本体操協会公式ブログ

jpngym

関連サイト:日本体操協会公式サイト

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:1408
  • 累計のページビュー:19802806
  • (12月15日現在)

最新の記事

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(女子団体)レポート

大会成績はこちら ジュニア女子写真 大会最終日は団体競技が行われた。 優勝はイオンの2連勝であった。 演技冒頭の3本投げコラボレーションを成功させ、5名の選手は表現力豊かに演技が展開される。交換を受けるときの加点要素や、徒手難度要素の実施に少しばらつきが見えたが演技は後半盛り上がりを見せる。数多くのコラボレーションリスクを成功させ、Dは満点の8点を獲得した。中でも、1名の選手が両足でクラブを挟み......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子鉄棒決勝

DEURLOO Bart (NED) アドラー1回ひねり、アドラーひねり、コバチ~カッシーナ、コールマン、ヤマワキ、シュタルダー、ホップターン、伸身ルドルフ。手放し技の連続で大いに場内が沸いた。14.200 BRAEGGER Pablo (SUI) カッシーナ、コールマン、伸身トカチェフ~開脚モズニク(その後の車輪が回らず戻ってしまう)、伸身モズニク、アドラーひねり、リバルコ、ホップターン、伸身ル......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子ゆか決勝

村上茉愛 4回ターン、シリバス、後方伸身2回宙、後方2回半ひねり~前方1回ひねり、交差輪とび~カデット1回ひねり、片足水平2回ターン、後方屈身2回宙(両足で後ろ一歩)。場内の応援も素晴らしく、人気の高さを感じさせた。リオ五輪のゆか決勝で実施したチュソビチナを温存して、実施重視の構成の中、素晴らしい演技を見せて本人も満足のいく演技。14.233。後の選手たちの結果を待つ。 MOORS Brookly......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子平行棒決勝

ZOU Jingyuan (CHN) アームマクーツ~ヒーリー、アームディアミドフ、車輪、棒下宙ひねり~棒下宙、前方開脚宙支持!、バブザー、ティッペルト、前方かかえ込み2回宙ひねり。アーム系で特徴を見せ、最後の下り技の高さも見事であった。Dスコア6.8、Eスコアも9.1と圧倒的で15.900をマーク。この得点を誰が上回れるか?! LIN Chaopan (CHN) ホンマ、ドミトリエンコ、棒下宙ひ......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子平均台決勝

SCHAEFER Pauline (GER) 交差とび上がり~シソンヌ~足保持1回ターン、後転とび~後方開脚伸身宙、交差輪とび、2回ターン、側宙1/2ひねり!!、前方開脚伸身宙~前後開脚ジャンプ~ヤンボージャンプ、側宙1/4ひねり、アウエルバッハ伸身下り。非常に特徴的な構成であったが、僅かなふらつきが複数あり。しかし、Eスコアは8.033が出て13.533をマーク。 EREMINA Elena (......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子跳馬決勝

予選トップでロンドン五輪金メダリストである韓国のYANG Hakseonが棄権し、ロシアのDALALOYANが急遽出場することとなった。 安里圭亮 1本目)リセガンは見事に成功!しかし着地が低くなり、手と膝がマットにつきかける。左にずれたため、ラインオバーもあり。14.766 2本目)ヨ―2。回転不足で手と足が同時に着くような形で着地。残念!!13.933 決定点)14.349 白井健三 1本目......続きを読む»

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(女子)写真

大会成績はこちら 優勝 イオン↓ 2位  町田RG↓ 3位  宝塚サニー新体操クラブ↓ 4位  常葉大学附属常葉中学校↓ 5位  すみれRG↓ 6位  エンジェルRGカガワ日中↓ 7位  となみRGクラブ↓ 8位  東金RG↓ <女子個人総合> 優勝 小池夏鈴(イオン)↓ 2位  山田愛乃(イオン)↓ 3位  飯田由香(イオン)↓ 4位  小西野乃花(みや......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子つり輪決勝

COLAK Ibrahim (TUR) 逆上がり上水平、逆上がり中水平、振り上がり上水平、ヤマワキ、屈身ヤマワキ、振り上がり中水平、ナカヤマ、ホンマ十字懸垂、振り上がり倒立、前方屈身2回宙返り下り(止める)、正確で力強い実施 326 RADIVILOV Igor (UKR) 逆上がり上水平、逆上がり中水平、ナカヤマ、振り上がり倒立、屈身ヤマワキ、振り上がり十字倒立、振り上がり中水平、振り上がり上水......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子段違い平行棒決勝

段違い平行棒は非常にハイレベルな業師たちの戦い。高難度の技の実施の中にも美しさと力強さ、しなやかさが共存する、とても素晴らしい体操が繰り出され、見ている観客も存分にその興奮を味わっているように見えた。 VARINSKA Diana (UKR) チャウ~パク~マロニー~ほん転1回ひねり(D+D+D+D)~トカチェフ1/2ひねり片大逆手~イエーガー(E+D)、フット1回ひねり~かかえ込み月面下り(D+......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子あん馬決勝

NADDOUR Alexander (USA) 逆交差倒立、正交差倒立、ショーン、Eフロップ、Dコンバイン(脚割れ)、馬端横向き旋回1回ひねり、ウーグォニアン、トンフェイ、シバド、シュテクリA倒立ひねり移動下り BERTONCELJ Saso (SLO) とび正交差ひねり逆交差入れ、ショーン(落下)、Eコンバイン(脚割れ)、馬横向き旋回1回ひねり、ウーグォニアン、マジャールシュピンデル、マジャ......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子跳馬決勝

STEINGRUBER Giulia (SUI) 1本目)チュソビチナ。左後ろに一歩動く。ラインオーバーあり。後半に膝割れと緩みあり。14.633 2本目)ユルチェンコ2回ひねり。着地を取りに行ったためか、低い姿勢で後ろに一歩動く。過去に膝を怪我した技であったために、慎重になったか??14.300 決定点)14.466 OLSEN Shallon (CAN) 1本目)地元の大声援を受けてスター......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子ゆか決勝

GONZALEZ Tomas (CHI) フロアの器具不良の影響で一部の選手に再演技が認められ、二度目に好演技をしたオランダのVERHOFSTADが繰り上がり、8位であったGONZALEZが9位に下がった為にチリチームが抗議。その結果、予選9位でありながら決勝進出。 前方かかえ込み2回宙ひねり、前宙1回ひねり~前方2回半ひねり、後方1回ひねり~前方1回半ひねり、ルドルフ、十字倒立、後方3回ひねり。各......続きを読む»

Chacott CHAMPIONSHIPS第35回全日本ジュニア新体操選手権大会(女子個人)レポート

成績はこちら 【女子個人総合】 10月6日~8日まで千葉ポートアリーナで第35回全日本ジュニア新体操選手権大会が開催されている。6日(金)と7日(土)は男女個人総合が行われた。 個人総合優勝の座に輝いたのは、小池夏鈴選手(イオン)初優勝である。 初日、2種目を終え暫定1位であった小池選手は、最終種目まで集中力を切らすことなく、プレッシャーにも負けず演技を纏めた。 クラブの演技では、バランス難度......続きを読む»

白井健三選手、ロンジン・エレガンス賞受賞

カナダ・モントリオールで行われている第47回世界体操選手権において、日本の白井健三選手が「個人総合に参加した選手の中で最もエレガンスと思う男女一名ずつの選手」に与えられるロンジン・エレガンス賞(the Longines Prize for Elegance)を受賞した。10月6日に行われた女子個人総合決勝後に発表され、授賞式が行われた。 日本は2007年にドイツ・シュツットガルトで行われた第......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子個人総合決勝

さあ、村上茉愛選手、個人総合メダル獲得なるか!? 第1ローテーション  【跳馬】 BLACK Elsabeth カナダ 転回~屈身前宙1回ひねり 前半少し足割れ。しかしとても力強い跳躍。着地ピタリ!地元カナダの観客会場が割れんばかりの大歓声!! CRISAN Iona ルーマニア ユルチェンコ1回ひねり コンパクトな跳躍。伸身姿勢腰角度あり。着地後ろへホップ。 村上茉愛 ユルチェンコ2回ひね......続きを読む»

イオンカップ2017世界新体操クラブ選手権 レポート

イオンカップ2017世界新体操クラブ選手権が9月28日(木)~10月2日(日)まで東京体育館で開催された。 10月1日(土)と2日(日)に決勝が行われた。 クラブ対抗戦は2名のシニア選手と1名のジュニア選手の4種目合計得点で勝敗が決まる。 第1ローテーションにジュニアの選手が登場、その後第2ローテーション、第3ローテーションでシニアの選手が登場した。 クラブ対抗戦、見事優勝の座に輝いたのはGaz......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子個人総合決勝

大会情報・結果 現地10月5日、男子個人総合決勝。日本からは白井健三選手のみが初めて世界の個人総合の大会に挑む。 ■第1ローテーション 【男子1組】ゆか VERNIAIEV(UKR) 後方宙3回半ひねり~前宙1回ひねりで数歩前に出てライン減点。最初の演技者の最初のタンブリングでのミスは精神的ショックが大きい。新月面でも着地を乱し、本来の動きを取り戻せないまま、演技終了。13.766。 白井(JPN......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子予選2日目【女子5班】

大会情報・結果 今回驚いたのは、村上選手の海外での人気が非常に高いこと。レジェンドチュソビチナ選手やポノル選手、アメリカ代表選手達への歓声と同じレベルの歓声が村上選手に送られていた。そんな村上選手、日本女子体操界の歴史を覆す、予選を1位での通過!この歴史的快挙があのコマネチの10点満点の歴史が作られたこのモントリオールの地で成し遂げられた。 杉原選手が個人総合、寺本選手平均台、宮川選手も跳馬で決......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子予選2日目【女子4班】

大会情報・結果 ドイツ ALT 段違い平行棒 フット倒立1回ひねり~マロニー~パク、マロニーハーフ~パク1回ひねり、シュタルダー背面飛び出し1/2ひねり、シュタルダー飛び出し前宙 ゆか ムーンサルト、前宙~ロンダートバク転~抱えこみダブル、ジョンソン1/2~シソンヌ、大ジャンプ輪、1回ターン、抱えこみダブル、交差輪~カデットハーフ 最近はタンブリングの後にダンス系の要素を入れて終わる構成の選手が......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子予選2日目【女子3班】

大会情報・結果 3班注目は ルーマニア!オランダ!スイス! と、思っていたら、ルーマニアIORDACHE(ヨルダケ)選手、1種目めのゆかのウォームアップ中にアキレス腱(?)を負傷した様子。泣きながら車いすでアリーナを去り。棄権。 オランダ WEVERS Lieke 平均台 ロンダートバク転上がり、前後開脚ジャンプ~シソンヌジャンプ、側宙~側宙、片足伸身前宙~羊ジャンプ、バク転、水平ターンふらつ......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子予選1日目【女子2班】

大会情報・結果 女子予選2班!この班はロシア!そして開催国カナダ! ベルギーDERWAEL選手 段違い平行棒 フット伸身トカチェフ、シュタルダートカチェフ1/2ひねり~バックカット1/2、シュタルダーシャポシ、パク1回ひねり、マロニーハーフ、フット倒立1回ひねり~ムーンサルト 難度をとるのに追いつけなくなりそうなほど盛りだくさんな内容。 ロシアMELNIKOVA選手 平均台  前転上がり、座の......続きを読む»

第47回世界体操レポート/女子予選1日目【女子1班】

大会情報・結果 【女子1班】 イギリスKINSELLA選手:ゆか 後方宙1回半ひねり~ロンダート~バク転~後方宙3回ひねり少しひねり不足で着地少し乱れる、ターン、後方宙2回半ひねり~前宙前にとぶ、ジャンプシリーズ、I字2回ターン~1回ターン、後方かかえ込み2回宙着地で大きく弾む、後方屈身2回宙数歩後ろに動く。跳馬、ユルチェンコ2回ひねり着地少し乱れる。段違い平行棒、パク、マロニー~下移動ひねり倒立......続きを読む»

内村航平選手の負傷について

 モントリオール現地10月2日に行われた第47回世界体操競技選手権大会男子予選3班の2種目め「跳馬」において内村航平選手が左足に追った負傷について、翌3日にモントリオール市内の病院にて検査を受けましたのでご報告申し上げます。 1.診断結果 左足首 前距腓靱帯不全断裂(全治2、3週間) 2.今後   当初の予定通り、選手団と行動を共にする予定 以上 ...続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子予選2日目・女子予選1日目【男子4班】

大会情報・結果 現地10月3日、予選男子2日目、女子開幕! コロンビアCALVO MORENO選手:跳馬ドリッグス着地動く。ホンマ、シャルロで身体が傾きそのままヒーリーにつなげられずに手を移して倒立、ヒーリー、棒下ひねり、チッペルト、車輪ディアミドフ、車輪、バブザー、前方かかえ込み2回宙ひねり下り着地で数歩動く。鉄棒、伸身トカチェフ、コールマン、コバチ、リバルコ、アドラー1回ひねり両逆手、ヤマワ......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子予選1日目【男子3班】

大会情報・結果 内村航平選手:つり輪、前の演技者白井選手の得点表示が大幅に遅れて長い時間待たされる状況に。しかし、演技は一つ一つ丁寧に演技、最後新月面の着地わずかに動く。跳馬、リシャオペン着地が低い姿勢となり左足に負担がかかり負傷。平行棒も演技を行ったが、足の負担が大きいことを確認。鉄棒のウォーミングアップ終了後、鉄棒とゆかの棄権を決め、あん馬の演技だけでもできるかどうか可能性を模索しながら調整し......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子予選1日目【男子2班】

大会情報・結果 【男子2班】 アメリカMOLDAUER選手:跳馬、姿勢欠点の少ないドリッグス着地少し動く。平行棒、開脚前宙、棒下、棒下ひねり、ディアミドフ、車輪ディアミ、車輪、車輪ライヘルト、ハラダ、脚前挙、伸ぴ、前方かかえ込み2回宙ひねり下り着地ほぼ止める。鉄棒、アドラー1回ひねりでバランスを崩しヤマワキ実施できず、終末技は伸身月面。ゆかまでまとめて上位につけていたが、あん馬Eコンバインで落下。......続きを読む»

第47回世界体操レポート/男子予選1日目【男子1班】

大会情報・結果 現地10月2日、いよいよ予選開幕! 男子1班 ウクライナVERNIAIEV選手:スタートの平行棒で質の高い演技を披露、15.466を獲得。鉄棒では伸身トカチェフひねりで少し屈身が目立つ、トカチェフひねり足割れ、アドラー1回ひねり倒立を外すがヤマワキへ、伸身新月面大きく前にとぶ。ゆか、2回のライン減点、スピード感のない旋回技など少し勢いがない感じ。あん馬、メリーゴーランドを丁寧に演......続きを読む»

第47回世界体操レポート/ポディウム練習3日目

大会情報・結果 現地10月1日、女子3から5班のポディウム練習が行われた。5班には日本が登場。 【女子3班】  オランダ、ルーマニアなどが登場。オランダWavers Sanne選手、平均台片足水平2回ターン~3回ターンなど、体操系の工夫した組み合わせを構成した演技は個性を際立たせている。ルーマニアIordache選手、ユニバーシアードと変わらない動きだったが、平均台ではターンや宙返りで落下を繰り......続きを読む»

第47回世界体操レポート/ポディウム練習2日目

大会情報・結果 現地9月30日、男子4班と女子1から2班のポディウム練習が行われた。 【男子4班】  韓国、ブラジル、オランダ等が登場。韓国YangHakSon選手は跳馬のみの演技。右太もものサポーターが気になるが、ヤンハクソンとロペスを跳ぶ。ブラジルZanetti選手、力技の表現は見ごたえがあるが少し練習不足の感じが見受けられた。同じくブラジルMariano選手もゆかの演技をおこなったが、リオ......続きを読む»

第47回世界体操レポート/ポディウム練習1日目

大会情報・結果 現地9月29日、男子1~3班のポディウム練習が行われ、各選手、最初で最後の本番の器具になれるための調整練習を行った。なお、今回、これまでの個人種目別世界選手権と異なり、各国の選手が分散しないように配慮された抽選が行われた。一見、各国の練習する時間帯がまとまり、その負担が軽減されたように思えるが、各国の練習時間が一人3分間(3人の国は9分間)にまとめられたことで、多くが厳しい対応を迫......続きを読む»

1 2 4 5 6 7 8 9 95 96

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss