日本体操協会公式ブログ

月別アーカイブ :2017年04月

第71回全日本体操種目別女子ビデオ映像による推薦出場について

 第71回全日本体操種目別選手権大会女子の出場につきましては、「全日本個人総合」2日間と「NHK杯」の3日間の競技いずれかで、各種目の上位8位までに一度でも入った選手に予選出場資格を与えることとなっておりますが、ビデオ映像提出による推薦出場を加え合計24名に出場資格を与える事としております。  出場を希望される選手は下記ファイル「第71回全日本体操種目別女子ビデオ映像による推薦出場について」にもと......続きを読む»

2017年プレミアム年間シート<第56回NHK杯体操>座席番号

2017年プレミアム年間シート<第56回NHK杯体操>ご購入いただきましたお客様へ 2017年プレミアム年間シート<第56回NHK杯体操>座席番号につきまして,第56回NHK杯体操にて、実際にお座りいただく座席番号が決定いたしましたのでお知らせいたします。ご確認いただきますようお願い申し上げます。 座席表pdf ...続きを読む»

2017新体操日本代表選考・決定競技会(in 高崎アリーナ)レポート

第35回世界新体操選手権大会、第9回アジア新体操選手権大会、第15回アジアジュニア新体操選手権大会 日本代表選考会 第29回ユニバーシアード競技大会新体操日本代表決定競技会  今年4月にオープンした高崎アリーナにて開催した、日本代表選考会。開場には朝から約1,200名の観客にお越しいただき、代表選考会だからかとても緊張感のある会場の雰囲気であった。  2017年1月より採点規則が改正され、個人競......続きを読む»

新体操【新体操日本代表決定競技会】DVD販売のお知らせ

予約受付は終了致しました。 たくさんのお申込みありがとうございました。 今後ともご声援の程よろしくお願いいたします。 4月23日)『新体操日本代表決定競技会』 演技収録のDVDの予約販売受付を開始いたしました。 ◆大会について 詳細はこちら ◆DVDの種類について 【商品名・価格】 A.新体操日本代表決定競技会 DVD 4,000円(税・送料込) B.新体操日本代表決定競技会 Blu-r......続きを読む»

第1回よしもとキッズプロジェクト事業報告

■期日 2017年4月22日11:00~12:30 ■場所 沖縄:イオン沖縄ライカム ■概要 平成29年度より、吉本興業の主催する「よしもとキッズプロジェクト」への共催として講師を派遣し、体操教室を展開する事業。 ■報告 -11:00~11:30の30分間はよしもと芸人の方々とのトークショー。  参加芸人:キクチウソツカナイ(MC)、ウーマンラッシュアワー、天津木村、バンビーノ、大西ライオン  参加......続きを読む»

2017年度第1回常務理事会ニュース

2017年4月21日18:00~19:45、岸体505 ■特別報告(富士通)体操界の発展に向けた取り組み紹介と支援のお願い ■審議事項(体操女子強化)2017年度ジュニアナショナル強化選手選考基準について  原案通り承認。 ■審議事項(トランポリン強化)全日本選手権大会最終予選会出場資格について  承認。最終予選<期日>2017年9月3日、<場所>JISS3階トランポリン場 ■審議事項(事業委員会)......続きを読む»

よしもとキッズプロジェクトへのサポート事業開始

本会は吉本興業の主催する「よしもとキッズプロジェクト」へのサポート事業を開始いたしましたのでお知らせします。 第1回目は沖縄開催。今後もイベントを企画していきますのでご注目ください。 「よしもとキッズプロジェクトpresents 明日からヒーローになれる魔法をでんじゅ!supported by 日本体操協会」 ●日程:2017年4月22日(土) ●MC:キクチウソツカナイ ●出演者:塚原直也(北京......続きを読む»

2017新体操国際トーナメントイタリア大会レポート2

【インターナショナルトーナメント大会最終日】 《ジュニア団体(クラブ×5)》2演技目 日本は、ED(手具の投げの交換)で落下。BD(身体難度)も不正確な箇所が出たが大崩れはしなかった。D6.900 E6.850 13.750。 前日との合計28.150で、前日と変わらず11位。 1位はロシア。選手がジャンプした下をクラブを通す連係でミスが出たが、対処が早くD8.000、E8.100 16.100 ......続きを読む»

2017新体操国際トーナメントイタリア大会レポート1

【インターナショナルトーナメント大会1日目】 W杯ペサロ大会の直後に、インターナショナルトーナメントが開催された。 《ジュニア団体(クラブ×5)》 日本は1月末に選抜チームを結成し、月に2回程度の短期合宿を行って、この国際大会に初出場することとなった。 短期間での練習ではあったが、まとまりも良く、スピーディーな演技をした。もぐり回転での連係で落下があり、D7.400(ジュニアは8.000満点) ......続きを読む»

新体操W杯イタリア大会レポート3

【大会3日目】 《団体種目別決勝》 日本(フェアリージャパンPOLA)はフープのみの出場で、試技順1番で登場。フープの転がしの連係でわずかに乱れ、足蹴りの2本投げ連係では大きく移動してキャッチした。しかし、D10.000、E7.950 Time減点0.05 計17.900で、総合から1点強得点を伸ばした。 1位はイタリア。テーマがはっきりしており、少々の乱れはあったが、うまくまとめた。D10.00......続きを読む»

新体操W杯イタリア大会レポート2

【大会2日目】 《個人総合後半》  新体操W杯ペサロ大会2日目は、個人総合後半と団体総合後半が行われた。昨日7位につけていた皆川夏穂は、後半種目のクラブとリボンは作品のこなしがまだうまくいっていないのか、全体的に弱気に見えた。クラブではキャッチの不正確さが随所に見え、難易度の高い投げのR(リスク)では落下。連続ジャンプの2回目もうまく跳べず、昨日と比べて安定感を欠く演技となった。 D7.100、E7......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 男子決勝最終ローテーション

鉄棒 田中佑典 シュタルダーリバルコ、コールマン、リバルコ、ヤマワキ、エンドー、エンドー1回ひねり大逆手、アドラー1回ひねり逆手倒立、アドラーひねり倒立、ホップターン、後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(わずかに後ろに動く)、ゆったりした美しい実施で演技をまとめる。14.850 萱 和磨 アドラーひねり倒立、伸身トカチェフ、トカチェフ、シュタルダーリバルコ、リバルコ、アドラー1回ひねり倒立(少し流......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 男子決勝第5ローテーション

平行棒 千葉健太 ホンマ、ヒーリー、棒下宙返りひねり倒立、棒下宙返り倒立、車輪、前方開脚宙返り腕支持、バブサー(続くけあがりで少し詰まる)、チッペルト(倒立で少し脚が下がる)、前振りひねり倒立(バーを持ち損ね落下、やり直す)、前方かかえこみ2回宙返りひねり下り※(止める)、これまで大きなミスなく来たが痛恨の落下。13.650 ※ご指摘により修正(17.04.25) 田中佑典 ホンマ、ヤマムロ(棒......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 女子決勝最終ローテーション

1組 梶田凪 3回ひねり、足もち3回ターン、2回半ひねり+伸身前宙1回ひねり、交差輪とび~前後開脚とび1回半ひねり、伸身前宙2回ひねり、抱えこみダブルと盛りだくさんの内容。本当にスタイルの良い選手。今日は演技中に笑顔も出て、予選よりも良い出来。 杉原愛子 3回ひねり+鹿ジャンプは少しつまったか。2回半ひねり+伸身前宙は余裕のある着地。3回ターンを決め、転回~前方2回ひねり、最後のダブルは力強く着......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 男子決勝第4ローテーション

跳馬 谷川 航 ロペス、入りの姿勢欠点はなし、少しねじこむような着地となったが止める。15.100 千葉健太 ドリッグス、入りの姿勢欠点はなし、着地を止める。14.550 田中佑典 アカピアン、美しい跳躍、着地は後ろに少し動く。14.000 萱 和磨 ドリッグス、入りはわずかに足割れ、しっかりひねりきり小さく前に動く。14.400 内村航平 シューフェルト、相変わらず完成度の高い跳躍、止ま......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 男子決勝第3ローテーション

つり輪 白井健三 振り上がり中水平、けあがり中水平、アザリアン、ヤマワキ、振り上がり開脚上水平、ほんてん倒立(わずかに肘がゆるむ)、屈身ヤマワキ、振り上がり倒立(わずかに肘がゆるむ)、グチョギー、後方かかえこみ2回宙返り2回ひねり下り(止める)、丁寧に捌いていたが振動倒立のきめが甘い感じ。 13.300 谷川 航 振り上がり中水平(わずかに反身が見られるがまずまずの実施)、アザリアン、振り上がり......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 女子決勝第3ローテーション

1組 村上茉愛 交差ジャンプ上がり、屈身前宙はピタリと素晴らしい実施。次のバク転+スワン+スワンの予定が、1つ目のスワンで止まってしまい、予定していたC+Cの組み合わせと、シリーズボーナス加点なし。 梶田凪 ロンダート~両足伸身宙返り上がり(F)成功!交差とび+足もち1回ターン、側宙、片足伸身前宙、バク転+バク転+スワン、交差輪とび、2回半ひねり下り。梶田選手、今日はなんだか落ち着いた試合運び。......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 男子決勝第2ローテーション

あん馬 内村航平 逆交差倒立、ポメル旋回、Eフロップ、Dコンバイン、ロス、ウーグォニアン、マジャール移動、シバド、一把手上旋回倒立ひねり移動下り(少しバランスをくずし肘をまげてこらえる)、良い流れの演技だったが最後に内村らしからぬミス。14.050 白井健三 逆交差倒立、Eフロップ、Dコンバイン(少しバランスをくずし姿勢を乱す)、マジャール移動、シバド、シュテクリB、下向き転向、後ろ移動2/3、......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 女子決勝第2ローテーション

1組 段違い平行棒  寺本明日香 閉脚シュタルダー1/2ひねり+屈身イエガーはOK。シュタルダー1回ひねりからのギンガーで少し近づき膝が曲がってしまう。その前後のシュタルダー系のひねりで肘の曲がりや倒立へのおさめがスムーズにいかないところが気になったが、ムーンサルトの着地までまとめあげた。 村上茉愛 マロニーからのギンガーでほんの少し近づく。翻転倒立が少し甘く入るが、屈身イエガーはしっかりキャッ......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 男子決勝第1ローテーション

ゆか 萱 和磨         前方屈身2回宙返り(両足デで前に1歩)、前方宙返り2回ひねり~前方宙返り1回ひねり(止める)、前方宙返り1回半ひねり(両足で後ろに1歩)、フェドルチェンコ、十字倒立、後方宙返り2回ひねり(止める)、後方宙返り2回半ひねり~前方宙返りひねり(後ろに1歩ラインオーバー)、後方宙返り3回ひねり(止める)13.850 内村航平 前方宙返り1回ひねり~前方宙返り2回半ひねり......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 女子決勝第1ローテーション

1組  中路紫帆(戸田市スポーツセンター)ユルチェンコ1回ひねり 後半の腰折れが少し気になるが、高さのある美しい実施。Eスコア9.1。 寺本明日香(レジックスポーツ/中京大学) 転回伸身前宙1回半ひねり 今日は1回半ひねりに挑戦してきたが、高さ、回転が足りず前へお手付き。痛いスタート。 村上茉愛(日本体育大学) ユルチェンコ伸身2回ひねり まったく危な気ない実施。予選に続きEスコア9.4!! ......続きを読む»

新体操W杯イタリア大会レポート1

新体操W杯イタリア・ペサロ大会は、現地4月7日に開幕した。日本からは団体競技にフェアリージャパンPOLA、個人競技には皆川夏穂と立澤孝菜が出場した(早川さくら、喜田純鈴はコンディション調整のため不参加) 今季から新ルールに変わり、審判員への申告書の提出がなくなった。そのため、どのような得点が並べられるのか、現状把握、傾向をみるためにも重要な大会となった。 試技順1番はイスラエルのFILANOVS......続きを読む»

第71回全日本種目別トライアル後半

〇第7ローテーション 来島 歩 鉄棒 ヤマワキ~ギンガーを実施、これは成功したがその後1回の落下、1回の停止。 崎濱一郎 跳馬 1本目 ヨーⅡ、余裕のある跳躍でしっかりひねりきって着地。 2本目 ドリッグス、まずまずの実施でまとめる。 天野敢太 平行棒 テンポの良い実施で演技を進める、屈身2回宙返り下りの着地は大きく後ろに動くがこらえる。 田中 樹 平行棒 順調に演技を進め、前方かかえこみ2......続きを読む»

第71回全日本種目別トライアル前半

〇第1ローテーション 小畠廉生 ゆか かかえこみルドルフで入り、第3節の前方2回ひねりで大きく動くが最後の後方3回ひねりまで大きなミスなく通しきる。 安里圭亮 跳馬 1本目 リセグァン、雄大な跳躍で着地は後ろに1歩。 2本目 ヨーⅡ、若干低い着地姿勢になったが1歩にまとめる。 金子健三 鉄棒 ヤマワキひねり、コールマン、アドラー1回ひねり~ヤマワキの捌きは秀逸。存在感のある演技実施で大きなミス......続きを読む»

第71回全日本個人男子予選2班レポート

〇第1ローテーション 萱 和磨 跳馬 ドリッグス、大きく右に1歩、ラインオーバー 山本雅賢 鉄棒 カッシーナで少し近づく、コバチ、コールマンは雄大に決める。着地までまとめる。 神本雄也 ゆか 後方伸身2回宙返りで入る。途中、後方宙返り2回半ひねり~前方宙返り1回半ひねりで大きく前に詰まる。 谷川航 あん馬 安定した実施で通しきる。 白井健三 ゆか シライ(伸身りジョンソン)を少しの動きでま......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権 女子予選3班レポート

村上茉愛(日本体育大学)は雄大なユルチェンコ2回ひねりでEスコア9.4のスタート! 段違い平行棒では内向きギンガーで足がバーに当たってしまったがキャッチし続行。下りのムーンサルトまでしっかりとまとめる。平均台は屈身前宙、バク転スワンスワン、等、抜群の安定感を見せ、Eスコア8.4をもぎ取る。ゆかではシリバス、伸身ダブル、2回半ひねり+伸身前宙1回ひねり、屈身ダブルと昨年のほぼ同じ構成で、座のターンを......続きを読む»

第71回全日本個人男子予選1班レポート

田浦誠也(日体大) 3種目目,跳馬2本目の跳躍において前転とびの着手でバランスを崩し,そのまま前宙でしりもちをつく失敗でヒヤリとしたが,平行棒のリチャードなど個性的な技をスピーディーに堅実にこなす。最後のゆか,前方屈身2回宙,アラビア2回宙など着地をまとめ,1班トップ(83.650)に立つ。 岡村康宏(朝日生命) 最初の平行棒で流れのある演技を披露し着地を止める上々のスタート。あん馬のウゴニアン後......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権大会 女子予選2班レポート

2班が終わってトップに立ったのは平井美優選手(国士館大学)。 平均台スタートの平井選手は、交差輪とび、片足伸身前宙、屈身ダブル下り等、目立った大技こそないものの、しっかりとまとめ、ゆかではムーンサルト、後方1回半+前方1回ひねり、2回ひねり、ラストに抱えこみダブルと、持ち味の脚力の強さを見せる。段違い平行棒も大きなミスなくまとめあげ、1・2班が終わってただ一人、51点台にのせた。 2位に入ったのは......続きを読む»

第71回全日本体操個人総合選手権大会 女子予選1班レポート

1班の注目選手はやはり畠田千愛選手(セントラル目黒)。 年齢制限でまだ世界選手権の選考対象ではないが、その存在感は十分。 最初の種目跳馬では伸身ツカハラ1回ひねり。着地こそ少し跳ねてしまったが、スピードとしっかりと突放しのある跳躍を見せた。 段違いでは車輪ひねりで落下があったが気持ちを切り替え最後のムーンサルトの着地までしっかりまとめた。 平均台はロンダートから伸身宙返り1回ひねり(B+G)、交差......続きを読む»

日体協、アクティブ・チャイルド・プログラムのお知らせ

 この度、公益財団法人日本体育協会より、「幼児期からのアクティブ・チャイルド・プログラム」の普及講習会、並びに 講師講習会の開催に関する周知依頼を受け、ここにご紹介いたします。 詳細については下記サイトまで 日本体育協会ACPサイト ...続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:9003
  • 累計のページビュー:19178275

(06月28日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss