日本体操協会公式ブログ

月別アーカイブ :2014年10月

2016年FIG総会開催地、東京に決定

 FIGは2016年10月に計画していた第81回総会開催地を東京で行うことを、現在開催中の第80回総会(タシケント)にて決定した。  東京136票、オーランド(アメリカ)39票。  FIGニュース  ...続きを読む»

Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操女子レポート③

大会最終日は団体競技が行われた。 個人競技と同様に1つのミスが勝敗を左右する為、最終演技が終了するまで気の抜けない試合展開となった。上位入賞チームは僅差の戦いとなり勝負の行方は最終試技チームが終了するまでわからなかった。 熾烈な上位争いを制し優勝の座に輝いたのは、最終試技チームNPOぎふ新体操クラブであった。既に終了したチームが14点後半の得点を獲得し、会場が緊張感に包まれている中演技が開始された......続きを読む»

Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操女子レポート②

全国の各ブロック予選を勝ち抜いた精鋭の選手たちが全日本ジュニア新体操選手権大会に臨んだ。 2日目は後半の種目クラブとリボンが行われた。1日目のフープとボールとの4種目合計で個人総合が決定される。個人は前半種目、喜田純鈴(エンジェルRGカガワ日中)と立澤 孝菜(イオン)が同点トップ。ジュニア選手は全体的にローテーショ回転(回転)、柔軟性の徒手能力が高くなってきたと言える。 後半のクラブの種目は2つ......続きを読む»

Chacott CHAMPIONSHIPS第32回全日本ジュニア新体操女子レポート①

女子個人前半種目〈フープ・ボール〉 第32回全日本ジュニア新体操選手権大会が代々木第一体育館にて、本日より3日間に渡り開催される。 大会初日は個人競技前半種目が行われた。 初日、前半2種目を終えて同点トップに立ったのは、立澤孝菜選手と昨年の覇者喜多純鈴選手であった。先に演技を終えたのは喜多選手。名前がコールされ堂々と入場してくる姿は小柄であるが、音楽が流れ動き始めた姿はその何倍にも大きく見えた。......続きを読む»

世界選手権代表選手によるファンサービスイベント開催のお知らせ

先日、中国・南寧で行われた世界選手権代表選手が参加し、日頃体操を応援してくださっている皆さまに楽しんでいただける企画をご用意いたしました。皆さまのご参加をお待ちしております。 【日時】11月2日(日)全日本団体選手権表彰式終了後 【場所】代々木第一体育館 【進行】アスリート委員会(米田功、溝口絵里加) <第一弾> 『選手愛用サイン入りグッズプレゼント(12名限定)』 【内容】世界選手権の男女代......続きを読む»

2014年度女子ジュニアナショナル強化選手

【U-18】 湯元さくら(高3)ならわ体操クラブ 小池亜優(中3)戸田市スポーツセンター 松村泰葉(高3)中京ジムナスティッククラブ 本田美波(高2)市立尼崎高校体操クラブ 湯元ゆりか(中3)ならわ体操クラブ 四方奈々依(高3)鯖江体操スクール 内山由綺(高3)スマイル体操クラブ 籾山優佳(中3)セインツ体操クラブ 安井若菜(中3)玉川体操クラブ 中村有美香(高2)四天王寺スポーツクラブ 【U-14......続きを読む»

第5回常務理事会ニュース

2014年10月21日18:00~20:30、岸記念体育館特別会議室 【発表報告】 ■報告事項1<男子体操>世界選手権報告 ■報告事項2<新体操>世界選手権報告 ■報告事項3<新体操>アジア大会報告 ■報告事項4<新体操>2014新体操トライアウト結果報告 10月11,12日開催のトライアウトで第11期フェアリージャパンPOLA(新体操日本ナショナル選抜団体チーム)メンバー内定選手決定。メディカルチ......続きを読む»

長崎がんばらんば国体2014 少年女子決勝レポート

1班: 佐賀県・岡山県・広島県・香川県 インターハイの上位常連校である山陽女子高等学校の選手3人を擁する岡山県がまさかの予選16位という波乱からの朝1班での演技。 午前8:10から本会場割り当て練習というかなり朝早い時間で組まれたスケジュールだったが、朝から気合の入った様子であった。その気合通り、予選で4ミスも出てしまった段違い平行棒を全員ほぼノーミスで終える。しかし平均台では落下が3つ出てしまう......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定

第45回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定 放送局 BSフジ 10月19日(日)19:00~20:55 大会総集編 放送局 フジテレビ ●地上波 10月7日(火)19:00~23:03/男子団体決勝(延長あり) 10月8日(水)21:00~22:48/女子団体決勝(延長あり) 10月9日(木)19:57~23:48/男子個人総合決勝(延長あり) 10月10日(金)21:30~23:22/女子個......続きを読む»

第33回世界新体操選手権大会テレビ放映予定

第33回世界新体操選手権大会テレビ放映予定 放送局 フジテレビ ●地上波 9月28日(日)24:40~25:50/団体戦 10月10日(金)27:10~28:10/個人を中心に大会ハイライトを放送 ■BS放送(BSフジ) 10月 5日(日)27:30~28:40/団体戦 10月18日(土)27:55~28:55/個人を中心に大会ハイライトを放送 ■CS放送 9月28日(日)13:00~16:15......続きを読む»

『第32回全日本ジュニア新体操選手権大会』DVD販売のお知らせ

◎『第32回全日本ジュニア新体操選手権大会』のDVD予約受付けは終了いたしました。  たくさんのご予約、ありがとうございました。  今後ともよろしくお願いいたします。 10月24日(金)~26日(日)に国立代々木競技場第一体育館で開催いたしました『第32回全日本ジュニア新体操選手権大会』 の演技を収録したDVD販売の予約を下記の通り受付いたします。 受注販売となります。締め切り後の受付は......続きを読む»

長崎がんばらんば国体2014体操競技少年男子決勝レポート

○Ⅰ班 長崎県、群馬県、茨城県、香川県、鹿児島県、滋賀県 ゆかスタートの長崎県はあん馬、鉄棒で落下、転倒などがあったが同一種目で複数の大過失を出すことなくチーム戦としては順調に得点を積み重ねた。3種目目のつり輪が終わった時点では暫定1位の鹿児島県に僅差で後塵を拝していたが、4種目目跳馬で逆転、その後平行棒、鉄棒で差を広げ319.300を獲得、2位鹿児島県に4.550の差をつけて暫定1位となった。 以......続きを読む»

内村航平選手、ギネス世界記録認定

内村航平選手がギネス世界記録認定。 JOC関連記事へ ...続きを読む»

長崎がんばらんば国体2014体操競技成年男子決勝レポート

○Ⅰ班 福井県(石川大貴、岡準平、榊原颯太、川本稜馬、宮地秀亨)が、開始種目の鉄棒で3人が15点台を獲得する好調な出だしで波にのり、順調に得点を積み重ね344.350で暫定1位。 岡準平選手が6種目合計で88.600を獲得するなどチームを引っ張った。 2位には大阪(横山聖、市瀬達貴、古谷嘉章、田浦誠也、北村翔太が2.750差の344.350で続いた。 鉄棒での落下など大過失もあったが、6種目合計で8......続きを読む»

長崎がんばらんば国体2014 成年女子決勝レポート

1班 香川県・大阪府・東京都・佐賀県・福井県 この班は大阪府と東京都のほぼ一騎打ち。 全日本選手権、NHK杯常連の選手がそれぞれの出身地のチームに名前を連ねました。 大阪府は大瀧千波選手(国士舘大学)が安定した演技でしっかりとチームを引っ張り、野田咲くら選手(朝日生命)、河久保絢選手(慶應義塾大学)を擁する東京都に1.35の差を付け1班終了時点でトップに立つ。 一方東京都は野田選手が段違い平行棒で......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート男子鉄棒決勝

ZHANG Chenglong (CHN) カッシーナ、コールマンと決めた後、アドラー1回ひねりの角度が甘くなったところで片手が外れて落下。伸身新月面は前に両足一歩。14.366 内村 アドラーひねり~伸身トカチェフ、カッシーナ~コバチの連続に成功。アドラー1回ひねり~ヤマワキも決める。伸身新月面は惜しくも前に両足で弾んでしまった。15.725(Dスコア7.2) KUKSENKOV (RUS) 伸身......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート女子ゆか決勝

FRAGAPANE (GBR)伸身月面で大きく後ろに弾み、そのまま前に崩れて体全体で前に崩れるミス。ラインオーバーもあり。13.100 IORDACHE (ROU)新月面、月面ときれいに着地をまとめると、4回ターンやメメルもしっかりと決めた。最後の屈身月面もピタリと止めた。14.800 BILES (USA) 新月面、バイルズ、伸身ダブル、かかえ込み月面と僅かな着地の動きで留める。カデット1回ひねり......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート男子平行棒決勝

KUKSENKOV (RUS) 車輪ディアミドフで大きく乱れる。最後の前方かかえ込み2回宙ひねりも前に手を着く。13.666 DENG Shudi (CHN) 屈身ドミトリエンコや棒下系、ベーレはきれいに決めたが、団体決勝でミスしたバブザーでまたも低い実施でバーに足が当たる。15.633(Dスコア7.1) 加藤 屈身ベーレに難度を上げ、その後、モリスエ、車輪ライヘルト、開脚前宙としっかりと決めた。屈......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート女子平均台決勝

BAI Yawen (CHN) 15.033 BILES (USA) しゃがみ立ち2回半からスタート。後転とび~後方開脚宙連続、開脚前宙~大ジャンプ、交差とび~交差とび半ひねり~伸身前宙。宙返り系でぶれかけてもすぐに修正できる強さがある。15.100 MUSTAFINA (RUS) 交差とびひねり~オノディのところで連続が出来ず、更に開脚前宙片足立ちの後に続けようとした技も出来ず、バランスを崩し......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート男子跳馬決勝

白井 ユルチェンコ3回ひねり。着手がやや詰まってしまう。着地を止めようと粘るが左に動いてしまう。ややひねり不足。15.058 ドリッグス。着地を止めかけるが、後ろに一歩動く。15.066 平均15.062 SASAKI (BRA) ドラグレスク。着地で両足で一歩左に動き、ラインオーバーあり。15.066 ルユーフー。両足で一歩大きく後ろに動く。14.966 平均15.016 SHEK Wai H......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート男子つり輪決勝

AIT SAID (FRA) 振り上がり中水平~十字倒立、屈身ヤマワキ~振り上がり上水平~後ろ回り中水平~ナカヤマ、振り上がり倒立でバランスを崩す。中水平の姿勢はしっかりと決めていた。伸身新月面の着地は見事に止める。15.566 LIU (CHN) 後ろ回り中水平、懸垂から引き揚げて十字倒立、後ろ振り上がり上水平、屈身ヤマワキ~ホンマ十字懸垂、十字倒立、かかえ込みヤマワキ~振り上がり中水平~ナカヤ......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート女子段違い平行棒決勝

MUSTAFINA (RUS) 閉脚シュタルダー1回ひねり~マロニー半ひねり、屈身イエーガー、シュタルダー1回ひねり~パク宙~シュタルダー半ひねり~レイと決める。倒立位をかなり狙っていた。かかえ込み月面も着地を止める。15.100 SPIRIDONOVA (RUS)  閉脚シュタルダー~閉脚シュタルダー1回ひねり~コモワ、パク宙~マロニー半ひねり、閉脚イエーガー。かかえ込み月面着地を止める。15.......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート男子あん馬決勝

KEATING (GBR) 下向き転向技でかなり足割れあり。15.133 NADOUR (USA) ウゴーニャンで足割れあり。マジャールもやや乱れる。15.300 TOMMASONE (FRA) 交差倒立連続をきれいに決め、途中の乱れもほとんどなし。15.600 UDE (CRO) ブスナリ、シュピンデル、ベレンキ、ウゴーニャンなど、見事に決める。15.783 LIKHOVITKIY (BLR) フ......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート女子跳馬決勝

SKINNER (USA)  チェンフェイ。15.700 ユルチェンコ2回ひねりを決める。15.033 平均15.366 PHAN (VIE)  ユルチェンコ2回ひねり。右に大きく動き、両足でラインオーバー。14.108 伸身クエルボ1回ひねり。これも右に大きく一歩。実施も低かった。14.633 平均14.370 FRAGAPANE (GBR)  ユルチェンコ2回ひねり。後ろに一歩弾む。膝の緩み......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート男子ゆか決勝

ZAPATA (ESP) 後方1回半~屈身前宙ダブルは決めたが、前方1回~かかえ込み前宙ダブルでしりもち。13.900 加藤 一本目にかかえ込み前宙1回ひねり~シライ2(前方3回ひねり)を実施。ひねり不足あり。その後、後方1回半~前方2回半で着地が前に詰まる。最後は後方3回ひねりで後ろに僅かに一歩。15.466 ABLIAZIN (RUS) 伸身新月面、前方2回ひねり~屈身前方2回宙を決める。屈身......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート女子個人決勝第4ローテ

第45回世界体操競技選手権現地レポート45 【女子個人総合決勝】第4ローテ ■2班跳馬 FRAGAPANE (GBR)、ユルチェンコ2回ひねり膝曲り、着地はね、ライン減点。 寺本 (JPN)、前転とび前方宙返り1回半ひねり、着地姿勢が低く、脚開きなど姿勢欠点あり。 POPA (ESP)、ユルチェンコ2回ひねり後ろにとぶ。 SOSNITSKAYA (RUS) 着地後ろに動く。 HARROLD (GBR......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート女子個人決勝第3ローテ

第45回世界体操競技選手権現地レポート44 【女子個人総合決勝】第3ローテ ■3班跳馬 PIHAN-KULESZA (POL)、前転とび前方屈身宙返りひねり右足わずかに1歩前に。 STEINGRUBER (SUI)、前転とび前方伸身宙返り1回半ひねり着地右にずれてライン減点。 笹田 (JPN)、ユルチェンコ1回ひねり、着地1歩後ろに動く。 HILL (GER)、ユルチェンコ1回ひねり、着地後ろに少し......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート女子個人決勝第2ローテ

■4班跳馬 GARCIA (MEX)、ユルチェンコ1回半ひねり、着地で前にとび右にライン減点。 LOPEZ (VEN)、ユルチェンコ2回ひねり、右に大きくとび出しライン減点。 WAEM (BEL) 、ユルチェンコ1回ひねり、着地1歩動く。 MARTINS (POR)、ユルチェンコ1回ひねり、着地1歩後ろに。 BROWN (AUS)、ユルチェンコ1回ひねり、少し後ろにとぶ。 STANILA (ROU)......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート女子個人決勝第1ローテ

■1班跳馬 IORDACHE (ROU)、ユルチェンコ2回ひねり着地少し右にずれ後ろにとぶ。 MUSTAFINA (RUS)、ユルチェンコ2回ひねり空中絵の脚開き、着地わずかに後ろに動く。 BILES (USA) 、ユルチェンコ2回半ひねり(アマナール)、着地前に少しとぶ。姿勢、高さともにあり。 FERRARI (ITA) 、ユルチェンコ2回ひねり、着地後ろにとぶ。 ROSS (USA) 、ユルチェ......続きを読む»

第45回世界体操競技選手権現地レポート男子個人決勝第6ローテ

■1班鉄棒 田中 (JPN) カッシーナ、コバチをしっかりと決め、他の要素もきっちりと決めた。最後の伸身新月面もほとんど動かず。 CHENG Ran (CHN) 伸身トカチェフ、伸身モズニク、モズニク、アドラー1回ひねり~ヤマワキ。最後の着地を見事に止めた。 WHITTENBURG (USA) アドラー1回ひねり~ヤマワキ、最後の着地は僅かに動く。 DENG Shudi (CHN) アドラーひねり、......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2157
  • 累計のページビュー:18894362

(04月29日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss