日本体操協会公式ブログ

月別アーカイブ :2014年04月

平成26年度男子体操ジュニアナショナル選手選考方法

平成26年度男子体操ジュニアナショナル選手選考方法についてお知らせいたします。 ■競技会成績による選考(15名) -全国大会上位選手(10名)  Ⅰ高校選抜上位3名  Ⅱインターハイ上位3名(Ⅰで選考された選手を除く)  Ⅲジュニア(1部)上位4名(ⅠⅡで選考された選手を除く) -学年別上位選手(5名)  高校2年:ジュニア(1部)最上位者(ⅠⅡⅢで選考された選手を除く)  高校......続きを読む»

第1回常務理事会ニュース

2014年4月17日18:00~20:30、岸記念体育館505 ■発表報告1 新体操 2014W杯リスボン大会 ■発表報告2 新体操 2014W杯ペサロ大会 ■発表報告3 男子体操 2014年第13回アジアジュニア選手権 ■発表報告4 女子体操 2014年第13回アジアジュニア選手権 ■審議事項1 専務理事 監事選任に関する件  荒井隆監事の逝去に伴い、後任として竹田幸夫氏(現本会顧問)......続きを読む»

CASが関田顧問らFIG技術委員の訴えを認定

 2014年4月15日、スポーツ仲裁裁判所(CAS、Court of Arbitration for Sport)は、2014年1月にFIG技術委員から受けていた訴えについて、それを認める結論を出した。FIGはそれを受け、4月16日にCASの決定を受理したと発表した。FIGリリース 【経緯】  2012年11~12月、ルーマニアなどで行われた大陸間新体操審判講習会後、FIG規律委員会へ「不正......続きを読む»

『ヘルプデスク (女子体操競技採点規則) 2014年版』 刊行のお知らせ

この度、女子体操競技採点規則の補則として、 ヘルプデスク女子体操競技採点規則(FIG Help Desk 日本語翻訳版)を刊行いたしました。 これはFIG女子採点規則集のいろいろなルールの例を出して基準を明確にし、 異なる解釈を減らし、より客観的な採点業務を提供することが目的です。 本編はカラー印刷で70ページに及ぶ内容であり、多くの写真や図解で説明されていて、 審判員はもとより現......続きを読む»

第68回全日本体操競技選手権大会出場資格資料

第68回全日本体}操競技選手権大会出場資格資料 (4月9日情報更新) 第68回全日本体操競技選手権大会(2014年5月9日、代々木第一体育館)の出場有資格者資料を発表いたします。 *男子個人(pdf)0409更新 *女子個人(pdf)0409更新 *男子トライアル0409更新 ★web参加申込要領(0329更新) 男子(PDF) 女子(PDF) ...続きを読む»

2013年度ホワイトベア・スポーツ賞、白井健三選手が受賞

 4月8日、今年度で53回目となる、アマチュアスポーツの振興と技術・記録の向上に尽くし、功績のあった選手・指導者に贈られるデイリースポーツ制定「ホワイトベア・スポーツ賞」に、体操・白井健三選手が選ばれ、表彰式が行なわれた。  他に、スキージャンプの高梨沙羅選手、陸上の桐生祥秀選手が受賞。また特別賞には、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会プレゼンターの佐藤真海さんが受賞した。  ......続きを読む»

フェアリージャパンPOLA ボール&リボンで金メダル!

フェアリージャパンPOLA ボール&リボンで金メダル! 4月6日、W杯リスボン大会は団体種目別決勝と、個人種目別決勝が行われた。団体種目別決勝に出場した日本(フェアリージャパンPOLA)は、2種目とも大きなミスはなく、クラブで銀メダル。ボール&リボンでは今季初めて17点台に乗せて(17.050)金メダルを獲得した。 過去の優勝:2011年9月W杯ウズベキスタン大会レポート......続きを読む»

2014 ワールドカップ 東京大会 女子ゆか

最終種目のみ、3種目終了時点での順位で演技順が決まる。(下位から順番) BUI (GER) 抱え込みムーンサルトで前へ1歩、テンポ+抱え込みダブル(A+D)、交差~交差1回ひねり、2回半ひねり+屈伸前宙(D+A)でラインオーバー、3回ターンは踵が早く落ちおそらく2回ターンでの難度承認、屈伸ダブル。全ての技の高さ、大きさが素晴らしい。振付けも可愛らしく、最後のポーズは投げキス。個性が光る演技。......続きを読む»

2014 ワールドカップ 東京大会 女子平均台

POPA NEDELCU (ESP) 片足伸身前宙+ウルフジャンプ(D+A)、交差リープ+屈伸宙返り(C+C)で足を上げてしまうふらつき。側宙+抱え込み側宙(D+D)、メメル、交差1/2をそつなくこなすが、終末技のバク転+バク転+屈伸ダブルの一つめのバク転で止まってしまうアクシデント。やり直して着地をまとめる。内容が悪くなかっただけにもったいない。 D5.6 E7.266  12.866 ......続きを読む»

2014 ワールドカップ 東京大会 女子段違い平行棒

MOORS (CAN) シュタルダートカチェフ+パク、足裏支持回転倒立1/2+イエガー、足裏支持回転1回ひねりから1/2低棒移動は続かず。彼女のオリジナルの終末技は屈伸の実施になってしまう。全体的な落ち着かない実施になってしまった。  D5.5 E7.300  12.800 POPA NEDELCU (ESP) マロニー+内向きギンガー、足裏支持1回ひねり+トカチェフ、足裏支持回転ト......続きを読む»

2014ワールドカップ東京大会 男子鉄棒

GONZALEZ Fabian(ESP) D7.0  E8.133  得点15.133 コールマン(少し膝割れ)、コバチ、リバルコ、アドラーひねり(脚割れ)~開脚モズニク、アドラー1回ひねり~ヤマワキ(続く車輪で肘まげ)、シュタルダー1回半ひねり大逆手、ホップターン、後方伸身2回宙返り2回ひねり下り(少し動く)、若干姿勢欠点が目立ったがのびやかな実施で演技をまとめる ZHOU Shixion......続きを読む»

2014ワールドカップ東京大会 男子平行棒

PURVIS Daniel(GBR) D6.5  E8.633  得点 ホンマ、シャルロ~ヒーリー、棒下宙返り、ベーレ、ツイスト、車輪、開脚前宙、ヒーリー、後方屈身2回宙返り下り(少し動く)、安定感のある実施で演技をまとめる GONZALEZ Fabian(ESP) D6.0  E8.266  得点14.266 シャルロ、棒下宙返りひねり、棒下宙返り、車輪、モイ、ディアミドフ、ディアミドフ......続きを読む»

2014ワールドカップ東京大会 男子跳馬

HANBUECHEN Fabian(GER) D5.6  E9.266  得点14.566 シューフェルト、少しこじんまりとした跳躍、着地は少ししゃがみこみ後ろに1歩、さらにラインオーバー-0.3 PURVIS Daniel(GBR) D5.6  E8.133  得点13.433 シューフェルト、まずまずの跳躍に見えたがしりもちをついてしまう GONZALEZ Fabian(ESP)......続きを読む»

2014ワールドカップ東京大会 男子つり輪

ZHOU Shixiong(CHN) D5.9  E8.366  得点14.266 振り上がり中水平、振り上がり上水平、ホンマ十字懸垂、屈身ヤマワキ、ヤマワキ、振り上がり開脚上水平(少し揺れる)、振り上がり倒立(若干肘がゆるむ)、グチョギー(低い)、逆上がり脚前挙(屈腕)、屈腕屈身倒立、後方かかえこみ2回宙返り2回ひねり下り(後ろに大きく1歩) HANBUECHEN Fabian(GER) ......続きを読む»

2014ワールドカップ東京大会 男子あん馬

UCHIMURA Kohei(JPN) D6.2  E9.166 得点15.366 逆交差倒立、ユーリーフェン、Eフロップ、Dコンバイン、ロス、ウーグォニアン、マジャール、シバド、シュテクリA倒立ひねり移動下り、ほとんどミスらしいミスの見られない安定感のある実施で演技をまとめる ZHOU Shixiong(CHN) D5.5  E8.900  得点14.400 逆交差倒立(反る)、正交差倒......続きを読む»

2014ワールドカップ東京大会 男子ゆか

SASAKI JUNIOR Sergio(BRA) D6.6  E8.566  得点15.166 前方屈身2回宙返り~前方宙返りひねり、後方宙返り1回半ひねり~前方かかえこみ2回宙返り(しゃがみ込む)、後方かかえこみ2回宙返り2回ひねり(動く)、十字倒立、閉脚エンドー、後方宙返り2回半ひねり~前方宙返り1回ひねり(詰まる)、トーマス転(ぶれる)、後ろとびひねり前方かかえこみ2回宙返りひねり ......続きを読む»

2014 ワールドカップ 東京大会 女子跳馬  

FERRARI (ITA)  ユルチェンコ11/2ひねり D5.3 E8.866  14.166 高さのある実施。空中で少し膝曲がり、着地は前へ2歩。   MOORS (CAN) ユルチェンコ2回ひねり D5.8 E9.133  14.933 大きさのある実施、着地で少し頭が下がり、後ろへ大きくホップ。 POPA NEDELCU (ESP) ユルチェンコ2回ひねり D5.8 ......続きを読む»

【参加者】SASAKICUP第12回新体操ユース、第5回男子団体選手権

SASAKI CUP 第12回全日本新体操ユースチャンピオンシップ 第5回男子新体操団体選手権 兼第33回世界新体操選手権大会・第17回アジア競技会日本代表選考会 参加申込要項をホームページにアップしました。 H26年4月4日(金)13時公開 ★詳細はこちらから★ ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2284
  • 累計のページビュー:19797750

(12月12日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss