日本体操協会公式ブログ

月別アーカイブ :2013年05月

【参加者】SASAKICUP第11回新体操ユース、第4回男子新体操団体選手権

<お知らせ>2013.06.05 申告書に関してお知らせいたします。 申告書左下に、「基礎技術グループ」、「その他の技術グループ」などの個数を書く欄があります。 この欄は所属で記入しご提出下さい。 申告書差し替えのため削除 ・2013.05.09追記  男子団体競技試合日が変わりました。  6月15日(土) ⇒ 6月16日(日)個人決勝の後に行います。 ・2013.05.......続きを読む»

公益財団法人への移行完了のお知らせ

                               公益法人財団法人 日本体操協会                                           会長 二木英徳  標記、平成25年4月1日をもちまして財団法人日本体操協会は、公益財団法人への移行登記を行うことができましたので、ここにご報告いたします。  平成24年9月10日に内閣府へ移行認定申請書と関係書......続きを読む»

『男子ジュニア選手のためのトレーニング・マニュアル』 販売再開のお知らせ

多くのご要望をいただき、このほど『男子ジュニア選手のためのトレーニングマニュアル「基本編」・「種目編」』の冊子を増刷し、販売を再開いたしましたのでお知らせいたします。 ●品名   基礎編(品番AB0701) 1,900円   応用編(品番AB0702) 3,600円  *両編セット(品番AB0703) 5,200円(両編注文で割引となります)   ※上記料金は......続きを読む»

新体操W杯ベラルーシ国際結果

新体操W杯ベラルーシ国際・ミンスク大会結果 期日 2013年5月17~21日 場所 ベラルーシ・ミンスク 出場日本選手  皆川夏穂、早川さくら 結果pdf ...続きを読む»

【通達】つり輪破損事故の再発防止策へのご協力のお願い

 標記の件、5月19日(日曜日)岩手県営体育館にて開催された「第46回東日本学生体操競技選手権」で発生しました「つり輪破損事故」の再発防止策として、下記のとおり対応をいたします。対応策が実施された練習会場ならびに大会会場より、5月20日に発信致しました「数日間のつり輪の使用見合わせ依頼」は解除致します。 至急、ご対応ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 つり輪破損事故の再発防止......続きを読む»

二木会長、2013年国際体操殿堂入り

米国オクラホマ現地5月18日、本会会長である二木英徳氏の2013年国際体操殿堂入り表彰式が行われた。 なお、これにより、体操殿堂入りを果たした日本人は、竹本正男氏、小野喬氏、遠藤幸雄氏、松田(旧姓 山下)治廣氏、 加藤澤男氏、池田(旧姓田中)敬子氏、早田卓次氏、中山彰規氏、監物永三氏、笠松茂氏、鶴見修治氏についで12人目。 ■国際体操殿堂(International Gymnast......続きを読む»

W杯ベラルーシ新体操国際レポート2

5月18日、W杯ベラルーシ新体操国際・ミンスク大会2日目は個人総合が行われた。日本からは特別強化選手の皆川夏穂、早川さくらが出場。3月からロシア留学をしていた二人は、W杯ブカレスト大会、ペサロ大会に続いて、今季3大会目。 早川は試合前から落ち着いた練習を行っていたが、試合もそのままのものが出せたと言えよう。 1種目目のクラブでは投げのミスがあり、ジャンプターンがひとつ減るなどDの得点は伸びな......続きを読む»

【関係者】第52回NHK杯体操における演技順について

標記の件、下記の通り、NHK杯演技順を発表いたします。関係各位のご確認をお願いします。 男子pdf 女子pdf (修正) なお、2013年3月1日付、女子体操競技強化本部配信の「2013年度女子体操日本代表選手選考方法等について」と「第52回NHK杯体操大会要項」におきまして、女子1日目の演技順に関する記述内容が異なっておりました。女子強化本部を含め、関係者と検討した結果、本件は、......続きを読む»

【参加者】第67回全日本種目別選手権大会予選会推薦申込のお知らせ

 第67回全日本種目別選手権大会への種目別予選参加を予定しております選手の申込等に関しましてお知らせ致します。要項をご確認の上、関係各位への周知のほど、お願い申しあげます。 大会要項(pdf) ※跳馬の派遣標準得点修正(13.05.15)  男子演技申請書類(excel、全種目対応) 女子演技申請書類(excel、全種目対応) 【男子DVD提出による推薦選手】  各種目、......続きを読む»

W杯ベラルーシ新体操国際レポート

5月17日、W杯ベラルーシ新体操国際・ミンスク大会初日は団体総合が行われた。日本はプログラムの変更をするために不参加となったが、強豪ロシア、イタリアをはじめとした8ヶ国が参加した。 1位はロシア。 クラブは危うい箇所はいくつかあったが落下ミスは防ぎ、多彩な手具操作を見せつけた。 手具が手の中にある時間が非常に短く、次々と技を繰り広げる。春先の大会ではバタバタとした印象であったが、ヨーロッパ選......続きを読む»

公益財団法人日本体操協会規程

公益財団法人日本体操協会規程 こちらへ ...続きを読む»

第2回常務理事会ニュース

第2回常務理事会ニュース 2013年5月15日18:00~20:30、岸記念体育館505 【審議事項】 ■ユニバーシアード大会体操男子選手団(男子体操強化本部)  原案通り承認。 ■第27回ユニバーシアード女子代表選手・派遣役員について(女子体操強化本部)  原案通り承認。 ■ユースオリンピック選考方法について(男子体操強化本部)  原案通り承認。 ■2013年度女子ジュニアナショ......続きを読む»

平成25年度男子ジュニアナショナル選手選考基準

 標記、平成25年度の男子体操競技ジュニアナショナル選手選考基準をお知らせいたします。 競技会の成績で15名を選抜+選考テストで12名を選抜、計27名強化選手 1.競技会成績での選考方法  ■ 全国大会上位者10名   全国高校選抜・・・個人総合上位3名   全国高校総体・・・上記の選手を除き個人総合上位3名   全日本ジュニア・・上記の選手を除き個人総合上位4名   (1部選......続きを読む»

【参加者】第52回NHK杯参加申込要領

 標記、予選通過を果たした選手を対象にした第52回NHK杯参加申込についてお知らせいたします。男女別にWeb上での申込になりますのでご確認の上、お申込みいただきますようお願い申し上げます。 大会要項pdf ※補欠選手の申込は致しません。 web申込要領pdf ※参加申込期間 5月13~21日 ※お車の乗り入れをされる方は、会場の駐車場に留置きをするかどうか必ずご回答ください......続きを読む»

第67回全日本個人総合男子2日目

○第1ローテーション ・ゆか 小林研也 トップバッターとして登場、順調に演技を進め最後の後方3回ひねりもうまくまとめる。 野々村笙吾 前方2回半、少し低い着地になるが止める、その後の宙返り連続もうまくまとめ、最後の後方3回ひねりは後ろに大きく1歩。 田中佑典 前方1回ひねり~前方2回半ひねり、トーマス転、丁寧な実施で演技を進めるが、最後の後方3回ひねりで少し腰砕けの着地......続きを読む»

第67回全日本体操競技選手権大会情報

第67回全日本体操競技選手権大会 (体操天皇杯第67回全日本体操個人総合選手権) 第44回世界体操競技選手権大会・第6回東アジア競技大会日本代表第2次選考会 第27回ユニバーシアード日本代表決定競技会 【競技結果】  男子最終結果pdf(13.05.12)  女子最終結果pdf(13.05.12)  男子ユニバ選考pdf(13.05.12)  女子ユニバ選考pdf(13.05.......続きを読む»

第67回全日本体操個人総合女子2日目

<第1ローテ>(●:ユニバ有資格者) 笹田夏実(帝京高等学校) ユルチェンコ1回ひねり:後半少し腰折れ。小さく前に一歩。13.80 村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部) ユルチェンコ2回ひねり:後半腰が少し折れて落ちてくるが、うまくまとめる。15.10 井上和佳奈(水鳥体操館) ユルチェンコ2回ひねり:初日同様少しの脚の開きがあるが着地までまとめる。14.75 寺本明日香(レ......続きを読む»

第67回全日本体操個人総合女子1日目3班

おなじみの面々とジュニア選手、大学生が入り混じる、おもしろい班編成の3班。 ●先日のワールドカップ東京大会で優勝した寺本明日香選手(レジックスポーツ) 段違い平行棒:1/2ふりとび下バー移動の倒立で少し体がゆるみ、反りが入るが、シュタルダー飛び出し高棒移動へつなげる。さすが。安定した演技。 平均台:2回ターンからインサイドターン(C+A)、交差ジャンプ~抱え込み宙返り(C+C)の組み合......続きを読む»

第67回全日本個人総合男子1日目2班

○第1ローテーション 野々村晃司 跳馬 アカピアン、綺麗な姿勢で着地を止める。 加藤凌平 鉄棒 伸身トカチェフ、コールマン、アドラー1回ひねり~ヤマワキ、余裕のある実施で演技をまとめる。伸身新月面の着地は前に動く。 齊藤優佑 あん馬 途中力の入る場面もあったが、大きなミス無く演技をまとめる。 野々村笙吾 跳馬 ドリッグス、まずまずの実施だったが右に傾きラインオーバー。......続きを読む»

第67回全日本体操個人総合女子1日目2班

Ⅰ班に比べてジュニア選手の比率が高くなり、中学生などの若い選手の顔ぶれが揃う。 中でもジュニアナショナル強化選手の湯元さくら選手(ならわ体操クラブ)は目の使い方など、すばらしい表現力を持っており、さらに、平均台では縦向き浮き腰倒立上がりで強さを見せ、終末技は屈身ダブル。ゆかでは伸身ダブル、3回ひねり、後方1回半ひねり~前方伸身1回ひねり、抱え込みダブル等、大きなアクロバットの実施が印象深いが、......続きを読む»

第67回全日本個人総合男子1日目1班

○第1ローテーション 池尻俊弥 ゆか 前方2回半ひねりで入り、後ろとびひねり前方屈身2回宙返りひねりなどを実施。 千葉健太 あん馬 今年の高校選抜個人総合優勝、昨年の全日本種目別ファイナリスト、美しい旋回で演技をまとめる。 岡村康宏 つり輪 昨年のこの種目チャンピオン、力強く正確な実施で伸身月面の着地も止める。 白井健三 跳馬 ドリッグス まずまずの跳躍で着地は前に......続きを読む»

第67回全日本体操個人総合女子1日目1班

競技開始と共に男女とも大きな声援が響く中で開始された第Ⅰ班。 この班で目立ったのは昨年のアキレス腱断裂から復帰の永井美津穂選手(日本体育大学)。跳馬では後半少し脚の開きはあるものの、雄大なユルチェンコ2回ひねりで会場を沸かせ、14.85。段違い平行棒(12.40)、平均台(12.30)ではユニバーシアード代表争いのプレッシャーの中無難にこなし、最終種目のゆかでは第一タンブリングの抱え込みムーンサル......続きを読む»

『トランポリン採点規則(2013年版)』販売のお知らせ

国際体操連盟(FIG)によるルール改正に伴い、この程『トランポリン採点規則(2013年版)』を発行いたしました。 販売申込受付を開始致しますので、ご購入希望者はお申し込み下さい。 販売物および購入方法は次のとおりです。 (1)販売する規則(種類)   トランポリン採点規則 2013年版 (2)販売価格    3,600円 / 1冊 (3)申込方法    郵便局......続きを読む»

内村航平選手、平成24年度JOC最優秀賞受賞

 5月7日、オリンピックムーブメントの推進及びスポーツの各分野で優れた成果を上げた者に対し贈られるJOCスポーツ賞「年度賞」部門において、ロンドン五輪個人総合優勝を果たした内村航平選手の最優秀賞受賞がJOCより発表された。内村選手は昨年度に引き続いての受賞。 JOC受賞者 ...続きを読む»

平成25年度版高等学校男子体操競技適用規則

 国際体操連盟による2013年版採点規則変更に伴い、5月3日付、全国高等学校体育連盟体操部と審判委員会(男子体操競技)により、「平成25年度版高等学校男子体操競技適用規則」を変更いたしましたのでお知らせいたします。審判員、ならびに関係各位へのご周知のほど、お願い申し上げます。 平成25年度版高等学校男子体操競技適用規則 pdf ※古い情報が表示される場合、ブラウザを「最新の情報に更新」し......続きを読む»

第67回全日本体操競技選手権会場図

 第67回全日本体操競技選手権大会における会場内、器械器具設置図についてお知らせいたします。なお、会場入場は原宿口からのみとなります。 http://www.jpn-gym.or.jp/artistic/2013/infor/pdf/13nai_set2.jpg ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2154
  • 累計のページビュー:19669269

(10月20日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss