日本体操協会公式ブログ

月別アーカイブ :2010年11月

スポーツ選手活用体力向上事業報告:富山

■講師 溝口 絵里加 ■場所 富山市立神明小学校 ■期日 平成22年11月19日(金) ■対象 3、6年生97名 ■趣旨  本校の子どもたちは、1周300mのコースを学年+1周走る朝マラソンに取り組んでいる。1学期の間に徐々に走ることにも慣れてきた子どもたちに新たな運動・スポーツ習慣の形成を図りたい。トップアスリートに対する興味関心を高め、さらなる体力向上に進んで取り組もうとする意欲を高め......続きを読む»

スポーツ選手活用体力向上事業報告:埼玉

■講師 内山 隆 ■場所 さいたま市立幼児教育センター付属幼稚園 ■期日 平成22年11月12日(金) ■対象 年少30名 年中30名 年長28名  計88名 ■趣旨   幼児が体を動かすことの楽しさを経験し、スポーツに親しみ、日常生活の中で主体的に運動・スポーツに親しむ態度や習慣を育成する。   ■事業内容(プログラム)の紹介  3歳、4歳、5歳クラスにわかれ年齢に応じた内容とな......続きを読む»

スポーツ選手活用体力向上事業報告:滋賀

■講師 内山 隆 ■場所 竜王町立竜王幼稚園・遊戯室 ■期日 平成22年11月2日(火) ■対象 年少38名 年中57名 年長43名  計138名 ■趣旨    今年度、当園として生活リズムや基本的生活習慣の確立、外あそび(運動あそびや集団あそび)の充実といった視点から体の基礎づくりに取り組んでいる。本事業を通して、体を動かして遊ぶことに楽しさを感じ、子どもたちが心豊かに育つための一つの......続きを読む»

広州アジア大会新体操2日目レポート

 26日、アジア競技大会新体操個人総合決勝が、中国・広州で行われた。  各国最大2名の18名。日本からは大貫友梨亜(東京女子体育大学OG)と山口留奈(イオン)が出場した。  山口は最初の種目ロープでは、難度もうまくはまり、すばらしい出来を見せた。しかし、ラストのリスクでロープを落下。惜しいミスを犯してしまった。25.400  他の種目は、前日失敗した箇所、やりきれなかった箇所を修正......続きを読む»

広州アジア大会新体操1日目レポート

 11月25日、アジア競技大会新体操競技第一日目、個人競技国別対抗が中国・広州で行われた。国別対抗は各国3~4名が出場し、1種目3演技ずつの計12演技中、ベストの10演技の合計で競われる。  日本からはコントロールシリーズを勝ち抜いた大貫友梨亜、山口留奈、穴久保璃子、小西夏生の4名が出場し、大貫・山口が4種目、穴久保がフープを除いた3種目、小西がフープのみの出場という布陣で臨んだ。  日......続きを読む»

福岡県体操協会ブログスタート

福岡県体操協会のブログがスタートしましたのでお知らせします。 福岡県体操協会ブログ(10.11.22) 下記、すでにスタートしているブログです。ブログ立ち上げをご希望の加盟団体は総務委員会広報までご一報ください。 ★体操コラボブログ(体操全般の情報配信) 体操スクールブログ(08.02.14) 日本スポーツアクロ体操協会ブログ(08.02.22) 一般体操委員会ブログ(0......続きを読む»

スポーツ選手活用体力向上事業報告:北海道・福井

<北海道・札幌> ■講師 溝口 絵里加 ■場所 札幌市立東山小学校 ■期日 平成22年11月5日(金) ■対象 講演・全校生徒438名、実技指導6年生64名 ■趣旨  実際にトップアスリートの競技を知ると共に、選手の技能の高さをみることにより、運動や競技への関心をもたせていく。トップアスリートから直接指導を受けることでの励みがもてる。また、選手の技術を磨くために気をつけている信条や、生活......続きを読む»

広州アジア大会トランポリンニュース

 11月22日、中国広州で開催された第16回アジア大会・トランポリン競技において、外村哲也選手が銅メダルを獲得した。 <男子個人> 1 DONG Dong CHN 44.50 2 TU Xiao CHN 43.80 3 外村哲也 JPN 42.40 4 伊藤正樹 JPN 41.90 5 SYZDYK Yernur KAZ 37.10 6 ......続きを読む»

第63回全日本新体操選手権大会DVD販売 予約受付中

平成22年11月19から21日に開催されました、第63回全日本新体操選手権大会DVD販売 予約受付ております。(会場 代々木第一体育館) DVD予約受付は終了致しました。 ●品番・品名 ①RD1013  女子個人1日目ロープ・フープ ②RD1014  女子個人2日目ボール・リボン ③RD1015  男女団体予選   ④RD1016  男子個人1日目スティック・リング ⑤R......続きを読む»

第63回全日本新体操選手権3日目女子レポート

21日、第63回全日本新体操選手権大会の種目別決勝が行われた。 <個人競技>  個人競技ロープで優勝したのは、個人総合で初優勝した大貫友梨亜(東京女子体育大学OG)。細かいキャッチミスや操作ミスはあったが、スケールの大きさを感じさせてくれた。 2位は山口留奈(イオン)。 難度時にロープをうまくさばけない箇所があったが、全体的には難度のこなしも良く、バラエティに富んだ手具操作を見せた。......続きを読む»

第20回世界年齢別トランポリン選手権ニュース

 フランス・メスにて世界トランポリン選手権に引き続き、11月17日から20日まで第20回世界年齢別トランポリン選手権が開催され、メダルを獲得した日本選手は下記の通り(金3、銀4、銅2)。 ■13歳~14歳男子個人  藤田隆之介 1位 ■10~12歳女子シンクロ  新谷実佑 /布施日奈乃組 3位 ■10~12歳男子シンクロ  明石凌 /中西達也組 2位 ■15歳~16歳男子個人  岸大......続きを読む»

第63回全日本新体操選手権2日目女子レポート

 20日、第63回全日本新体操選手権大会の個人総合後半種目(ボール、リボン)と団体総合後半種目(リボン3&ロープ2)が行われた。 <個人競技>  個人総合では前半トップに立っていた山口留奈(イオン)が、先に演技を終えた。ボールでほぼミスのない演技を見せ、難度の精度も良く、スピード感も以前より増しているように思う。  リボンでは連続投げのところでキャッチミスが出て、次の投げができなかった。そ......続きを読む»

男子体操競技ジュニア強化合宿報告

期日:11月4日(木)~8日(月) 会場:味の素ナショナルトレーニングセンター スタッフ:男子体操競技委員会強化部部員、各所属帯同コーチ 参加選手:合計27名 【高3】横山聖(清風)/石川大貴(鯖江)/岡準平(鯖江)/武田一志(埼玉栄)/北川隼太(創成館)/佐藤紘翔(関西)/中嶋宏太(清風)/小林亮介(清風) 【高2】野々村笙吾(市立船橋)/長谷川智将(関西)/加藤凌平(埼玉栄)/市瀬達貴......続きを読む»

第63回全日本新体操選手権1日目女子レポート

 11月19日、第63回全日本新体操選手権大会の個人総合前半種目(ロープ・フープ)と団体総合前半種目(フープ5)が、国立代々木第一体育館で開催された。 【個人競技】  個人総合では、アジア競技大会日本代表選手の大貫友梨亜、山口留奈、穴久保璃子、小西夏生がどんな仕上がり具合を見せてくれるのか、コントロールシリーズを戦い続けた中津裕美の成長具合はどうか、はたまた、股関節の故障から復帰した日高......続きを読む»

広州アジア大会現地レポート男子種目別決勝後半

■跳馬  優勝は韓国のYANG Hak Seon。1本目(ヨー2)、2本目(ロベス)ともに7点台の跳躍をそろえる。2本目の跳躍(ロペス)は高さ、ひねりのスピードも十分で着地前に体をひらく余裕のある実施で、2本の平均16.400の高得点を獲得した。  この種目は、唯一日本選手が決勝へ進むことが出来なかった。 ■平行棒  3番目に渡邊。入り技の棒下1/2ひねりでバランスを崩しかけるが、即座に......続きを読む»

広州アジア大会種目別決勝後半レポート

○男子跳馬 187 SHEK Wai Hung (KOR) 15.425(①15.850、②15.000) 102 FENG Zhe (CHN) 15.850(①15.525,②16.175)  ①ロウユン(6.200、右足後ろ大きく1歩)  ②ロペス(7.000、着手時手を前後しているがほぼ前転とびのような実施、右足後ろ大きく1歩) 134 VALIYEV S......続きを読む»

2010豊田国際体操競技大会情報

【競技予定】 12月11日(土)14:00~種目別(前半種目) 12月12日(日)14:00~種目別(後半種目)  ※開場12:00~ 【場所】 豊田市総合体育館<スカイホール豊田>  豊田市八幡町1-20 【出場予定選手】 ■男子 PICHLER,Thomas(AUS)/SELLATHURAI,Prashanth(AUS)/FENG,Zhe(CHN)/YAN,Mingyo......続きを読む»

広州アジア大会現地レポート男子種目別決勝前半

ゆか  出口は2番目に演技。1コース目の後ろとびひねり前方屈身2回宙返りで回転が不足し、まさかの尻もち。2コース目からは安定した演技を続け、最終コースの後方抱え込み2回宙返り1回ひねりを1歩でまとめたものの、13.425。  水鳥はゆかの最終演技者。団体決勝、個人総合決勝同様に安定感のある演技を実施するが、各コースの着地を決めきることができず14.825。  優勝は中国のZHANG Cheng......続きを読む»

広州アジア大会種目別決勝前半レポート

○ゆか 141 YOO Won Chul(KOR) 14.275(5.800、8.775、-0.300)  まずまずの演技だったようだが、ラインオーバーあり。 125 出口諒財 (JPN) 13.425(5.900、7.525)  後ろとびひねり前方屈身2回宙返り(しりもち)、後方宙返り1回半ひねり~前方宙返り1回半ひねり、後方宙返り2回半ひねり~前方宙返り1回ひねり(詰......続きを読む»

本会推薦CD+DVDについて

下記CD+DVDを本会推薦としましたのでお知らせします。 佐藤弘道 ひろみちお兄さんと楽しく体操 TOCF-57096 2010年11月03日発売 2,500円(税込) EMIミュージックジャパンhttp://www.emimusic.jp/ 10代目NHK体操のおにいさんにして体操界のカリスマ、“ひろみちお兄さん”こと佐藤弘道の新録・監修・振り付けでお届けする、子供から大人ま......続きを読む»

広州アジア大会現地レポート男子個人

 個人総合出場者水鳥と中瀬は、試合時間に合わせ、13:00に選手村を出発。13:55~ウォームアップホールでアップを行う。  15:30より個人総合決勝。水鳥・中瀬両選手は、ゆかからのスタート。 第1ローテーション・ゆか  1番・中瀬、ゆかのバネにあった演技構成を選択し、順調にタンブリングをこなし、最終タンブリング前までは、とても良い実施であった。最終タンブリングの後方2回宙返り1回ひ......続きを読む»

広州アジア大会男子個人総合レポート

○ゆか 128 中瀬卓也 13.100  前方宙返り2回ひねり~前方宙返りひねり、後方宙返2回半ひねり~前方宙返り1回ひねり、後方宙返り1回半ひねり~前方宙返り1回半ひねり(詰まった着地となる)、トーマス転、後方宙返り2回ひねり、脚上挙~倒立、かかえこみ月面宙返り(着地で大きくはじかれ、前に倒れてしまう)  この種目得意の中瀬選手だが、団体戦に続きミスが出て13点台 174 ......続きを読む»

広州アジア大会女子個人総合決勝レポート

○跳馬 316 田中理恵 14.550 伸身ユルチェンコ1回半ひねり(右足をわずかに前に1歩) 305 眭禄 14.100 303 黄秋爽 15.150  伸身ユルチェンコ2回ひねり 326 GALIULINA Luiza 12.850 325 ELIZAROVA Darya 13.800 313 大島杏子 13......続きを読む»

男子体操競技東・西ブロック指導者・選手講習会情報

 競技者育成プログラムに基づく、各地域の指導者の研修とジュニア選手強化の講習会(JOC委託事業)を下記要領にて開催いたします。つきましては、多くの方々のご参加いただきますようご案内申し上げます。 ■目的  競技者育成プログラムに基づき、各地域の指導者の研修とジュニア選手強化のために、標記講習会を開催し、トレーニングマニュアルを基本に、海外合宿等で得た最新技術の伝達を行うことで指導者や選手のス......続きを読む»

広州アジア大会女子団体総合レポート

 すでに競技を終了しているウズベキスタンと韓国は、ウズベキスタンが12.937平均の207.950、韓国が12.928平均の206.850。 この2チームの得点を上回ればメダル獲得となる。 第3班(日本・中国) 第1ローテーション  日本は平均台、中国は段違い平行棒。日本は、エース鶴見虹子選手が後転とび~後方伸身宙返りで大きくふらつくミスを出したが、他の選手はうまくまとめ、まずま......続きを読む»

第28回全日本ジュニア新体操選手権大会レポート(男子)

■1日目  各地で開催されたブロック大会を勝ち上がった43名の若き精鋭が集まった今大会は、昨年のような突出した存在が少なかったこともあり混戦が予想されていた。だが、大会のフタを開けてみれば意外ときっちり上位とそれ以外とが分かれる展開になった。ロープ・クラブの種目別上位者はそのまま個人総合の入賞者とイコールしており、どの種目も平均して力を出せる選手が結局は強いということなのだろう。  個人......続きを読む»

第28回全日本ジュニア新体操選手権大会レポート(女子)

■1日目  2010年10月22日(金)~24日(日)ここ国立代々木代位1体育館で開催されました。  女子は全国から各ブロックでの予選を勝ち抜いた精鋭が個人51名、団体19チームが参加競技第1日目は女子個人前半競技種目のロープ、フープが行われ、熱い戦いが繰り広げられました。これからの日本の新体操発展を考えるとジュニアの力が重要になると思います。この大会で個人総合上位12位までの選手(20......続きを読む»

広州アジア大会現地レポート男子団体

 体操競技の会場であるAsian Games Townは選手村内に設営されており、選手村からのシャトルバスで約7~8分のところに位置する。外観は近代的であり、非常に大きな建物である。体操競技のほかにビリヤードとスカッシュ競技も同じAsian Games Town内で競技される。13日に男子団体総合決勝から始まり、14日に女子団体総合決勝、15日に個人総合決勝、16日に種目別決勝前半、17日に種目別決......続きを読む»

スポーツ選手活用体力向上事業報告:富山

■指導場所 富山県 富山市 晴雲幼稚園 ■期日 平成22年10月28日(木) ■指導対象生徒 年長 42名(21名を二コマで実施) ■講師 渡邊 光昭 ■趣旨  幼少時期は身体的成長が最も著しい時期であり、その黄金期に基礎的・効果的な運動機能練習を園児と合わせて先生達に学んでもらいたいとの思いから申し込みました。 ■報告  当日、元気で明るい年長児に迎えられホールに入る。5歳児の子ど......続きを読む»

スポーツ選手活用体力向上事業報告:和歌山

■指導場所 和歌山県 白浜町 白浜第二小学校 ■期日 平成22年10月25日(月) ■指導対象生徒 小学校1年~6年 81名 ■講師 渡邊 光昭 ■趣旨  本校では、毎日登校時から授業開始までの時間を利用して運動習慣を身に付けることを目的とした『5分間走』を実施していますが、この事業を通じて正しい走り方を再度確認したいと考えます。また、長距離走や体操競技などに含まれる『走る』『跳ぶ』などの......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2866
  • 累計のページビュー:19302845

(08月20日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss