日本体操協会公式ブログ

月別アーカイブ :2008年08月

世界新体操選手権「1年前記念イベント」

 来年9月に世界新体操選手権が三重県営サンアリーナ(伊勢市朝熊町)で開催されます。この大会の開催を1年前に控え、記念イベントを開催します。  新体操の技の解説やルール、観戦のポイントを紹介、さらに、県内新体操選手による演技発表や市民応援団の結団式も実施しますので、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。 1 とき   平成20年9月6日(土)   13時30分から16時30分まで 2 ......続きを読む»

北京オリンピック帰国演技報告会予定

①9月23日(祝)  愛知体操協会 「東海テレビ開局50周年記念・スポーツフェスティバル」  愛知県体育館 第一競技場  *男女体操競技・新体操(柔道・レスリングも出演予定)   ②9月25日(木) 山形県体操協会「東根工業高校・創立60周年記念」   * 新体操 ※事業形式変更に伴う本会事業からの削除 ③9月27日(土) 13時30分開場予定 北海道体操連盟「湿原の風......続きを読む»

北京オリンピック新体操予選2日目レポ

 8月22日、北京工業大体育館で新体操予選2日目の競技が行われた。1日目に行われたロープの種目と2日目のフープ&クラブの種目の合計得点により決勝進出8チームが決定する。この決勝目指して各チームはエネルギー溢れる演技で熱い戦いが繰り広げられた。  試技順1番で日本のフェアリージャパンが登場した。これまで2年以上の合宿生活をして、共にこの北京オリンピックを目指して練習を積んできた力を発揮しようと気......続きを読む»

男子帰国コメント

冨田洋之  北京オリンピックは幸せな時間があり幸せな空間だったので僕にとっては幸せなオリンピックでした。6人が日本らしい美しい体操をして勝ち取った銀メダルなので本当にうれしく思いますし、このチームでがんばれたことを誇りに思います。 今は、正直、疲れ果てた感じで帰ってきたので、試合に向けてというより休みたいという気持ちです。 内村航平  僕にとって北京オリンピックは今までに味わったことのな......続きを読む»

北京オリンピック新体操予選1日目レポ

 8月21日、北京工業大学で新体操団体の予選が始まった。団体はロープの種目とフープ&クラブの2種目の合計得点により予選が競われる。1日目はロープの種目が行われた。オリンピックシドニー大会、アテネ大会で金メダルを獲得しているロシア、ヨーロッパ選手権でロシアを抜いて優勝したイタリア、成長著しい地元の中国など昨年の世界選手権大会の予選を通過した世界の強豪12チームがオリンピックの舞台に挑んだ。  イ......続きを読む»

女子帰国コメント

上村美揮  オリンピックに出場できるということだけでとてもうれしかったんですけど、団体決勝に進出できたことも大きなうれしさになった大会でした。今は本当に支えてくださった方々への感謝の気持ちでいっぱいですし、皆さんの応援が支えになったことを感じています。今後とも応援よろしくお願いします。 大島杏子  北京オリンピックはすごく思いきって演技できた大会でした。ここまで私を支えてくださった方々に対......続きを読む»

北京オリンピック種目別決勝3日目レポ

◎ 平行棒 1番手 ペトコフセク選手(スロベニア) いきなり世界的名選手の登場、実施に定評のある選手だけに後続の選手にプレッシャーをかける素晴らしい演技が期待された。 棒下宙返り3/4ひねり倒立~棒下宙返り倒立~棒下宙返りひねり倒立~ベーレ、チッペルトと素晴らしい実施の演技が続いたが、ヒーリーで体重が乗りすぎる実施になってしまい、続く倒立をかかえこみ姿勢で調整するまさかの大きなミス、その後......続きを読む»

北京オリンピック種目別決勝2日目レポ

◎ つり輪 1番手:ヨフチェフ選手(ブルガリア) 35歳とは思えない力強い演技を続けていったが、屈身ヤマワキで明らかに流れがとぎれ、終盤のほんてん倒立で胸が落ちてしまい、静止することができなかった。終末技の後方伸身2回宙返り1回ひねり下りも大きく前に1歩出してしまい、得点は15.525(Aスコア6.80)。後続の選手の顔ぶれを見るとメダル獲得は厳しい状況になった。 2番手:ヴォロヴィオ......続きを読む»

北京オリンピック種目別決勝1日目レポ

男子ゆか  トップバッターのゴロツコフ選手(ロシア)が、F難度の後方伸身2回宙返り2回ひねりの着地をピタリときめるなどすばらしい演技で15.725(Aスコア6.50)を獲得。レベルの高いメダル争いが期待される出だしとなった。  しかし、2番手のドラギュレスク選手(ルーマニア)が入り技の後方伸身2回宙返り1回ひねり~前方かかえこみ宙返り転で回転しすぎて背中から落ちるような実施となってしまい、次......続きを読む»

北京オリンピック・トランポリン予選

男子 予選5位 外村哲也 決勝進出 予選9位 上山容弘 リザーブ1 女子 予選12位 廣田 遥 予選落 日本トランポリン協会サイト 決勝進出を果たした外村選手 ...続きを読む»

北京オリンピック女子個人決勝レポ

 女子個人総合は、団体戦と同様にアメリカ対中国の一騎打ちの様相を見せた。  第一ローテーション(跳馬)では、アマナール(ユルチェンコとび2回半ひねり)に挑戦した中国のJIANG選手がしりもちをつき、残念なスタートとなった。同じくアマナールを見せた世界チャンピオンのジョンソン選手(アメリカ)、ユルチェンコとび2回ひねりを行ったYANG選手(中国)は共に着地をまとめた。そして一番見事であったのはリ......続きを読む»

北京オリンピック男子個人決勝レポ

 これも10点を廃止したルールの影響なのか。昨年の世界選手権同様、大過失の目立つ試合展開の中、ミスを最小限に抑え、A得点合計でも優位に立つ中国の楊威が優勝。あん馬でミスを出した内村は2位、つり輪でアクシデントに見舞われた冨田は4位となった。 <第1ローテ>  日本から出場の冨田、内村はゆかスタート。優勝候補の楊威ら、予選上位6名がゆかから開始する。この班の選手の動向がメダルを占うのに重要。そ......続きを読む»

北京オリンピック女子団体決勝レポ

 2006年世界選手権・オーフス大会で世界の頂点に初めて立った中国女子チームは、地元開催のオリンピックで初めての金メダルを手にした。男子の優勝とともにその活躍と努力を讃えたい。そして女子は5位と大躍進。ミスをしない演技を前提とした強化の方向性が、ミスの許されない団体決勝において結果として表れた瞬間だった。 <第1ローテ>  ゆかは比較的A得点を獲得しにくい種目のため、得点が伸びない。しかし、......続きを読む»

北京オリンピック男子団体決勝レポ

 男子団体決勝が終了。中国強し!今回の戦いぶりにおいて、敵ながらその優勝をたたえたい。そして最後まであきらめない姿勢をみせて銀メダルを獲得した日本チームに感謝したい。 <第1ローテ>  中国の陳がゆか最初の演技者として登場。安定した演技を続けていたが、最後の月面宙返りでライン減点。6-3-3制の団体決勝における最初の演技者にかかる精神的な負荷は計り知れない。その中でまずは最低限の仕事を果たし......続きを読む»

北京オリンピック女子団体予選レポ

 まずはこの団体予選制度になってから初めての決勝進出を達成した選手、そしてそれを支えてきた方々を労いたい。  最初の種目、段違い平行棒。もっとも緊張する最初の演技を任されたのは主将の上村だが、出だしのシュタルダー1回ひねりの部分で回転が不足し1/2ひねりになってしまう。その後もバランスを崩す場面がみられたが持ちこたえ、大過失を出さずに演技をまとめた。演技構成が変わってしまい、余分な技を実施すれ......続きを読む»

北京オリンピック男子団体予選レポ

 跳馬とあん馬に大きな過失を出したが、団体予選の日本の戦いぶりには、チームとしてのまとまりを感じた。沖口のけがが完治せず、チーム状態としては、決して万全とは言えない。しかし、その状況だからこそ、それぞれが持てる力を出し切ろうという気持ちが演技から伝わってきたからかもしれない。  度重なるケガから復帰してきた鹿島が平行棒の最初の演技をまとめ、流れを作る。その後、五輪初出場となる中瀬、坂本、内村は......続きを読む»

北京オリンピック女子予選終了

女子予選終了 団体総合予選 1.CHN 248.275 2.USA 246.800 3.RUS 244.400 4.ROU 238.425 5.AUS 235.450 6.FRA 233.875 7.BRA 233.800 8.JPN 233.175 9.GBR 232.425 10.ITA 231.275 11.UKR 231.125 12.GER 230.800 ......続きを読む»

北京オリンピック女子予選1,2班終了

女子1,2班終了 団体 1 CHN 248.275 2 USA 246.800 3 ROU 238.425 4 JPN 233.175 5 GBR 232.425 6 ITA 231.275 個人 1 JOHNSON Shawn USA 62.725 2 LIUKIN Nastia USA 62.375 3 YANG Yili......続きを読む»

北京オリンピック男子予選終了

男子予選終了 団体総合予選 1.CHN-374.675 2.JPN-369.550 3.RUS-366.225 4.KOR-365.675 5.GER-365.675 6.USA-365.200 7.FRA-361.200 8.ROU-359.350 9.CAN-358.975 10.BLR-357.950 11.ESP-357.925 12.IT......続きを読む»

北京オリンピック男子予選2班終了

男子2班終了 団体 1.CHN 374.675 2.JPN 369.550 3.RUS 366.225 4.USA 365.200 5.FRA 361.200 6.CAN 358.975 7.ESP 357.925 8.ITA 355.500 個人 1.YANG Wei(CHN) 93.875 2.内村(JPN) 92.050 3.坂本(JP......続きを読む»

北京オリンピック男子予選1班終了

男子1班終了 団体 1.USA 365.200 2.ESP 357.925 3.ITA 355.500 個人 1.HORTON Jonathan(USA) 91.650 2.MARTINEZ Rafael(ESP) 90.800 3.ARTEMEV Alexander(USA) 89.725 ゆか 1.DEFERR Gervasio(ESP) 15.825-6.5 2.......続きを読む»

体操コラボブログ立ち上げ

 体操のコラボブログを立ち上げました。日本体操協会とその傘下にある各連盟のブログを集め、日本の体操界の様々な情報を見ることができます。ぜひお立ち寄りください。 体操コラボブログ ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:9003
  • 累計のページビュー:19178275

(06月28日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss