日本体操協会公式ブログ

月別アーカイブ :2008年05月

全日本新体操ユース写真販売情報

 大会出場関係者のみに対して、SASAKI CUP全日本新体操ユースチャンピオンシップの画像を販売しております。passwordのお問い合わせは各所属の責任者へご確認ください。 フォトクリエイト・大会写真購入サイトへ ...続きを読む»

全日本新体操ユース男子レポート

 今大会は、男子新体操(個人種目)が初めて導入される歴史的なものとなり、全国から35人の選手がエントリーして競いあった。いずれにしても、念願であったユースチャンピオンシップ(SASAKI CUP)への男子参加は関係者一同、感慨深いものがある。  さて、外では大雨の降る日もあったが、上位6位までが全日本選手権へのキップを得ることができることから代々木第一体育館では熱戦が繰り広げられた。第一日目は......続きを読む»

男子北京強化合宿レポート

 5月25日、男子北京オリンピック代表が招集され、初めての試技会が報道公開された。岡山での代表選考会(NHK杯)後、3週間が経過したが、その間、試合のあった選手(坂本、内村両選手)やけがの治療中の選手など、全種目を実施しない選手もいるものの、つり輪などA得点を向上させる演技構成に挑戦するなど、チーム一丸となったスタートを印象づけた。以下、選手の試技会後のコメント。 【内村航平】  NHK杯終......続きを読む»

天津国際現地レポート3

 15日、決勝競技が終了しました。結果は、以下の通りです。 ゆ か:1位内村(日本)15.925 2位オニール(カナダ)15.850 3位ダシルバ(フランス)15.750 あん馬:1位シャオ・キン(中国)16.375 2位ウデ(クロアチア)15.825 3位セリグマン(クロアチア)15.725 5位星(日本)15.100 つり輪:1位チェン・イービン(中国)17.000 2位......続きを読む»

北京オリンピック班編成

 5月15日、天津で開催された北京オリンピック班編成抽選会の結果、体操競技日本男子は2班平行棒から、日本女子は2班段違い平行棒からスタートとなった。  また、新体操団体は、ローテーション1:ロープ7番目、ローテーション2:フープ+クラブ1番目となった。  なお、トランポリンは女子が11番目、男子が9番目と13番目の演技順となった。 ...続きを読む»

天津国際現地レポート2

 14日、予選競技が終了しました。若干ミスも出ましたが、まずまずと言った内容でした。決勝に進出した種目は、内村選手、星選手とも、出場した全種目に残る事が出来ました。明日の決勝では、過失を出さないように頑張りたいと思います。 上位選手の結果は、以下の通りです。 <ゆか>  1位ゾウ・カイ(中国) 2位キム・スミュン(韓国) 3位内村(日本)15.800 <あん馬>  1位シャオ・キン(中......続きを読む»

天津国際現地レポート

 本日、ポディウムトレーニングが終了しました。会場は、1999年に開催された「世界選手権」と同じ会場となり、10日まで「中国国内選考会」が行われていたので、世界選手権と同じようにポディウムが組まれていました。  通常行われているワールドカップシリーズとしては、参加人数が少なく、規模の小さな競技会となりそうです。特に、男子においては、11日まで「ヨーロッパ選手権」がスイス・ローザンヌ(1997年......続きを読む»

演技映像をあなたが採点(WEB選手権)

 男子新体操全国WEB選手権カルピスソーダカップ一般参加の「はじけ度」採点が5月12日より6月20日まで行われる。「はじけ度」とは、審査員となるあなたの気持ちが、どれだけ「はじけた」のかを示す度合いで、エントリーされている演技を見て「感動した」、「元気が出た」、「さわやかな気分になった」という気持ちが沸いてきたら、高いはじけ度(5段階評価)となる。詳細は下記大会公式サイトへ。 <1次予選通過チ......続きを読む»

NHK杯競技2日目

 5月6日、2次予選から数えて4回目の北京オリンピックへのトライアルが終わった。白熱した代表争い、そして自分の集大成をぶつけた演技には心打たれるものがあった。また、怪我により志半ばにして演技ができなくなってしまった選手の目からこぼれた涙にも熱いものを感じた。  NHK杯のタイトルは、冨田洋之選手(セントラルスポーツ)と大島杏子選手(朝日生命体操クラブ)の手に渡った。特に大島選手は終始安定した演......続きを読む»

北京五輪代表決定

 5月6日、第47回NHK杯兼北京オリンピック代表決定競技会の競技2日目が行われ、男女の日本代表選手が下記のとおり決まった。 【男子代表】 冨田洋之(セントラルスポーツ) 内村航平(日本体育大学) 坂本功貴(順天堂大学)) 鹿島丈博(セントラルスポーツ) 沖口 誠(KONAMI) 中瀬卓也(徳洲会体操クラブ) 【女子代表】 大島杏子(朝日生命体操クラブ) 上村美揮(朝日生......続きを読む»

NHK杯競技1日目

 5月5日、岡山・桃太郎アリーナにて開催されている第47回NHK杯兼北京オリンピック代表決定競技会の競技1日目が行われ、2次予選の持ち点を加えた個人総合で、男子は跳馬とゆかでミスを出したものの他の種目をまとめてきた冨田洋之選手(セントラルスポーツ)が、そして女子は全種目ミスなく演技を行った大島杏子選手(朝日生命体操クラブ)と美濃部ゆう選手(同)がトップに立った。  男子2次予選トップ通過の内村......続きを読む»

第47回NHK杯兼北京オリンピック日本代表決定競技会

【競技予定】 5月5日(月・祝)一般開場 10:30  午前イベント(子ども体操祭) 11:00~12:00  競技 14:15~16:45 5月6日(火・祝)一般開場 10:30  午前イベント(国体選手演技会) 11:00~12:00  競技 14:15~16:45  代表発表 ※上記、時程は若干変更になる場合がございます。ご留意ください。 【場所】  桃太郎アリーナ ......続きを読む»

NHK杯事前会見

■上村美揮選手(朝日生命体操クラブ)のコメント  2次予選のときに左のかかとを痛めて、練習が不足している分、不安もあります。2次予選でトップになったことについて特に下位の選手と差があるわけではないので、スタートは一緒の気持ちでこの大会に臨んでいます。オリンピックの代表になりたいので、後悔のない思い切った演技をしたいと思います。 ■鶴見虹子選手(朝日生命体操クラブ)のコメント  2次予選前に比べ......続きを読む»

NHK杯会場設営

 5月3日、北京オリンピックを目指した競技会を前に、岡山県内の大学生、高校生らが手伝ってがポディウム及び男女各種目の設営が行われた。設営開始時には選手たちの練習時刻に間に合うか懸念されたが、それぞれ献身的な働きでほぼ完成。1983年大会以来2度目となる岡山でのNHK杯開催は、県協会のフェアプレーでスタートした。 ...続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:9003
  • 累計のページビュー:19178275

(06月28日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss