日本体操協会公式ブログ

第47回世界体操レポート/ポディウム練習2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会情報・結果

現地9月30日、男子4班と女子1から2班のポディウム練習が行われた。

【男子4班】  韓国、ブラジル、オランダ等が登場。韓国YangHakSon選手は跳馬のみの演技。右太もものサポーターが気になるが、ヤンハクソンとロペスを跳ぶ。ブラジルZanetti選手、力技の表現は見ごたえがあるが少し練習不足の感じが見受けられた。同じくブラジルMariano選手もゆかの演技をおこなったが、リオデジャネイロオリンピック時の勢いは強く感じられなかった。オランダZonderland選手、平行棒と鉄棒の練習に取り組む。平行棒の動きはよくなかったが、鉄棒はさすが。アップなしで「エンドー1回ひねり大逆手、カッシーナ、伸身コバチ、コールマン~伸身ゲイロード2、アドラーひねり、シュタルダー1回半ひねり大逆手、ホップターン、伸身新月面」を成功させた。トルコColak選手がつり輪における力技の表現を多方面で意識している感じを受けた。ニュージーランドKoudinov選手がゲイロード1回ひねりを成功。チリGonzales選手がゆかで丁寧な演技。以上、男子予選は現地10月2日からいよいよ始まる。

【女子1班】  イギリスなどが登場。イギリスFragapane選手、ゆか伸身月面からジャンプなどビッグタンブリング。イギリスGeorgia-Mae Fenron選手、段違い平行棒、シュタルダートカチェフひねり~前方伸身宙1回ひねり下移動など個性的な移動技を連続。オーストラリア選手、マロニーひねりに積極的に取り組む。スペイン選手、マロニー~ギンガーなど移動技と手放し技の組み合わせを実施。

【女子2班】  ベルギー、カナダ、ロシアが登場。ベルギーDerwael選手が最初の段違い平行棒で個性的な演技構成で多くの目を引く「シュタルダー屈身トカチェフ、シュタルダートカチェフひねり~エジョワ、シュタルダーシャポ~パク1回ひねり、マロニーひねり、フット1回ひねり~月面」。ロシアMelnikova選手難しい技を行うがミスが目立つ。ロシアPaseka選手、腰にサポーターを巻いてゆかは通しを行わなかった。跳馬はアマナール等決める。ロシアEremina選手が一人気を吐く。段違い平行棒でのフット伸身トカチェフは一見の価値あり。地元カナダの演技も非常に目を引く。右足首のテーピングが気になるBlack選手、ゆかの通しの宙返りのシリーズでミスを出したが、その他はスピードある動きを披露。Moors選手、前方系の技の目立つ演技を披露。平均台では前転とびから前方伸身宙1回半ひねり下り、ゆかでは前方かかえ込み2回宙返り半ひねり(ポドコパエワ)を決める。全体的に多くの選手がゆかの振り付けを意識した取り組み。 女子は10月1日に3~5班がポディウム練習を実施。最終の5班に日本が登場。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
体操競技大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第47回世界体操レポート/ポディウム練習1日目【日本体操協会公式ブログ】

世界中の演技を見せてよ【Armar know Jack Bigwild】

第70回全日本新体操選手権大会(9/30からチケット発売)【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2695
  • 累計のページビュー:19663024

(10月17日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss