日本体操協会公式ブログ

第35回世界新体操選手権大会レポート5

このエントリーをはてなブックマークに追加

【大会最終日】 第35回世界新体操選手権ペサロ大会最終日は、団体種目別決勝が行われた。各種目のベスト8が出場できるが、昨日団体総合で42年ぶりの銅メダルを獲得できた日本(フェアリージャパンPOLA)はフープ、ロープ&ボールともに4位で駒を進めた。

《種目別決勝フープ5》 試技順1番はウクライナ。 交換の移動や連係の移動が多くあったことと、パンシェのローテーションで1人が回りきれず、早く起き上がってしまう。 D9.500 E7.850 計17.350

2番はベラルーシ エカルテバランスのキープが足りないことと、連係でキャッチするべき人ではない人がキャッチしたところがあったが、全体的には大きなミスがないように見えた。 しかし、難度点が伸びず、 D9.600 E8.425 計18.025

3番はアゼルバイジャン スケールバランスの開脚度、ジャンプターンの開脚度が足りず、連係でもワンバウンド気味でキャッチした。 D9.600 E8.250 計17.850

4番は地元イタリア。 昨日日本に0.025足らず4位に甘んじたこともあり、なんとしてもメダルを手にしたいところ。 そしてイタリアは、1箇所の交換が乱れて足キャッチを手でのキャッチに変更したが、そのほかは大きな乱れはなく、音楽に合った緩急のある演技を見せた。 D10.000 E8.900 計18.900 の得点が表示されると、会場に歓声が鳴り響いた。 イタリアの観客は他の国の演技を、固唾を飲んで見守るという状況となった。いけないと思っても、他の国の失敗を願っているというところであろうか。

5番は中国。 大きなミスも移動も少ないが、ジャンプターンやエカルテバランスなどBD(身体難度=ジャンプ、バランス、ローテーション)がカウント(加算されない)できないと思われた。 D9.300 E8.050 計17.350 この大会では、トップの国と競うように得点が表示されるのであるが、現時点で1位のイタリアに対し、17.350の数字が出ると、大歓声である。

6番はロシア。 出だしの連係で乱れがあり、他の連係でもフープを床に接触させながらキャッチした場面があるなど前半はリズムが悪い。後半なんとか持ち直したが、 D10.000 E8.700 計18.700 イタリアが金メダルに近づいた。

そして7番に日本。 日本は交換で若干の移動はあったものの、昨日より出来は良く、非常に安定感があった。 D10.000 E8.600 計18.600 ロシアに0.100及ばなかったが、すばらしい出来であった。

ラストはブルガリア。 前半の滑り出しは良かったが、中盤のR(リスク=手具を投げ上げ、2回転以上の回転を行う)の前に、フープの操作がもたつく。 そして他の4人より遅れてフープを投げ上げたが、コースが逸れたのか、回転をせずに走ってキャッチすることとなった。 以前の大会で、この箇所で場外するキャッチミスを犯した選手だけに、なにか精神的な不安を抱えている箇所だったのかもしれない。 D9.700 E8.550 計18.250

結果 1位イタリア 18.900 2位ロシア 18.700 3位日本 18.600 4位ブルガリア 18.250 5位ベラルーシ 18.025 6位アゼルバイジャン 17.850 7位中国 17.350 8位ウクライナ 17.350 *同点の場合はE得点が高い方が上になる。

日本は団体総合に続いて、フープの種目でも銅メダルを獲得した。 (出場選手) 杉本早裕吏 松原梨恵 国井麻緒 竹中七海 鈴木歩佳

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今年活躍の選手の何%が残っていくのか【Armar know Jack Bigwild】

第35回世界新体操選手権大会レポート4【日本体操協会公式ブログ】

第35回世界新体操選手権大会レポート3【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2265
  • 累計のページビュー:19742253

(11月21日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss