日本体操協会公式ブログ

第35回世界新体操選手権大会レポート3

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会情報・結果へ 【大会3日目】 第35回世界新体操選手権ペサロ大会3日目は、個人総合予選に出場した90名の選手から、上位24名で戦う個人総合決勝が行われた。

《個人総合決勝》 日本から出場している皆川夏穂と喜田純鈴はともに決勝に残り、1位から12位はAグループ、13位から24位はBグループと12名ずつのふたつのグループに分かれての試技である。予選9位の皆川はAグループ、21位の喜田はBグループとなったが、まずはBグループの演技から。

Bグループの試技順1番はジョージアのSalome。独特の世界観を持つ彼女は世界中にファンがいて、今大会でも高い人気を誇った。 Salomeはフープの演技からであったが、故障から復帰したばかりでまだ多くの試合をこなしていないため、試合勘が戻っていないような感じであった。 フープ、ボールそれぞれにもたつきがあり、クラブではなんとかまとめたが16.300。リボンではリボンの足投げで投げすぎてしまい、R(リスク=手具を投げ上げ、2回転以上の回転を行う)で落下。13.900 最後に痛いミスが出てしまった。

アジア選手権を戦ったウズベキスタンのSERDYUKOVAやカザフスタンのASHIRBAYEVAらも、落下などがあり、本来の動きではない。

ウクライナのDIACHENKOは、リボンの種目からであったが、Rで落下して13.450と厳しいスタートとなった。ボールでもラストのRで、足キャッチができずにボールは場外に転がっていき、手具なしでポーズを終えることになった。

同じくウクライナのMAZURも、フープでは15.800、ボールでは15.700、クラブでは15.350と、コンスタントに点数を重ねていたが、最終種目のリボンで脚の下から投げる技でリボンにスティックがからみ、落下。ラストのAD(加点の可能性のある手具操作)でも落下し、13.800。

ルーマニアのFILIORIANUはとても動きがはっきりした選手で、BD(身体難度=ジャンプ、バランス、ローテーション)もカウントしやすい(加算しやすい)。 リボンはRで投げすぎてしまい、やっとのことでキャッチしたこともあって14.800であったが、クラブやフープはともに16.150を出し、Bグループの1位になりそうな状況であった。

そんな中、先に演技を終えたのは日本の喜田。 最初の種目ボールは、予選で、ラストのADで落下ミスし、手具なしで終わった種目。 しかし、この日の喜田は状況判断がよくできており、中盤の回転をしながら腰でボールを挟むADでは、ボールがななめにあがってしまったために、回転自体を行わず、そのままキャッチした。 ラストのADは、今日は決まり、順調なすべりだし。D難度点が7.100でもっとほしいところであったが、E実施点は8.200で15.300。

クラブの種目も、予選では出だしと中盤のADでミスをしているが、今日はそのすべてを修正した。Rの投げが大きくなったが、執着心をもってキャッチ。エカルテやスケールのバランスのFIXが足りなかったがD7.700 E7.850 15.550。

リボンも、予選のミスを修正して落下ミスなしで演技し、D7.400 E8.150 15.550。 そして最終種目はフープ。予選ではすばらしい演技で17.000を出し、種目別決勝7位入賞した種目であるだけに期待が持てる。 その期待どおり、のびやかに演技し、途中スケールバランスの際、フープのまわしにもたつきが出たことで、上体を90度まで倒すことができなかったが、最後のRやADを決め、4種目を落下ミスなく演技した。フープはD8.400 E7.900 16.300 4種目総合62.700でSalomeを抜いてトップに立った。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【関係者】第72回全日本体操競技選手権大会出場資格者情報【日本体操協会公式ブログ】

第35回世界新体操選手権大会レポート2【日本体操協会公式ブログ】

第35回世界新体操選手権大会レポート1【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:3776
  • 累計のページビュー:19452422

(09月21日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss