日本体操協会公式ブログ

2017新体操チャレンジ杯ロシア大会2

このエントリーをはてなブックマークに追加

【大会2日目】 大会情報・結果へ 新体操WCCカザン大会(ロシア)2日目は、団体総合後半と個人総合後半が行われた。

《団体総合後半ロープ&ボール》 試技順1番はベラルーシ。 ロープを渡す際にうまくいかずロープを落下。 ラストの連係もボールを投げられないなど、いくつかのミスが出た。 16.450(D9.100 E7.350)

試技順2番は日本(フェアリージャパンPOLA)。 前回のミンスク大会はボールの両手受けが多くなったことからその点を改善し、ほとんどの箇所を片手受けにチャレンジした。細かい移動キャッチはあったが、大きなミスはなく17.400(D9.300 E8.100)。 これまでの大会であれば、この出来ではDが10.000出ていたが、どんな問題があったのかリサーチしなければならない。 世界選手権が近づき、審判員の見方が非常に厳しくなっているとの情報は得たが、問題点を抽出してクリアしていくことで、D得点も上がるであろう。 ミンスクからカザンに移動し、大会の事前練習で出だしの連係や中盤の連係を変更した。選手は対応に追われたが、変更したものを試合でやり遂げられたことは評価に値する。まだ曲と動きの不一致箇所があるので、世界選手権まで残り少ない日数ではあるが躍りこむことで、見栄えもよくなっていくに違いない。 (出場選手) 杉本早裕吏 松原梨恵 横田葵子 竹中七海 鈴木歩佳

前半2位のブルガリアは、ロープのキャッチが乱れ、そのままあわてて投げてしまったことにより、ロープのED(交換)が大きくなり、場外キャッチ。 その後も投げがやや不安定になり、リズムが少々崩れてしまった。 17.200(D9.800 E7.700 P0.3)

ロシアはボールの片手キャッチも多く、全体的に余裕が出てきたような感じがする。大きさもあり、18.800(D10.000 E8.800)。

イタリアは両手キャッチや不正確なキャッチもあったが、多彩な技を披露して18.300(D10.000 E8.300)。

結果、昨日のフープとの合計点により、 1位ロシア 2位イタリア 3位日本 4位ブルガリア

日本はミンスク大会に続き、総合でのメダルを獲得した。

しかし、どのチームもミスなしで演技した場合は、ロシア、イタリア、ブルガリアがやはり強い。そこに日本は必死に食らいついている感じであるが、以前はメダルを獲得するだけで喜べていたが、いまはそれだけでは納得できないところにきている。 成長できている証であるとは思うが、世界選手権はまた別物と肝に銘じ、気持ちを一に戻して戦っていきたい。

《個人総合後半》 皆川夏穂はリボンの種目から。 出だしは美しく演技していたが、中盤のR(リスク=手具を投げ上げ、2回転以上の回転を行う)をからめたジャンプBD(身体難度)で、スティックがリボンに絡まってしまった。 なんとかキャッチしたが、ジャンプ時の手具操作がなくなり、BDもRも点数がなくなった。 ラストのブーメランも時間がなくただ投げただけになったので、D得点が伸びず、14.550(D6.600 E7.950)。 クラブはころがしのAD(加点の可能性のある手具操作)で落下。あとは踏ん張ったが、今日は全体的にBDが甘い感じがした。15.750(D8.200 E7.550)。

喜田純鈴(きたすみれ)は、リボンのラストのRが大きくなったが、スピードを上げながら回転を入れた。キャッチしたときのリボンのたるみがいくつかあったが、落下ミスは防いだ。15.100(D7.500 E7.600)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

平成29年度全国高校総体新体操大会 個人総合 優勝~3位【全国高体連体操部ブログ】

平成29年度全国高校総体新体操大会 団体総合 優勝校【全国高体連体操部ブログ】

2017新体操チャレンジ杯ロシア大会1【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:3121
  • 累計のページビュー:19296990

(08月18日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss