日本体操協会公式ブログ

2017新体操チャレンジ杯ドイツ大会レポート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

【大会初日】 大会情報・結果へ 新体操WCCベルリン大会(ドイツ)は、7月7日に開幕した。 日本からは個人競技に喜田純鈴、柴山瑠莉子が出場した。(団体競技は不参加)

《個人総合前半》 喜田はフープの種目から。中盤の、転回しながら脚でフープを蹴るAD(加点の可能性のある手具操作)で落下。場外に出たため、大きなミスとなってしまった。しかし、後半は持ち直してD7.800 E7.450 場外減点0.6 計14.650 ボールはなんとかしのぎ、D7.400 E7.800 計15.200 落下ミスはなかったが、アジア選手権のときと比較するとBD(身体難度)が多少甘くなっていたように思う。

柴山はフープでは大きなミスを回避し、なめらかな演技を見せた。 D6.900 E8.350 計15.250 ボールは、転回しながらボールを足で蹴る際に乱れ、少し走ってキャッチ。ころがしのADでも多少乱れてD7.200 E7.600 計14.800

個人競技には41人が出場し、柴山が現在13位、喜田が15位。 喜田はボールで、種目別決勝進出を決めた。

現在1位はベラルーシのHalkina。2種目とも大きなミスはなく、流れの良い情感のこもった演技をした。フープ18.400、ボール17.550

2位はロシアのSELEZNEVA。BDもADもクリアであった。フープ17.250、ボール18.150。

ベラルーシ期待のHARNASKOは、フープの出だしで落下し、大きく場外。 ボールでもR(リスク=手具を投げ2回転以上の転回を行う)やADで落下、ラストのRでも落下して、手具なしで演技を終えてしまった。 フープ14.100、ボール12.500

個人競技はどの国の選手も落下ミスが多く、場外まで手具をとりにいくケースが何度も見られた。ADやRを多く入れていることも要因であろうが、多く入れないと難度点が上がっていかないため、とにかく熟練度を増していくことが重要である。

《団体総合前半》 日本は不参加であり、出場国数も8ヵ国と少ないため、優勝争いはロシア、ウクライナ、ベラルーシに絞られている状況。 団体競技の方はどの国も落下ミスが少なく、予想どおりロシア、ウクライナ、ベラルーシの順で前半を折り返した。 3ヵ国とも難度点は10.000。実施勝負でロシアが18.700、ウクライナが18.500、ベラルーシが18.400となっているが、僅差であるため、明日のロープ&ボールの出来如何で順位が入れ替わることもあるだろう。

明日は個人総合後半、団体総合後半が行われる。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

山形総体からのインフォメーション【全国高体連体操部ブログ】

平成29年度全国高校総体競技順序抽選結果【全国高体連体操部ブログ】

山形総体DVD(体操競技決勝はブルーレイも)販売予約開始【全国高体連体操部ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2118
  • 累計のページビュー:19225952

(07月19日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss