日本体操協会公式ブログ

2017アジア新体操選手権レポート3

このエントリーをはてなブックマークに追加

【新体操第9回アジア選手権・第15回アジアジュニア選手権大会3日目】シニア大会情報・結果へ ジュニア大会情報・結果へ

6月26日、新体操第9回アジア選手権・第15回アジアジュニア選手権(カザフスタン/アスタナ)3日目は、アジアジュニア団体種目別決勝ロープ、ジュニア個人総合決勝、アジア選手権団体種目別決勝フープ、シニア個人総合決勝が行われた。

《アジアジュニア団体種目別決勝ロープ》 試技順1番は中国。 ロープの不正確なキャッチは多いが、大きなミスは回避した。 ロープには珍しくエレガントな曲を使用しているが、長身で美しい選手が揃っているチームなので、個性に合っている。D7.300 E7.400 14.700

試技順2番は韓国。 韓国も落下ミスなし。大きく移動しながらも執着心をもってキャッチした。 D6.100 E6.550 12.650

試技順3番はウズベキスタン。 多少荒さはあるがエネルギッシュな演技を見せた。 D7.600 E7.250 14.850 高得点をたたき出した。

試技順4番はカザフスタン。 キャッチに移動はあるもののカザフスタンも落下ミスなし。 ここまで全チームが落下ミスなしで演技している。 D7.100 E7.300 14.400

そして最後は日本(選抜チーム)。 ミスなくやらなければ優勝はない状況であったが、日本もキャッチの移動はあったが落下ミスなく演技した。 D7.100 E7.800 14.900 思いのほかD得点が低かったが、他の国よりロープのたるみが少なくEに助けられて僅差で金メダル(2個目)を手にした。 出場選手: 小西野乃花 中村胡桃 稲木李菜子 今岡里奈 末永柚月

1位日本 2位ウズベキスタン 3位中国 4位カザフスタン 5位韓国

《ジュニア個人総合決勝》 日本からは山田愛乃選手と小池夏鈴選手が決勝に駒を進めた。 小池はフープの種目は大きなミスなく演技したものの、ボール、クラブ、リボンと落下があり、尻すぼみに出来が悪くなっていった。9位

山田はフープ、ボールと落ち着いて演技したが、やはり後半種目のクラブ、リボンでミスが出た。5位入賞を果たしたが、4種目をまとめるということができなかった。

優勝したカザフスタンのTLEKENOVAや2位のウズベキスタンIKROMOVAともに落下ミスなく4種目をまとめており、こういった強さが日本選手には必要であろう。

《シニア団体種目別決勝フープ》 日本(フェアリージャパンPOLA)は、投げが強すぎで危ない箇所はあったが、持ち前のカバー力でこなし、落下ミスなく力強く演技した。身体難度が若干甘くなる箇所もあったので、その点は修正したい。 D9.900 E8.450 18.350で今大会2個目の金メダル獲得。

出場選手: 杉本早裕吏 松原梨恵 国井麻緒 竹中七海 鈴木歩佳

2位はウズベキスタン。 身体難度に荒さがあるが大きなミスはなかった。 D9.400 E7.350 16.750

3位は中国。交換のキャッチで、投げが悪かったのかころぶようにしてキャッチするというミスが出た。 D9.100 E7.400 16.500

総合で2位に食い込んだ朝鮮民主主義人民共和国はいくつか落下ミスなどが出て6位だった。

1位日本 2位ウズベキスタン 3位中国 4位韓国 5位カザフスタン 6位朝鮮民主主義人民共和国 7位チャイニーズタイペイ 8位マレーシア

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リオ・オリンピック代表のベテランの壁は厚くて高いけど越えなきゃ先がない【Armar know Jack Bigwild】

2017アジア新体操選手権レポート2【日本体操協会公式ブログ】

第71回全日本体操競技種目別選手権大会男子鉄棒決勝【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2074
  • 累計のページビュー:19235759

(07月24日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss