日本体操協会公式ブログ

2017アジア新体操選手権レポート2

このエントリーをはてなブックマークに追加

【新体操第9回アジア選手権・第15回アジアジュニア選手権大会2日目】シニア大会情報・結果へ ジュニア大会情報・結果へ 6月25日、新体操第9回アジア選手権・第15回アジアジュニア選手権(カザフスタン/アスタナ)2日目は、アジアジュニア団体総合後半、個人国別対抗後半、個人総合予選後半とアジア選手権団体総合後半、個人国別対抗後半、個人総合予選後半が行われた。

《アジアジュニア団体総合》 本日の種目はクラブ。 昨日美しい演技を見せた中国が試技順1番。 この日もキャッチの移動やパンシェローテーションに乱れはあったが、軽やかな演技を見せてD7.600 E6.750 14.350 昨日のロープとの総合点27.250

試技順2番は韓国。 パンシェローテーションで乱れ。キャッチの移動も多く、ラストの連係ができなかった模様で、D7.000 E5.050 12.050 総合点24.200

試技順3番はウズベキスタン。 非常にこなしも良く、大きなミスなくエネルギッシュに演技した。D8.000 E6.850 14.850 総合点26.150

そして試技順4番は日本(選抜チーム) 前半はキャッチの移動も少なく、パンシェローテーションもきれいに決まった。 しかし中盤の交換で若干投げが短くなり、手元でポトリと落下。続く連係の投げが、指に引っかかってしまったのか、場外へと投げてしまった。 失敗した後の処理については十分に練習をしてきたので、場外までクラブを取りに行かず、すぐに予備手具に差し替え。その後は、リズムを狂わせることなく、最後までやりきった。 D7.500 E6.600 P0.3 13.800 総合点28.000

出場選手: 小西野乃花 中村胡桃 稲木李菜子 今岡里奈 二木乃愛

ラストは地元カザフスタン。 落下が多かったが地元の声援に後押しされ、元気に踊りきった。 D8.000 E5.900 13.900 総合点25.400

結果、日本は昨日の貯金により逃げ切り、金メダルを獲得した。 クラブの作品はロープより早めに取りかかっていただけに、うまくやりたいという気持ちが強すぎたのだと推察する。

総合では金メダルを獲得できたが、まだ種目別決勝が残っているので、総合でやりきれなかった点にチャレンジしてもらいたい。

《アジアジュニア個人国別対抗後半・個人総合予選後半》 後半種目はクラブとリボン。 小池夏鈴のリボンはAD(加点の可能性のある手具操作)のスティック背中ころがしで落下。 すぐに拾ったが、支持ありの後方ローテーション時まで、リボンが絡まったままになってしまった。D5.200 E7.050 12.250

植松智子のリボンは、多少身体に近くなるところはあったが、なんとか踊りきった。 D5.300 E7.050 12.350

飯田由香のリボンは、出だしのADがうまくいかず、リボンが床に残ったままになった。拾うのに手間取ったが、あとは美しく演じ、D5.000 E7.700 12.700

最後の種目、小池のクラブは、出だしのADで落下。パンシェのローテーションが乱れ、ラストのR(リスク=手具を投げ上げ、2回転以上の転回を行う)の投げが真上に上がり、転回を入れられないなど、いくつかミスが出た。 D4.500 E7.400 11.900

昨日は落下なしで演技したジュニア選手であるが、今日の種目はなかなかリズムが作れない。 つづく植松のクラブも、前半はうまくこなしていたが、中盤のステップで落下すると、Rでも落下してしまう。D4.000 E6.500 10.500

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第71回全日本体操競技種目別選手権大会男子鉄棒決勝【日本体操協会公式ブログ】

第71回全日本体操競技種目別選手権大会男子平行棒決勝【日本体操協会公式ブログ】

第71回全日本体操競技種目別選手権大会男子跳馬決勝【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2265
  • 累計のページビュー:19742253

(11月21日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss