日本体操協会公式ブログ

2017アジア新体操選手権レポート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

新体操第9回アジア選手権・第15回アジアジュニア選手権はカザフスタン/アスタナにて、6月24日に開幕した。日本からはアジア選手権団体競技にフェアリージャパンPOLA、個人競技には皆川夏穂、喜田純鈴、柴山瑠莉子が出場。アジアジュニア選手権団体競技には選抜チーム、個人競技には小池夏鈴、植松智子、山田愛乃、飯田由香が出場した。

《アジアジュニア国別対抗前半・個人総合予選前半》 日本のトップバッターは小池夏鈴のボール。非常に落ち着いていて、大きなミスなく演技してD6.500 E7.600 14.100 つづく山田愛乃も音楽に合わせてしなやかに演技し、D6.600 E8.300 14.900 飯田由香はボールの指回しができなかったが落ち着いて対処し、D5.700 E8.000 13.700 小池はフープもミスなく演技してD6.800 E8.050 14.850 フープに初登場した植松智子はひとつひとつを正確に演技してD6.900 E8.050 14.950 山田は小気味よく、ローテーションの軸の乗りも良く演技しD7.100 E8.450 15.550と15点台に乗せた。 ジュニア個人競技選手がそれぞれに力を発揮し、良い流れをつくってくれた。 個人総合予選前半を終えて山田が3位に、小池が6位につけている。

明日はクラブとリボンが行われ、個人総合決勝には15人が進出する(ベスト3種目の合計)

《アジアジュニア団体総合前半》 団体総合前半はロープの種目。日本は本年1月にチームを結成し、定期的な短期合宿を行ってきた。ロープの作品への取りかかりが遅れてしまい、この大会までに1ヶ月しかなかったが、選手たちはよく練習を重ねてきた。 多少の不正確なキャッチやラストのステップでのひっかかりはあったが、全体的に集中しており、クリアな演技であった。D7.400 E6.800 14.200 日本は現在1位。

出場選手: 小西野乃花 中村胡桃 稲木李菜子 今岡里奈 末永柚月

2位は中国。 ロープの不正確なキャッチは多かったが、長い手脚と繊細な動きで、非常に美しい。 D6.600 E6.300 12.900

3位は韓国。大きなミスはなかったが、連係や交換をするために移動をするなど構成上の減点もあったと思われる。D6.400 E5.750 12.150

4位はカザフスタン。 エネルギーはあったが、落下ミスや連係ミスが出てしまった。D6.300 E5.500 P0.3  11.500 5位はウズベキスタン。 交換でロープを2本落下するなどミスが多かった。D5.900 E5.400  11.300

明日はクラブの種目が行われ、ロープとの総合点で順位が競われる。

《アジア選手権団体総合前半/フープ》 本大会には10ヵ国が出場。優勝争いは日本と中国になると思われ、気の抜けない大会になることが予想された。

先に登場したのは日本。ポディウムトレーニング(本会場練習)でも安定した演技をしていたが、本番でもキャッチの移動も少なく、エネルギーのある演技を見せた。 D10.000 E8.100 18.100 実施点がもう少しほしいところであった。

(出場選手) 杉本早裕吏 松原梨恵 国井麻緒 竹中七海 鈴木歩佳

一方中国はジャンプターン時にフープを持ちかえる際に、フープを離してしまい場外に。直後の交換もできなくなってしまった。D8.500 E6.400 P0.6  14.300で現在5位。

1位は日本で、2位には朝鮮民主主義人民共和国がつけている。難しい技を次々と行っていた。D8.900 E7.500 16.400 3位はマレーシア。 大きなミスはなく、流れも良かった。D8.200 E6.200 14.400

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第71回全日本体操競技種目別選手権大会 男子予選後半(跳馬・平行棒・鉄棒)【日本体操協会公式ブログ】

第71回全日本体操競技種目別選手権大会 女子予選後半(平均台・ゆか)【日本体操協会公式ブログ】

第71回全日本体操競技種目別選手権大会 男子予選前半(ゆか・あん馬・つり輪)【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:1666
  • 累計のページビュー:19747605

(11月24日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss