日本体操協会公式ブログ

2017新体操チャレンジ杯スペイン大会レポート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

大会情報結果へ 【大会初日】 新体操WCCグアダラハラ大会(スペイン)は、6月2日に開幕した。 日本からは団体競技にフェアリージャパンPOLA、個人競技には皆川夏穂と、今季初出場となる喜田純鈴が出場した。

《個人総合前半》 シニアデビューとなる喜田はボールの種目から。新しい作品であり、半年以上も試合から遠ざかっていることから若干堅さはあったが、前半はなんとかこらえていた印象。が、ボールを腰にはさんでの支持あり後方ローテーションでボールがすっぽ抜け、場外に。0.6の場外減点も加わり、12.000と苦しい滑り出しとなった。 しかし、2種目目となるフープでは持ち直し、多少のたどたどしさはあったものの落下なしでまとめて15.400。昨年と比較すると内容も動きのスケールも成長が見える。 BD(身体難度)をつなげている箇所や、技と技のつなぎ目にまだ切れ目があるため、その点を改善することと、R(リスク=手具を投げ2回転以上の転回を行う)での待ちをなくすことで、D得点E得点ともに上がっていくであろう。

皆川はフープから。出だしのMGキックターンが崩れてしまったが、すぐに持ち直して細部まで美しい演技を披露した。17.100 ボールの種目もこれまでのどの大会より精度が良く、わくわくするような演技であった。しかし、後半にかけてボールの投げが若干不安定になり、座の足キャッチでボールをとらえきれずに場外。0.6の場外減点もあり、14.500。非常に良い演技だっただけに、もう少し判断を早くしてほしかったところである。 皆川は現在8位。

《団体総合前半》 日本は、ころがしの連係でスピードがつきすぎたことと、コースが若干逸れて、落下。取り戻しに時間がかかった。またもぐり回転での投げが大きくなり、場外でキャッチ。0.3の場外減点があった。 そのほかはどうにかしのいだものの、2箇所のミスがあったために15点台を予想していたが、結果は難度点10.000 実施7.600 場外減点0.3で計17.300。思いのほか、高い評価を得た。難度点はこれまでも10.000をとったことがあったが、実施を8点に乗せたことがないので、今後はより精度の高い実施力が必要である。 (出場選手) 杉本早裕吏 松原梨恵 国井麻緒 竹中七海 鈴木歩佳

前半1位はロシア。これまでの大会と比較すると少し落ち着いてきた感じはあるが、いくつか細かい落下(ワンバウンド)があった。18.500(D10.000 E8.500)。 2位はウクライナ。キャッチに少し移動はあったが、大きなミスは回避した。18.300(D10.000 E8.300) 3位はベラルーシ。ほぼミスのない演技で17.700(D9.100 E8.600)。 4位は中国。中国もほぼミスのない演技で17.400(D9.400 E8.000)。

5位が日本で、6位にスイス15.950。 7位フランス15.750、8位USA15.700。 地元スペインはCRR(連係)が不成立となった箇所と、ラストの連係でも投げが逸れて落下し、15.400。この種目の決勝進出はならなかった。

明日は個人、団体ともに後半種目が行われる。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

地方開催か、中央開催か…?【日本のスポーツを元気に!!!】

訃報、伊藤勝三氏【日本体操協会公式ブログ】

新体操愛媛選抜DVDを発送しました【全国高体連体操部ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2127
  • 累計のページビュー:19749731

(11月25日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss