日本体操協会公式ブログ

2017新体操W杯ブルガリア大会レポート2

このエントリーをはてなブックマークに追加

【大会2日目】 新体操W杯ソフィア大会、6日は後半種目が行われた。

日本から出場している皆川夏穂は、クラブの種目から。 演技前半は良い滑り出しをしたが、ジャンプをしながらもも打ちで投げ上げ、もう1本も同時に投げ上げる技で、大きく移動。そこからリズムが崩れて、ジャンプしながらのR(リスク=投げて2回転以上の回転をする)で落下、場外。差し替えずに場外にクラブを取りに行ったため場外減点が0.6となり、13.350。 リボンもAD(手具難度=加点の可能性のある手具操作)でいくつかもたつきがあり、ふとした瞬間の落下などもあり、14.050。 W杯タシケント大会では総合7位に踏みとどまったが、今大会はペサロ大会と同じく、前半に入賞圏内にいながら、後半崩れてしまった。 皆川の最大の課題は、昨年と同様に安定感である。クラブ、リボンともにこなしきれていない感じがあるが、このパターンを繰り返すと印象も悪くなってしまう。痛めている足首を治し、後半種目への取り組みを考えなければならないが、もも打ちの投げは昨年も入っていたのに、これだけ安定しないのであれば、他の技に替えるなどの決断も必要であろう。 次の大会までには改善策を見つけてほしいところである。

立澤孝菜はクラブのADで落下があったが、それ以外はエネルギーのある演技であった。14.900 リボンはラスト近くのバックルでのパンシェローテーションで勢いをコントロールできず、手をついてしまい、15.150 BD(身体難度)はだいぶ安定してきたように思うが、もう一踏ん張りの安定感がほしいところである。

優勝は地元ブルガリアのVLADINOVA。4種目を通じて安定した演技であった。2位には前日3位のTASEVAが入り、ブルガリアはワンツーフィニッシュ。団体総合も征した。

大会最終日は種目別決勝が行われ、皆川はフープとボールに出場する。

大会情報・結果



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

平成29年度 日本中体連体操競技部 遵守事項【中体連体操部公式ブログ】

2017新体操W杯ブルガリア大会レポート1【日本体操協会公式ブログ】

第2回全日本男子新体操クラブ選手権大会・第25回全日本社会人男子新体操選手権大会のご案内【全日本シニア体操クラブ連盟公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:9003
  • 累計のページビュー:19178275

(06月28日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss