日本体操協会公式ブログ

2017新体操国際トーナメントイタリア大会レポート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

【インターナショナルトーナメント大会1日目】

W杯ペサロ大会の直後に、インターナショナルトーナメントが開催された。

《ジュニア団体(クラブ×5)》 日本は1月末に選抜チームを結成し、月に2回程度の短期合宿を行って、この国際大会に初出場することとなった。 短期間での練習ではあったが、まとまりも良く、スピーディーな演技をした。もぐり回転での連係で落下があり、D7.400(ジュニアは8.000満点) E7.000 14.400 22チームというたくさんのチームが参加している中、現在11位。 だいぶこなしが良くなってきたので、作品に隙間が見えてきた。また変更した方が良い箇所も見えてきたので、加点となる連係を入れたり、BD(身体難度)を変更したりしていけば、もっと上を望めるだろう。

団体は今日と明日2回の演技をして決勝に8チームが進めるが、現在1位はロシア。 シニアかと見まごうばかりの貫禄と身体能力、表現力を持ち合わせていて、頭ひとつぬきんでている。

2位アゼルバイジャン、3位イタリア、同点3位ブルガリア、5位イスラエル、同点5位ベラルーシなどは、作品の工夫や選手の質などに大差はない。 アゼルバイジャンを除いて、このすべての国がD8.000を獲得。ジュニアは8点満点であるが、7位のハンガリーまで含めて6ヵ国が満点を得ている。 今後はより精度の良い実施が求められていくのであろうか。工夫されて大きさもある演技と、単純でたどたどしい作品でも、実施の差はあまりないため、まだ少し読めないところがある。 いくつか試合をこなすうちに整理されていくとは思うので、傾向把握と対策をスピーディーに行っていきたい。

大会情報・結果へ



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

次世代ヒーロー、ヒロインの出現を期待しています【Armar know Jack Bigwild】

やはりキング=内村航平は強かった【スポーツ えっせい】

内村が連覇してホッとしたり、誰か倒してくれないかとも思ったり。【観戦のすゝめ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:7569
  • 累計のページビュー:19448647

(09月20日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss