日本体操協会公式ブログ

新体操W杯イタリア大会レポート3

このエントリーをはてなブックマークに追加

【大会3日目】 《団体種目別決勝》 日本(フェアリージャパンPOLA)はフープのみの出場で、試技順1番で登場。フープの転がしの連係でわずかに乱れ、足蹴りの2本投げ連係では大きく移動してキャッチした。しかし、D10.000、E7.950 Time減点0.05 計17.900で、総合から1点強得点を伸ばした。

1位はイタリア。テーマがはっきりしており、少々の乱れはあったが、うまくまとめた。D10.000、E8.700 18.700。

2位はブルガリア。大きなミスはなかったが、D9.500、E8.650 18.150。

3位には中国が入った。総合のときよりバラツキがあり、キャッチの移動もあったが、D9.900、E8.000 計17.900。 日本は中国と同点であったが、実施の点数は中国が高かったため、タイブレーク規程により、中国が表彰台に上がった。

4位が日本で5位がウクライナ。連係に乱れと、ED(手具の投げの交換)で落下。D9.500、E7.500 17.000。

6位アゼルバイジャン。いくつか連係に乱れがあった。とても美しい作品ではあるが、何度か見ているとあらが見えてくる。D8.500、E7.950 16.450

7位アメリカ。連係をやれない箇所とEDにバウンドの落下があった。D8.800、E7.500 16.300。

8位ベラルーシ。連係で落下があると、乱れが生じ、いくつかの連係が不成立となった。D8.500、E7.600 16.100。

日本は同点でありながらタイブレークにより表彰台を逃した。Time減点は、動き出しが早かったことで起きてしまったが、0.05の大きさをしっかりと肝に銘じ、改善しなければならない。また、Dは10.000と高い評価を得たので、今後は実施面において、キャッチの移動や不正確な受けなどを改善していくことで、まずは18点台到達をめざす。

出場選手: 杉本早裕吏 松原梨恵 横田葵子 竹中七海 鈴木歩佳 (熨斗谷さくらはケガのため不出場)

ボール&ロープの1位はイタリア。落下やキャッチの移動はあったが、D10.000、E8.700 18.700

2位はロシア。フープの種目には総合のときのミスで出場できなかったため、この種目に金メダルをかけた。ボールの両手キャッチが目立ち、連係でもキャッチに大きく移動。支持あり後方ローテーションやパンシェのバランスなどにも乱れが出て、D9.900 E8.200 18.100でなんとかメダルは獲得したが、金メダル獲得はならなかった。

3位はウクライナ。大きなミスは回避した。D9.300、E8.400 17.700

総合チャンピオンのブルガリアは、EDのキャッチの際にロープが場外。連係でキャッチミスが出ると、他の連係でもボールを落下。まとまりがなくなってしまい、D9.000、E8.100 Line減点0.300 16.800で8位となった。

W杯シリーズがはじまったばかりであるため、得点の傾向はまだ定かではないが、日本もしっかりとやりきれれば18点台に乗せられるだろう。

《個人種目別決勝》 皆川夏穂はフープのみに出場。 MGキックターンの動脚が下がり、支持あり後方ローテーションは1回転に。大きなミスはなく、美しさから言えば世界トップ1とも言えるが、BD(身体難度)の正確性とAD(得点価値がある手具操作)が少々足りない。D得点のUPが今後の課題である。 フープを制したのはロシアのSOLDATOVA。他の3種目は同じくロシアのDina AVERINAが金メダルを獲得した。 SOLDATOVAはハイレベルのBDで攻めるタイプであるが、今日は疲れからか、BDもあまり安定せず、R(リスク)などでも乱れが出てしまった。 対してAVERINAはADをこれでもかと入れてくるが、現在のルールに合っているのだと言えよう。 アメリカのZENGはフープとクラブで3位に。 韓国のSONのように、きっちりとした演技で表彰台を確実なものとしてきた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:3735
  • 累計のページビュー:18993368

(05月27日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss