日本体操協会公式ブログ

新体操W杯イタリア大会レポート1

このエントリーをはてなブックマークに追加

新体操W杯イタリア・ペサロ大会は、現地4月7日に開幕した。日本からは団体競技にフェアリージャパンPOLA、個人競技には皆川夏穂と立澤孝菜が出場した(早川さくら、喜田純鈴はコンディション調整のため不参加)

今季から新ルールに変わり、審判員への申告書の提出がなくなった。そのため、どのような得点が並べられるのか、現状把握、傾向をみるためにも重要な大会となった。

試技順1番はイスラエルのFILANOVSKYのフープ。大きなミスはなく、昨年までの大会ではこの演技であれば17点中盤に乗っていたが、16.700。D(難度)得点は8.800で、E(実施)が7.900。動きと動きのつなぎの悪さなどにおける減点があったと思われるが、これまでより幾分低めの点数となっている。

そんな中、先に登場した立澤は、ボールは伸びやかな演技を見せた。バランスの難度が流れ気味になり、ところどころたどたどしさはあるが、以前より大きさが出てきたように思える。D7.600、E7.550 15.150

フープは、ボールよりスピード感や流れがあり、MGキックでその場の落下はあったが、D7.200、E8.050 15.250とまずまずの出来であった。

皆川のボールは、リスクの終末が不正確な場面があり、ラストのジャンプの着地も不安定になるなど細かなミスがあった。また支持ありの後方ローテーションは軸に乗り切れずに抜ける形となったが、全体的にはしなやかでダイナミックな演技であった。 D7.900 E8.350 16.250

フープは大きなミスはなく、リスクのキャッチもボールより明確であった。床上からのMGキックローテーションは脚が流れてしまったが、流れの良さは上位陣とまったくひけをとらない。D7.600、E8.700 16.300 足のコンディションを考えて、ジャンプをひとつ抜いているため、D得点が低くなっているが、E得点だけでいえばロシアのSOLDATOVAに次いで2位。今後より明確な演技をすることで得点のUPは見込めるだろう。

2種目を終えてのトップはSOLDATOVA。以前より身体のコントロールがきいており、ドタドタとした印象が消えた。美しさも出てきていて、パワーと美しさが一体となってきている。ボールが18.300でフープが18.900。 フープのD得点は10.000であるが、これは申告書がないため、10点以上の作品をつくっている事による。

現在2位のDina AVERINAも、ジャンプターンの前にフープを落下し、若干のミスによりつなぎの悪い箇所はあったが、D得点は9.900

昨年までには出なかった10.000や9.900が、今後もバンバンと出るであろうし、その点においては少々違和感があった。

皆川は54人中、現在7位タイ。フープの種目別決勝進出が決定し、ボールはリザーブ。 立澤は18位につけている。

団体競技の日本チームは当日の練習においてアクシデントがあった。 熨斗谷さくら選手が連係中に脚をひねり、出場不可能に。サブの竹中七海選手が入ることになった。 竹中選手はこれまで一度も海外の大会に出場したことはなく、どうなるかと不安視されたが、試技順1番で登場した日本は、そういったことを感じさせない演技を行った。 途中、交換でキャッチすると同時にフープが床に触れたため、落下とみなした審判員がいるかもしれない点と、キャッチに移動があったために、Eは7.550と伸びなかったが、Dは9.100で計16.650。 申告書がなくなって良かったことは、試合直前にでも演技を変更できる点である。竹中が入ったことでいくつか構成に手を入れたが、みなよく対応した。今後も試合前に何があるかわからず、どんな状況でも乗り切れたことは評価に値する。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第71回全日本種目別トライアル後半【日本体操協会公式ブログ】

第71回全日本種目別トライアル前半【日本体操協会公式ブログ】

第71回全日本個人男子予選2班レポート【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:1831
  • 累計のページビュー:19736732

(11月18日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss