日本体操協会公式ブログ

第71回全日本体操個人総合選手権大会 女子予選2班レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

2班が終わってトップに立ったのは平井美優選手(国士館大学)。 平均台スタートの平井選手は、交差輪とび、片足伸身前宙、屈身ダブル下り等、目立った大技こそないものの、しっかりとまとめ、ゆかではムーンサルト、後方1回半+前方1回ひねり、2回ひねり、ラストに抱えこみダブルと、持ち味の脚力の強さを見せる。段違い平行棒も大きなミスなくまとめあげ、1・2班が終わってただ一人、51点台にのせた。

2位に入ったのは森蒼佳選手(ZERO体操クラブ)。 手足が長く、スラリとした長身を生かした雄大な演技を見せた。跳馬ではユルチェンコ1回ひねりでEスコアを9.0にのせ、段違い平行棒では途中少しヒヤっとする場面があったが、大きなスイングを使って見せ、Eスコア8.1を出した。ゆかでもスタイルの良さを生かした演技でかつ、最後の3回ひねりまで質の良いアクロバットを見せた。欲を言うともう少し表現力がほしいところ。

3位は塙颯香選手(フジスポーツクラブ)。 ゆかでは後方1回半ひねりからのロンダートバク転屈身ダブルで間接の組み合わせ加点をとり、2回半ひねり+前宙、最後の抱えこみダブルの間にジャンプはターン等、ダンス系要素も盛りだくさんな内容をこなした。 跳馬では小柄ながら雄大なユルチェンコ2回ひねりで得点を稼ぎ、段違い平行棒ではスピードのある背面車輪を見せるなど、センスの良さが光る。平均台では側宙での落下があったが、ロンダート+両足伸身宙返り、バク転~スワン+スワン、交差輪とび、下りの屈身ダブルまで組み合わせと難度でDスコアを5.7まで引き上げ、残りを通し切った。

同点3位に矢田部清花選手(戸田市スポーツセンター)、同じく3位に四方奈々依選手(日本女子体育大学)、先ほど1班をトップで終えた青木梨奈選手は6位に。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
体操競技大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:1578
  • 累計のページビュー:19243067

(07月28日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss