日本体操協会公式ブログ

第67回全日本個人総合男子2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

○第1ローテーション

・ゆか

小林研也
トップバッターとして登場、順調に演技を進め最後の後方3回ひねりもうまくまとめる。

野々村笙吾
前方2回半、少し低い着地になるが止める、その後の宙返り連続もうまくまとめ、最後の後方3回ひねりは後ろに大きく1歩。

田中佑典
前方1回ひねり~前方2回半ひねり、トーマス転、丁寧な実施で演技を進めるが、最後の後方3回ひねりで少し腰砕けの着地となり後ろに3歩。

加藤凌平
後方3回半ひねり~前宙ひねり、後方1回半ひねり~前方2回半ひねり、側宙1回ひねり、前方2回ひねり~前方1回ひねり、後方2回半ひねり~前方1回半ひねり、後方3回ひねり、ほぼすべての着地を止める。

内村航平
後方3回半ひねり(単発)、前方1回ひねり~前方2回半ひねりで少し詰まる、最後の後方3回ひねりも両足で前に1歩動く。

中島立貴
後方1回半ひねり~前方2回ひねりで入り順調に演技を進め、最後の後方3回ひねりもほぼ止める。

・あん馬

瀬島龍三
逆交差倒立、マジャール、シバド。移動技で脚の線が緩んだものの、大きなミスなく無難なスタート。

吉岡知紘
逆交差倒立、Dコンバイン、マジャール、シバド。非常にきれいな旋回で乱れを見せずに演技完了。

早坂尚人
マジャールシュピンデル、Dコンバイン、Eフロップ、マジャール、シバド。落ち着いた演技で大きなミスなく演技を終えた。高校生とは思えぬ落ち着きを感じる。

石川大貴
マジャールシュピンデル~マジャール~シバド、終末技までスピーディーな旋回で美しさを表現した。

植松鉱冶
交差ひねりとび移動、ロス?、Eフロップ、Dコンバイン、ウゴーニャン、シバド、マジャール。移動技でややバランスを崩しかけるも落ち着いて見事に立て直した。

・つり輪

田中和仁
逆交差倒立、Eフロップ、Dコンバイン(落下)、マジャール、シバドでもバランスを崩す。

神本雄也
振り上がり中水平、中水平、ヤマワキ~ホンマ十字懸、グチョギー、屈身ヤマワキ、屈身ダブル半ひねりで着地を止める。

・跳馬

岡村康宏
アカピアン、後ろ一歩

暫定順位
1位 内村航平   107.200
2位 加藤凌平     105.050 ユ
3位 田中佑典   103.700 ユ
4位 野々村笙吾  102.950 ユ
5位 小林研也      102.750
6位 中島立貴      102.700
7位 吉岡知紘      101.400 ユ
7位 石川大貴      101.400 ユ
9位 早坂尚人      100.900
10位 植松鉱治    100.900
11位 齊藤優佑  100.850
12位 神本雄也  100.700 ユ


○第2ローテーション
・あん馬

野々村笙吾
交差倒立を2つ成功、その後もフロップ、コンバイン、マジャール、シバドなど順調に捌き逆リヤ倒立ひねり移動下りも安定した捌きでまとめる。

田中佑典
交差倒立の2つ目で1歩動く、フロップ~コンバインで若干動きが詰まるが大きなミス無く演技をまとめる。

加藤凌平
逆交差倒立、マジャールシュピンデル、前移動と順調に演技を進めたが、コンバインでバランスをくずしフロップで動きが詰まるが持ちこたえ、なんとか通しきる。

内村航平
逆交差倒立を綺麗に上げるが、途中のフロップで落下、やり直してフロップ、コンバインを成功、さらにロス、ウーグォニアン、前後の移動、逆リヤ倒立ひねり移動下り。

中島立貴
2つの交差倒立を成功、コンバイン、ウーグォニアンなど美しい旋回で実施、ミス無く演技をまとめる。

小林研也
交差倒立から入り、フロップ、コンバインなど無難にまとめる。

・つり輪
吉岡知紘
十字懸垂脚上挙~中水平、振り上がり十字倒立、ヤマワキ連続~ホンマ十字懸垂、屈身前宙ダブル。着地止める。 引き続き好調な演技を見せている。


早坂尚人
振り上がり開脚上水平、ホンマ十字懸垂、ほん転倒立(ややバランスを崩す)、ヤマワキ連続、かかえ込み新月面(前一歩)。倒立の収めが全体的に甘かった印象であるが、大きなミスなく演技を終えた。

石川大貴
ホンマ十字懸垂、前振り上がり脚上挙、ヤマワキ、かかえ込みグチョギー、屈身ヤマワキ~屈身前方2回宙ひねり(着地を止める)。振動系において素晴らしい捌きを見せた。

植松鉱冶
振り上がり開脚中水平、屈身ヤマワキ(その後の振り上がり倒立で反る)、かかえ込みグチョギー~伸身グチョギー、屈身前方2回宙で尻もち。途中の小さな乱れを挽回できなかった。

田中和仁
振り上がり中水平~ナカヤマ、アザリアン、ヤマワキ連続~振り上がり倒立(やや戻りかける)、屈身グチョギー~かかえ込みグチョギー、伸身月面(着地止める)。倒立でやや収めが悪い印象ではあったが、最後の着地を止めてきれいな演技を見せた。

瀬島龍三
脚上挙十字懸垂~中水平、前ふり上がり十字懸垂、ヤマワキ連続~ホンマ十字懸垂、ふり上がり開脚上水平、かかえ込み新月面(前一歩)。終末技以外で大きな減点箇所を見せなかった。

・跳馬

神本雄也
シューフェルト、後ろ一歩

暫定順位
1位 内村航平   121.200
2位 加藤凌平     118.900 ユ
3位 田中佑典     118.100 ユ
4位 中島立貴     117.650
5位 小林研也     117.600
5位 野々村笙吾   117.600 ユ
7位 吉岡知紘     115.850 ユ
8位 山本雅賢     115.450 ユ
9位 神本雄也     115.400 ユ
10位 白井勝太郎 115.350 ユ
11位 石川大貴    115.300 ユ
12位 桑原俊      114.900
12位 出口諒財    114.900 ユ
12位 山本翔一   114.900

○第3ローテーション

・つり輪

田中佑典
けあがり中水平、けあがり十字懸垂脚上挙、ホンマ十字懸垂、ヤマワキ連続~振り上がり倒立、グチョギー~後方車輪~新月面、ミス無く演じきり着地を止める。

加藤凌平
振り上がり十字懸垂脚上挙(振り上がり支持が見られた)、振り上がり十字倒立、ヤマワキ連続~振り上がり倒立、グチョギー~後方車輪~新月面、着地止める。

内村航平
振り上がり中水平、アザリアン、振り上がり十字倒立、ヤマワキ連続~ホンマ十字懸垂、新月面の着地はわずかに動く。

中島立貴
ほんてん倒立、振り上がり倒立、ヤマワキ連続~振り上がり十字懸垂、新月面の着地は両足で前に少し動く。

小林研也
振り上がり中水平、後方けあがり中水平、ナカヤマ、ヤマワキ~振り上がり中水平、新月面の着地は両足で後ろに少し動く。

野々村笙吾
振り上がり中水平、ホンマ十字懸垂~中水平、屈身ヤマワキ~振り上がり十字倒立、振り上がり上水平、正確な実施で演技を進め伸身月面の着地を止める。

・跳馬

早坂尚人
ドリッグス。着地を見事に止める。

石川大貴
ユルチェンンコ2回ひねり。後ろに両足で僅かに一歩。

植松鉱冶
アカピアン。着地を止める。

田中和仁
ドリッグス。ラインぎりぎりであったが、前に僅かに一歩動くに留めた。

瀬島龍三
ドリッグス。後ろに僅かに数歩動く。

吉岡知紘
ドリッグス。左に大きく一歩動きラインオーバー。

暫定順位
1位 内村航平   136.100
2位 加藤凌平     133.550 ユ
3位 田中佑典   132.900 ユ
4位 小林研也   132.650
5位 野々村笙吾  132.500 ユ
6位 中島立貴      131.450
7位 齊藤優佑   130.250
8位 神本雄也   130.200 ユ
8位 吉岡知紘      130.200 ユ
10位 桑原俊   129.850
10位 早坂尚人  129.850
12位 山本翔一  129.750
12位 石川大貴    129.750 ユ

○第4ローテーション

・跳馬

加藤凌平
ロペス、左に傾いた着地となりラインオーバー。

内村航平
シューフェルト、両足でわずかに動く。

中島立貴
ドリッグス、大きく左に傾きラインオーバー。

小林研也
ドリッグス、左後ろに2歩動きラインオーバー。

野々村笙吾
ドリッグス、姿勢欠点の少ない跳躍で着地はわずかに動く。

田中佑典
ドリッグス、少しひねり不足気味だったがわずかな動きで着地をまとめる。

・平行棒

石川大貴
棒下、車輪ディアミなど、前半はきれいな捌きであったが、ヒーリーで上がりきらずやや乱れ、終末技は屈身ダブルで前に大きく一歩動いた。

植松鉱冶
棒下ひねりでバランスを崩して落下。その後、ベーレ、バブザー、チッペルトなどを決めていくが、ヒーリーでやや停滞し、ツイストでも片手が外れて落下。しかし、最後の屈身ダブルは完璧に着地を止めた。

田中和仁
シャルロに挑むが失敗。ドミトリエンコ、棒下ひねり、棒下、ベーレ、モリスエと高難度を続けていくも、ツイストで前に2歩動く。屈身ダブルは着地止める。らしくないミスが続いた。

瀬島龍三
Dツイストで外に出れず戻ってしまう。その後構成が変わったが落ち着いて挽回し、最後の屈身ダブルはピタリと止めた。

吉岡知紘
車輪ディアミドフ、ドミトリエンコ、開脚前宙腕支持、チッペルトなど、落ち着いてミスなく捌き、屈身ダブルは僅かに両足前一歩。

早坂尚人
チッペルト、バブザーなど素晴らしい捌きを見せ、開脚前宙腕支持の後の倒立でやや停滞したものの大きな乱れにならず、最後の屈身ダブルは非常に高さがあり、着地も見事に止めた。

・鉄棒

神本雄也
アドラーひねり、伸身トカチェフ、アドラー1回ひねり~ヤマワキ、大きなミス無く実施、伸身新月面の着地は後ろに1歩。

山本翔一
アドラーひねり~開脚モズニクを成功、アドラー1回ひねりで停滞、ヤマワキに連続出来ず。

出口諒財
アドラー1回ひねり~ヤマワキ、アドラーひねり、大きなミス無く演技をまとめ、伸身新月面の着地は両足で少し動く。

暫定順位
1位 内村航平   151.150
2位 加藤凌平     148.400 ユ
3位 田中佑典   147.800 ユ
4位 野々村笙吾  147.400 ユ
5位 小林研也   146.900
6位 中島立貴      145.750
7位 吉岡知紘   145.200 ユ
8位 神本雄也   144.950 ユ
9位 早坂尚人   144.650
10位 桑原俊   144.500
11位 山本雅賢  144.100 ユ
11位 瀬島龍三  144.100 ユ

○第5ローテーション

・平行棒

内村航平
マクーツ、ヒーリー、ドミトリエンコ、棒下、前振り上がりライヘルト、モリスエ、開脚前宙、美しい演技で着地も止める。

中島立貴
ホンマ、ヒーリー、シャルロ、棒下ひねり、棒下、チッペルト、Dツイスト、後方屈身2回宙返り、ミス無く演技をまとめる。

小林研也
シャルロ~ヒーリー(E)、ヒーリー、棒下ひねりで少し流れる、ドミトリエンコ、ベーレ、着地は少し動いたがミス無く演技をまとめる。

野々村笙吾
ホンマ、棒下ひねりで少し流れる、棒下、屈身ベーレ、チッペルト、ヒーリー、倒立で歩く、着地は両足で前に1歩。

田中佑典
ホンマ、シャルロでバランスをくずしこらえたが落下、その後は棒下ひねり、棒下、Dツイスト、ヒーリーなど冷静に捌き、着地は止める。

加藤凌平
ホンマ、棒下ひねりで前に歩く、棒下も歩く、その後は屈身ベーレ、チッペルト、モリスエ、ヒーリー、車輪ライヘルト、開脚前宙と順調に捌き、着地を止める。

・鉄棒

田中和仁
アドラーひねり~伸身トカチェフ、コールマン、アドラー1回ひねり~ヤマワキと手放し技の部分は素晴らしい実施で、伸身新月面も着地を完璧に止めた。

瀬島龍三
スピーディーな捌きでヤマワキ、コバチ、コールマン(足先乱れあり)を決め、伸身新月面も着地を何とか止めた。

吉岡知紘
最初のヤマワキは完璧な伸身姿勢で美しさを表現。しかし、アドラーひねりが流れ、伸身トカチェフとは連続をせず。伸身新月面は僅かに前に両足一歩。

早坂尚人
アドラー1回ひねり~ヤマワキ、アドラーひねり、大逆手エンドーといった技を落ち着いて決めた。伸身新月面は僅かに前に両足一歩。

石川大貴
ヤマワキひねり、アドラーひねり、アドラー1回ひねり~ヤマワキといった手放し技はもちろん、その後のツォウリミンといった技でも美しさを見せた。伸身新月面は両足で大きく前一歩。

・ゆか

神本雄也
後ろとびひねり前方2回宙返りから入り、昨日は2回ラインオーバーがあったが、今日は無難に演じきる。

暫定順位
1位 内村航平   166.450
2位 加藤凌平     163.450 ユ
3位 野々村笙吾  162.200 ユ
4位 小林研也   162.150
5位 田中佑典   161.750 ユ
6位 中島立貴      160.750
7位 吉岡知紘   159.850 ユ
8位 田中和仁   159.300
8位 神本雄也   159.250 ユ
9位 早坂尚人   159.250
10位 石川大貴  158.250
10位 桑原俊   158.250
11位 山本雅賢  157.200 ユ
11位 瀬島龍三  157.200 ユ

○第6ローテーション

・鉄棒

中島立貴
ヤマワキ、アドラーひねり、リバルコ、エンドー1回ひねり大逆手、伸身新月面、大きなミス無く演技をまとめる。

小林研也
アドラー1回ひねり~ヤマワキは成功するもコールマンで落下、その後エンドー1回ひねり大逆手などを行い、伸身新月面の着地は後ろに1歩。

野々村笙吾
アドラーひねり、伸身トカチェフ、トカチェフ、アドラー1回ひねりで戻る、予定の構成を実施出来なかったようだが伸身新月面の着地は止める。

田中佑典
コールマンぎり、シュタルダー1回半ひねり大逆手、ヤマワキ、アドラー1回ひねり(E)、アドラーひねり、美しい実施で演技を進め、伸身新月面は少し動く。

加藤凌平
アドラーひねり、伸身トカチェフ、コールマン、シュタルダー1回半ひねり、アドラー1回ひねり~ヤマワキ、安定した実施で伸身新月面の着地も見事に止める。

内村航平
伸身コールマン(完璧)、シュタルダー1回半ひねり片大逆手、アドラーひねり~コールマン(惜しくも少し近く動きが詰まる)、アドラー1回ひねり~ヤマワキ、最後のフェドルチェンコもミス無くまとめる。

・ゆか

田中和仁
前方2回ひねり~伸身前宙ひねり、後方2回半ひねり~前方1回ひねりなど、途中はかなり安定して着地を止め、最後の後方3回ひねりは僅かに後ろに動くに留めた。

瀬島龍三
後ろとびひねり前方屈身2回宙ひねりで着地を見事に止め、その後、次から次へとシリーズ系を決めた。終末技の3回ひねりは右にずれて両足で一歩弾んだ。

吉岡知紘
前方2回ひねり~伸身前宙ひねり、後方2回半~前方1回ひねりと連続技のところはきれいにまとめてきた。最後の後方3回ひねりは着地を止めた。美しくまとまった演技であった。

早坂尚人
後方3回半ひねり~前方1回ひねり、前方2回半ひねり~前宙腹臥と最初に高難度の技を高さのある実施できれいに決めた。非常に勢いのある捌きで高校生らしく若さあふれる演技であった。

石川大貴
後方3回半ひねり~前方1回ひねり、後ろとびひねり前方屈身2回宙返り、後方3回ひねりとうまく着地をまとめて、最後のかかえ込み月面も後ろ一歩に留めた。

植松鉱冶
最初の後ろとびひねり前方屈身2回宙ひねりと、最後のかかえこみ月面で前一歩。その他は落ち着いて捌いた。

・あん馬
出口諒財
Eコンバイン、変形ウーグォニアンを入れた内容の濃い構成をミス無く実施。

最終結果
1位 内村航平  182.350
2位 加藤凌平  178.850 ユ
3位 田中佑典  177.300 ユ
4位 野々村笙吾 176.800 ユ
5位 小林研也  175.750
6位 中島立貴  175.050
7位 吉岡知紘  174.450 ユ
8位 早坂尚人  174.300
9位 田中和仁  174.200
10位 石川大貴 173.450 ユ
11位 瀬島龍三 173.400 ユ
12位 山本翔一 172.850

ユニバーシアード代表には加藤凌平、田中佑典、野々村笙吾、吉岡知紘、石川大貴が選出された。
やはり内村選手の強さが際だった競技会となったが、大学2年生が2位、4位に入賞するなど若手が台頭、さらには高校3年生の早坂選手が8位と大健闘した。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
体操競技大会報告
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

第67回全日本体操競技選手権大会情報【日本体操協会公式ブログ】

第67回全日本体操個人総合女子2日目【日本体操協会公式ブログ】

2013東日本インカレ① 1日目レポート(男子)【新体操研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:902
  • 累計のページビュー:19832711

(01月17日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss