日本体操協会公式ブログ

第67回全日本体操個人総合女子2日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

<第1ローテ>(●:ユニバ有資格者)

笹田夏実(帝京高等学校)
ユルチェンコ1回ひねり:後半少し腰折れ。小さく前に一歩。13.80

村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)
ユルチェンコ2回ひねり:後半腰が少し折れて落ちてくるが、うまくまとめる。15.10

井上和佳奈(水鳥体操館)
ユルチェンコ2回ひねり:初日同様少しの脚の開きがあるが着地までまとめる。14.75

寺本明日香(レジックスポーツ)
前方転回屈身前宙ハーフ:初日とは跳び方を替えてくる。高さのある良い実施。ユルチェンコ1回ひねりと同じDスコア5.0の跳躍なので、優勝争いにさほど影響はないと思われる。Eスコア9.1、14.10

内山由綺(スマイル体操クラブ)
ユルチェンコ1回ひねり:最初から最後まで足先までまっすぐな美しい伸身姿勢で着地まできちんと丁寧にまとめる。13.85

●野田咲くら(朝日生命)
ユルチェンコ1回ひねり:脚割れと後半の腰折れ。しかし着地はまとめる。13.80

●兎澤静(日本体育大学)
段違い平行棒:まずまずの出来。終末技の着地で少ししゃがんでしまうが、なんとかこらえる。13.60

●新竹優子(羽衣国際大学)
段違い平行棒:前方シュタルダーが少し流れるがイエガーでもちなおし、終末技の着地までうまくまとめる。さすが、ベテランらしい演技。14.10

●杉村美奈(国士舘大学)
段違い平行棒:美しい体線を生かした見ごたえのある演技。落下なし。13.80

●永井美津穂(日本体育大学)
初日1班のユニバ枠から今日は2組での試合。
一種目めの段違い平行棒を落下なくまとめる。12.85

杉原愛子(羽衣体操クラブ)
段違い:一つ一つ丁寧で、姿勢の良い美しい実施。高さのある終末技ムーンサルトできちんと着地をまとめる。13.15

湯元さくら(ならわ体操クラブ)
平均台で落下。11.85

●美濃部ゆう(朝日生命)
平均台:完ぺきな演技。終末技の着地まで決める。14.35



<第2ローテ>(●:ユニバ有資格者)

笹田夏実(帝京高等学校)
段違い平行棒:大技こそないが、倒立姿勢まで意識のいきわたった丁寧な実施。終末技ムーンサルトの着地を決める。14.05 

村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)
段違い平行棒:一つ一つの倒立姿勢を意識した丁寧な実施。後方車輪1回ひねりが少し流れるが、終末技ムーンサルトの着地をピタっと決める。観客から大きな声援。13.75

井上和佳奈(水鳥体操館)
段違い平行棒:イエガーで落下したが、その他はきちんとまとめ、12.85

寺本明日香(レジックスポーツ)
段違い平行棒:閉脚シュタルダー半ひねりで少しバランスを崩すが、イエガーまでつなげ、キャッチ。あとは安定した実施で終末技前宙ダブルで小さくホップ。14.90 この時点でトップに立つ。

内山由綺(スマイル体操クラブ)
段違い平行棒:閉脚シュタルダー半ひねり~イエガー、シュタルダー1回ひねり~パク宙返り、終末技ムーンサルトの着地を力強く決める。内山選手、今大会着地に重点を置いて試合をしているのがよくわかる。14.15 

●野田咲くら(朝日生命)
段違い平行棒:シュタルダー1回ひねりからトカチェフに続かず、車輪をはさむ。終末技1/2ひねり前宙ダブルで手を着く。12.70

●兎澤静(日本体育大学)
平均台:前宙での落下が響き、11.50

●新竹優子(羽衣国際大学)
平均台:側宙で落下 終末技屈身ダブルで前に大きくかがむが、なんとかこらえる。11.90 ユニバ代表争いにどう響くか。 

●永井美津穂(日本体育大学)
平均台:落下はなかったものの、ダンス系要素の減点が多く、7.1とEスコアが振るわず、12.50

杉原愛子(羽衣体操クラブ)
平均台:ダンス系要素での減点、ふらつきがみられ、Eスコアを6.95に下げる。12.55

湯元さくら(ならわ体操クラブ)
ゆか:一本目の伸身ダブルの回転不足で前に手を着く。12.45 上位争いは厳しいか。

●美濃部ゆう(朝日生命)
ゆか:昨日失敗した一本目の抱え込みダブルを今日は着地一歩でおさえ、最後の屈身ダブルは着地を決める。13.35 この時点でユニバ代表争いトップに立つ。



<第3ローテ>(●:ユニバ有資格者)

笹田夏実(帝京高等学校)
初日同様G難度の開始技ロンダート~伸身1回ひねりをしっかりきめる。脚持ち1回ターンで大きくふらつく。ダンス系の実施に堅さが見られたが、終末技屈身ダブルの着地をまとめる。14.00

村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)
平均台:バク転~バク転~両足伸身宙返りで落下。少し焦りが見える。アクロバット一つ一つを丁寧にこなすが、組み合わせがつながらない。予定していた3回ターンをやめ、終末技2回ひねり。11.80 ここでの11点台は優勝争いには厳しい。

井上和佳奈(水鳥体操館)
開始技ロンダート~片足スワンで落下。12.25

寺本明日香(レジックスポーツ)
平均台:オノディなど一つ一つ丁寧に実施するが、組み合わせがつながらない。交差ジャンプからの抱え込み宙返りでふらつき。終末技3回ひねりで大きく後ろへホップ。13.70

内山由綺(スマイル体操クラブ)
平均台:緊張のせいか、少し堅さが見られる。開脚伸身前宙で片足をあげるふらつき、抱え込み前宙でもしゃがみ立ちから前へ一歩、終末技屈身ダブルでも前へ大きく一歩出す。12.55

●野田咲くら(朝日生命)
平均台:一つ一つの技を丁寧にこなす。終末技2回半ひねりで横へ小さく2歩。13.75

●兎澤静(日本体育大学)
ゆか:2回半ひねり~前方伸身1回ひねり、3回ひねりをきちんと決めるが、最後の屈身ダブルで前へ大きく一歩。13.15

●新竹優子(羽衣国際大学)
ゆか:アクロバットはまずまずだが、すべてのターンで予定していたものより回転が不足。 13.50

●杉村美奈(国士舘大学)
ゆか:細い体線を生かした美しい動き。3本目の屈身ダブルで回転不足、前へ大きく一歩出るが、その他の着地は小さなホップでまとめる。13.00

●永井美津穂(日本体育大学)
ゆか:脚力を生かしたパワフルな演技で13.45

杉原愛子(羽衣体操クラブ)
ゆか:全日本デビュー戦とは思えない堂々とした正確な演技。13.45



<第4ローテ>

笹田夏実(帝京高等学校)
ゆか:本日最後の演技。3回ひねりで後ろへ大きくホップ、後方1回半ひねり~前方1回ひねり、丁寧なターン、カデットジャンプのこなし、後方2回半ひねり、屈身ダブルの着地もなんとかこらえる。13.65 この時点で笹田選手、母親の弥生さんと親子二代で全日本チャンピオンに!

村上茉愛(池谷幸雄体操倶楽部)
ゆか:伸身ダブル、かかえ込みルドルフ~シソンヌジャンプを豪快に決め、余裕のある後方1回半ひねり~前方1回ひねり、ジャンプ、ターンのダンス要素も丁寧に決め、後方3回ひねりで前へ小さくホップ。会場を沸かせる。14.50

井上和佳奈(水鳥体操館)
ゆか:平均台の落下から気持ちを切り替えて一つ一つ丁寧な実施。13,30

寺本明日香(レジックスポーツ)
ゆか:後方2回半ひねり~伸身前宙でしゃがみ立ちになるがこらえる。2本目の後方1回半ひねり~前方宙返りでしりもち。後方3回ひねり、屈身ダブルをなんとか我慢して悔しそうな表情でフロアを下りる。

内山由綺(スマイル体操クラブ)
ゆか:美しい後方3回ひねり。初日同様全てのアクロバットで着地を止めようと丁寧に実施している。ダンスでは表情をつけて芸術性をアピール。笑顔が印象的。13.85

●野田咲くら(朝日生命)
ゆか:一本目の後方3回ひねりが回転不足であわや大過失かと思われたがなんとか手をつかず踏みとどまる。正確なダンス系要素の実施で13.10

●兎澤静(日本体育大学)
伸身ツカハラ1回ひねり:高さのある実施。ユニバ代表争いに王手をかける。14.20

●新竹優子(羽衣国際大学)
ユルチェンコ1回ひねり:入りの部分でつまり、高さ、回転不足で前につぶれる。12.25 ユニバ代表入りは厳しいか。

●杉村美奈(国士舘大学)
ユルチェンコ1回半ひねりで痛恨のしりもち。12.40 

●永井美津穂(日本体育大学)
跳馬:ユルチェンコ2回ひねりを豪快に決める。14.95

杉原愛子(羽衣体操クラブ)
跳馬:ユルチェンコ1回ひねり:初日同様頭からつま先までまっすぐな伸身姿勢での実施。14.00 

●美濃部ゆう(朝日生命)
段違い平行棒:背面片手支持1回半ひねり~トカチェフ、背面片手支持1回ひねり~イエガーの実施は思わず「うまい!」と言ってしまう実施。着地もなんとかこらえ、14.15 一気に笹田選手・村上選手との優勝争いへ!



最後の最後まで誰が優勝するかわからない大接戦の個人総合。
勢いのある若手の笹田選手、村上選手にそれを迎えうつベテランの美濃部選手の熟練した演技、不調により我慢の試合を続けた寺本選手にデビュー戦で堂々の演技を披露した杉原選手もとても印象的。見ごたえのある試合となった。


1日目の得点を半分にした持ち点に、2日目の得点を合計して争われたユニバーシアードの代表争いも僅差の中で最後まで接戦が繰り広げられ、美濃部選手がトップで通過、永井選手(日体大)は初日1班、ユニバ枠からの堂々の代表入り。他に野田選手(朝日生命)、跳馬、段違い平行棒を得意とする冨永選手(国士舘)に大学1年生の兎澤選手(日体大)が入った。



全日本個人総合女子最終結果


1位 笹田夏実 帝京高等学校 55.500
2位 美濃部ゆう 朝日生命 55.250
3位 村上茉愛 池谷幸雄体操倶楽部 55.150
4位 寺本明日香 レジックスポーツ 55.000
5位 内山由騎 スマイル体操クラブ 54.400
6位 永井美津穂 日本体育大学 53.750
7位 野田咲くら 朝日生命 53.350
8位 井上和佳奈 水鳥体操館 53.150
8位 杉原愛子 羽衣体操クラブ 53.150
10位 冨永ありさ 国士舘大学 53.100
11位 大瀧千波 国士舘大学 53.000
12位 関口未来 群馬ジュニアスポーツクラブ 52.900



ユニバーシアード代表選考順位

1位 美濃部ゆう 朝日生命 81.400
2位 永井美津穂 日本体育大学 80.175
3位 野田咲くら 朝日生命 80.150
4位 冨永ありさ 国士舘大学 79.200
4位 兎澤静 日本体育大学 79.200
6位 大瀧千波 国士舘大学 79.175 

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
体操競技大会報告
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

2013東日本インカレ① 1日目レポート(男子)【新体操研究所】

第67回全日本体操個人総合女子1日目3班【日本体操協会公式ブログ】

第67回全日本個人総合男子1日目2班【日本体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:902
  • 累計のページビュー:19832711

(01月17日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss