日本体操協会公式ブログ

第67回全日本個人総合男子1日目1班

このエントリーをはてなブックマークに追加

○第1ローテーション

池尻俊弥 ゆか
前方2回半ひねりで入り、後ろとびひねり前方屈身2回宙返りひねりなどを実施。

千葉健太 あん馬
今年の高校選抜個人総合優勝、昨年の全日本種目別ファイナリスト、美しい旋回で演技をまとめる。

岡村康宏 つり輪
昨年のこの種目チャンピオン、力強く正確な実施で伸身月面の着地も止める。

白井健三  跳馬
ドリッグス まずまずの跳躍で着地は前に1歩。

萱和磨 跳馬
今年の高校選抜個人総合3位、アカピアンを実施、着地は少し動いたが余裕ある跳躍。

加世田弘登 鉄棒
伸身コスミックひねり片大逆手を実施、大きなミス無く演技をまとめる。

青山政高 ゆか
第3節の後ろとびひねり前方屈身2回宙返りでしりもち。

塚原直也 つり輪
振り上がり中水平~上水平、安定した実施で新月面の着地も止める。

○第2ローテーション

佐藤巧 ゆか
昨年の跳馬チャンピオン、脚の強さを活かした力強い実施で演技をまとめる。

吉岡知紘 平行棒
倒立姿勢の美しい実施、棒下宙返り、車輪ディアミドフ、ドミトリエンコなどを織り込んだ構成でミス無く演技をまとめる。後方屈身2回宙返りの着地は少し動く。

塚原直也 跳馬
アカピアン、着地を止める。

星野力維 ゆか
昨年この種目3位、後方3回半~前宙ひねり、後ろとびひねり前方屈身2回宙返り、途中まで着地をすべて止める出来だったが、第5節でわずかにラインオーバー、最後の後方3回ひねりは止める。

北川隼太 ゆか
後方1回半ひねり~前方2回半ひねり、前方2回ひねり~前方1回ひねり、3節目に後方3回半ひねり~前宙ひねり、4節で予定の組み合わせができなかった模様、最後の後方3回ひねりはまとめる。

長野託也 つり輪
F難度の後転中水平、E難度のアザリアン脚上挙を取り入れた構成。力強い実施で最後の新月面もわずかな動きでまとめる。

古賀裕将 鉄棒
ツォリミンで入り、アドラー1回ひねり~ヤマワキなど安定した実施で演技をまとめる。

○第3ローテーション

浦野裕貴 ゆか
後方伸身2回宙返りでラインオーバー、その後はミス無く演技を続け、最後の後方3回ひねりもほぼ止める。

長谷川智将 鉄棒
エンドー1回ひねり大逆手~伸身イエガー、アドラー1回ひねり~ヤマワキ、安定した実施で伸身月面の着地も止める。

青山政高 つり輪

北村翔太 鉄棒
伸身コールマン成功、コールマンで近づきリズムがくずれるが踏ん張る、その後はうまくまとめ伸身新月面の着地は前に1歩。

田浦誠也 ゆか
今年の高校選抜個人総合チャンピオン、前方2回ひねり~伸身前宙、後ろとびひねり前方屈身2回宙返り、終末技で腰砕けの着地になるがなんとか踏ん張る。

岡村康宏 平行棒
中盤にドミトリエンコ、開脚前宙を織り込んだ構成、最後の後方屈身2回宙返り下りは少し低かったが大きなミス無く演技をまとめる。

吉岡知紘 鉄棒
非常に正確なヤマワキ、伸身トカチェフが少し遠かったが掴む、美しい実施で伸身新月面の着地も止める。

○第4ローテーション

小泉和照 跳馬
伸身ユルチェンコ2回ひねり、雄大な跳躍で着地は後ろに1歩。

青山政高 跳馬
ドリッグス、若干姿勢欠点の見られる跳躍だったが着地を止める。

井村大佑 ゆか
目立った大技は無いが、終末技以外はすべての着地をほぼ止める安定した実施で演技をまとめる。

池尻俊弥 跳馬
ドリッグス、着地は前に大きく1歩動いたが雄大な跳躍。

塚原直也 鉄棒
コールマンで落下。

奥野岳史 つり輪
どちらかというと華奢な印象を受ける体型だが、力技も正確に実施。最後の新月面は若干低くなったがほぼ止める。

長野託也 平行棒
非常にテンポの良い実施で大きなミス無く演技をまとめる。

岡村康宏 鉄棒
アドラー1回ひねり~ヤマワキ、アドラーひねり、目立った大技は無いが余裕ある実施で演技をまとめる。伸身月面の着地はわずかに動く。

城間東昇 あん馬
非常に美しい旋回で通しきるが、コンバインでバランスをくずし脚割れあり。

田中康久 鉄棒
ここまで上位につけてきたが、伸身トカチェフで落下。さらにアドラー1回ひねりで戻る。

川田悠司
棒下宙返りひねりが少し流れるが立て直す、チッペルトで座りかけるがこらえる。

○第5ローテーション

井村大佑 あん馬
入り技で馬端から馬端へのとび正交差逆交差入れを実施、大きなミス無く演技をまとめる。

青山政高 平行棒
後半に開脚前宙を入れた構成、力強い実施で演技をまとめる。ゆかでミスをして出遅れたが徐々に追い上げ上位につける。

長野託也 鉄棒
アドラー1回ひねり~ヤマワキの予定が直接連続できなかった模様、しかし大きなミス無く演技をまとめる。

佐藤巧 跳馬
ドラギュレスク、少し右に体重のかかった着地となったが1歩で押さえる。

白井健三 ゆか
後方3回半ひねり~前方2回ひねり(前に動きラインぎりぎり)、前方1回ひねり~前方3回ひねり(前に動きラインオーバー)、後方3回ひねり(少し動く)、脚上挙、後方2回半ひねり~前方2回半ひねり(少し動く)、側方宙返り1回ひねり、後方4回ひねり(ほぼひねりきり、わずかに動く)
着地が微妙に動きまくったが、大きなミス無く演技をまとめる。Dスコアは7.30。

吉岡知紘 ゆか
後方3回半~前宙ひねりで入り、正確な実施で演技を進め、最後の後方3回ひねりも着地を止める。

○第6ローテーション

梨本隆平 ゆか
高校3年生、丁寧な実施で、最後の後方2回半ひねりもわずかな動きでまとめる。

田浦誠也 跳馬
ドリッグス、雄大な跳躍、着地は両脚で前に1歩。

塚原直也 ゆか
丁寧な実施で演技をまとめる。最後は月面宙返りを止める。

柴田快輝 鉄棒
目立った大技は無いが、美しい実施で演技をまとめる。

小泉和照 鉄棒
アドラーひねり、シュタルダー1回半ひねりで姿勢を乱す、アドラー1回ひねり~ヤマワキ、コールマン、大きなミス無く演技をまとめる。

吉岡知紘 あん馬
標準的な構成だが、安定した実施で演技をまとめる。

萱和磨 あん馬
これといって目新しい技などは無いが、シャープな線で演技をまとめる。

星野力維
棒下ひねり、棒下、車輪ディアミドフ、バブサーなどを織り込んだ構成。きびきびした動きで演技をまとめる。

第7ローテーション

出口諒財 跳馬
ドリッグス、正確な実施でまとめる。

長野託也 ゆか
後方2回半ひねり~前方1回半ひねりで入り、順調に演技を進め、最後の後方3回ひねりも両足で後ろに1歩にまとめる。

吉岡知紘 つり輪
振り上がり十字懸垂脚上挙~中水平、ほんてん十字倒立、ホンマ十字懸垂、美しい実施で前方屈身2回宙返り下りの着地もわずかな動きでまとめる。

加世田弘登 平行棒
ホンマ、シャルロ、棒下ひねり、バブサー、開脚前宙などを取り入れた構成をミス無くまとめる。着地はわずかに片脚を動かす。

萱和磨 つり輪
D難度以上の技が少ない構成だが丁寧な実施で演技をまとめる。最後は伸身月面で少し動く。

長谷川智将 つり輪
振り上がり上水平で入り、丁寧な実施で演技をまとめる。最後は伸身月面、前に動く。

暫定順位
1位 吉岡知紘(順天堂大学)    86.900
2位 出口諒財(徳洲会体操クラブ) 86.150
3位 岡村康宏(朝日生命)     85.700
4位 小泉和照(相好体操クラブ)  85.400
5位 萱 和磨(習志野高校)    85.000
6位 青山政高(KONAMI)   84.750
7位 長野託也(日本大学)     84.700
8位 長谷川智将(日本体育大学)  84.600
9位 池尻俊弥(日本体育大学)   84.400
10位 井村大佑(順天堂大学)   84.250

2009国際ジュニア個人総合チャンピオンの吉岡知紘が暫定トップ
高校2年生の萱和磨が健闘し5位につけている。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
体操競技大会報告
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

第67回全日本体操個人総合女子1日目1班【日本体操協会公式ブログ】

東日本インカレ事前企画⑧ 佐々木智生/弓田速未(国士舘大学)【新体操研究所】

東日本インカレ事前企画⑦ 川西雅人/小林翔(青森大学)【新体操研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:902
  • 累計のページビュー:19832711

(01月17日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 各種販売物購入方法
  6. 第52回NHK杯情報
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss