日本体操協会公式ブログ

ティエ新体操グランプリ現地レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランス現地3月30日、ティエグランプリ1日目が開催された。参加国はロシア、スペイン、ウクライナ、フランス、アゼルバイジャン、中国、日本の7ヶ国。日本は1月にチームを組んで新チームとなり、今季初の国際大会参加。また新ルールに変更されたばかりなので、新ルールに則った作品となっているか、世界の動向はどうなっているかを判断する大会ともなった。

 試技順2番、ボール3&リボン2に出場した日本は、序盤のスケール時にリボンに結び目ができたが、どうにかしのいで、中盤に連係を行いながらうまくほどいた。しかしパンシェターンで一人が崩れ、中盤の連係時に回転を行う選手がボールを落下。難しい連係の箇所で落下、DER(前ルールではリスク)でも一人が落下して、実施は6.300であった(難度点は7.550=計13.850)。ただ、他選手との関わりでのミスという点では一箇所のみで、あとは個人のミスによるものなので、今後、練習を積んでいくことで解消できると思われる。
 同じく試技順2番で登場したクラブでは、一演技終えた安堵からか、動きの堅さはなく伸び伸びと演技した。投げの安定性がないため、キャッチに移動がいくつか見られたこと、中盤でなんでもないところでクラブをポロリと落下したこと、ラスト近くの連係でクラブの落下があったことで、実施は7.000であったが、難度点が8.000で、計15.000。全体的にはやりたいことが見えた演技であったように思う。総合点28.850で日本は5位となった。

 1位はロシア。昨年からメンバーがほとんど替わっていないが、1種目目のボール&リボンでは出だしからミスを連発。非常に難しい連係の連続であるために取り戻しも遅くなり、難度の乱れや交換の乱れも招いて結果は14.700(D難度8.200 E実施6.500)。2種目目のクラブでは落ち着きを取り戻し、ジャグリングが見事な演技を披露した。ミスはあってもクラブの操作については圧巻だった(D9.100 E8.033 計17.133)。総合計31.833。

 2位に入ったのは中国。中国も昨年からメンバーがほとんど替わっておらず、オリンピックに参加していないので早めに作品に取り組めたのか、他の国より安定感のある演技を見せた。リフトを多用し、見せ物的な感じがあったのと、演技の小ささは気になったが、両種目ともやりたいことがはっきりと見えたと思う。ボール&リボンはロシアを抑えてトップに立った(D8.450 E7.300=15.750)。クラブでも多少のミスはあったが15.333(D8.400 E6.933)。総合31.083で2位となった。

 3位はスペイン。スペインもボール&リボンでは序盤の交換でリボンが落下。後半のDERでボールを取り損ねて場外。大きなミスが出て、D8.150、E6.867、場外のペナルティが0.6で計14.417だった。クラブはお国柄の出た曲で、音楽とリズムがよくマッチし、後半の盛り上がりも良く15.900。少しミスはあったが、スペインらしい強さがあった(D8.400、E7.500)。

 4位はウクライナ。両種目ともそれほど手の込んだ作品ではないが、盛りだくさんでない分、観客としては見やすいかもしれない。クラブではまとまりを見せたが、ボール&リボンでは場外や交換、連係での落下ミスが出て、メダルを逃した。クラブ(D8.400 E7.000 計15.400)ボール&リボン(D8.150 E6.200 場外0.600 計13.750)総合29.150。

 5位が日本で6位はフランス。相変わらず試合でのがたつきが多く、1種目目のクラブでは何が起こったのかわからないほどミスが出た(D6.500 E5.667 12.167)。
ボール&リボンはどうにかまとめ、D8.000 E6.700 計14.700。総合計は26.867。

 7位はアゼルバイジャン。もともとの身体能力がそれほど高くなく、大きなミスも出たため7位となった。クラブはD8.150 E5.500 場外0.90で12.750。ボール&リボンはD7.600 E6.767 場外0.3で14.067。

 総評して、春先の大会ということで、中国以外はどのチームもミスが多く、まだまだこなれていない感じであった。新ルールではひとつミスが出れば、D難度点では加算されず、E実施点では技術的にも芸術的にもWで減点されるため、大きな減点となる。しかしながら団体では連係をやらないと難度点が上げづらいため、どの程度複雑にして、どの程度ミスの少ない構成にしていくか、その調整具合が、勝利への鍵となっていくだろう。

 どの国も思ったよりメンバーが替わっておらず、その中で日本は、今回の試合はふたりのみがロンドンオリンピックからのメンバーであった(実際は4人残っている)。新メンバーでは、大きな国際舞台を経験しているものは一人(ユースオリンピック経験者1名)のみ。前日のポディウムでの練習では、フロアーを運動会のように走り回るほど乱れており、我をなくしている様子がうかがえたが、ひとつの試合を経験したことで、一段階進んだと言えよう。また2種目目のクラブ演技の直前に足をひねった選手が出たり、緊張の連続からか両足がつってしまった選手が出たりしたが、本番ではそういったことを感じさせない演技が出来、そういう点でもひとつ乗り越えることが出来たと思われる。どんな状況でも最善を尽くしていくということを積み重ねて、強くなっていってもらいたい。

明日31日は種目別決勝が行われ、日本は両種目に出場する。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

平成24年度 体操競技 大会成績【兵庫県体操協会公式ブログ】

【関係者】第8回全国ブロック選抜U-12体操競技選手権大会要項【日本体操協会公式ブログ】

「夢はかなう」【新体操研究所】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:1957
  • 累計のページビュー:19667116

(10月19日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss