日本体操協会公式ブログ

第60回 全日本学生新体操選手権大会最終日レポート【男子】

このエントリーをはてなブックマークに追加

最終日の9月7日は、個人総合の上位選手8名による種目別と、徒手団体が行われた。
 
〔スティック〕
 出来田和哉(国士舘大)が前日までの勢いをそのままに、気迫のこもった渾身の演技を見せ1位。ダイナミックかつ巧みな手具操作、圧巻としか言いようがないその演技に大きな拍手がわき起こった。

〔リング〕
 花園大の木村 功が初日の成績を上回る高得点で1位になった。しっとりした伴奏音楽と末端まで神経の行き届いた繊細な表現に貫かれた演技が見事に調和して、終末動作まで隙のない美しさでも他の選手を圧倒。場内の空気も自分色に染め上げた。

〔ロープ〕
 個人総合で優勝した北村将嗣(花園大)が洗練された演技で9.600点をあげて優勝した。完成度の高い演技を見せた北村はまだ2年生。今後の成長がさらに楽しみなホープである。

〔クラブ〕
 奥 雄太(国士舘大)が最上級生の意地を見せた。「You Raise Me Up」に乗って、柔らかさはそのままに力強さを増したエモーショナルな演技で9.575点を出し、1位に。この曲を大切に演じてきたという彼の自負が伺える素晴らしい出来だった。
 
〔団体徒手〕
 豊富な練習量に裏打ちされた柔らかな動きにドラマチックな構成、畳み掛けるように息つく暇もない高難度のタンブリングの連発で場内の観客を唖然とさせた青森大が、全日本インカレ7連覇を達成。だが、今年は独走ではない。前日の予選では青森大がトップを守ったが、本日の決勝では国士舘大が実施で上回り、総合点は0.1点という僅差だった。新入生4人が入り、今年は何かが変わった!との評判も聞こえる今年の国士舘。伴奏曲の細かいリズムもよくとらえたブレのない徒手。高さのある独創的な組と、タンブリングにも“挑戦者”の攻める心意気が見て取れた。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
新体操大会報告
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

こんな記事も読みたい

第60回 全日本学生新体操選手権大会最終日レポート【女子】【日本体操協会公式ブログ】

2008豊田国際体操競技大会情報【日本体操協会公式ブログ】

平成20年度 第1回 国体対策プロジェクト会議 議事録【愛媛県体操協会公式ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconjpngym

日本体操協会が新しい体操コミュニティ構築のために始めた公式情報やトピックの情報配信基地です。
  • 昨日のページビュー:2991
  • 累計のページビュー:19299980

(08月19日現在)

関連サイト:日本体操協会公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テレビ放送予定
  2. 体操 ニッポン!ロンドンオリンピック報告演技会情報
  3. 第67回全日本体操競技選手権大会情報
  4. 第66回全日本体操競技団体・種目別選手権大会情報
  5. 第52回NHK杯情報
  6. 各種販売物購入方法
  7. 女子新体操2013-2016採点規則情報
  8. 第45回全日本社会人体操競技選手権大会情報
  9. 第46回世界体操競技選手権大会テレビ放映予定
  10. 第67回全日本体操種目別選手権(トランポリン代表決定)情報

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss