サッカーの面白い分析を心がけます

U23日本代表対U23コスタリカ代表の雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

・五輪最終予選に向けた親善試合。相手はコスタリカ。場所は手倉森凱旋の仙台。

・フル代表に比べると、観客は少ない模様。代表バブルはフル代表限定か。

・結果は2-0。野津田と金森のゴール。

・日本のシステムは4-2-3-1。相手がボールを保持しているときは4-4-2。欧州でよく見られる形。

・コスタリカも同じ。アンダー世代特有の、知っていないといけない必修科目を行っているのから共通する必然か、はたまた偶然か。

・コスタリカはセットオフェンス中心。ボールを保持してポジショニングとボール循環で勝負。

・日本は速攻とカウンターがメイン。相手の守備が整っていないときは迷わない。相手の守備が整っていても迷わない。

・コスタリカの攻撃は、日本のサイドバックの裏に突撃する選手がいない。よって、ライン間でボールを受けようとする選手が捕まる。

・でも、ライン間でボールを受けようとする選手を誰が捕まえるの?で若干の迷いをみせる日本。

・それよりも気になったのはボール保持者に対する守備。

・積極的にレッツデュエルだ!というのはわからないでもない。

・しかし、顔の上がっている相手に突撃してもそれはなかなか奪えないどころか、はがされる。

・ゾーン・ディフェンスの前提条件がボール保持者にプレッシングがかかっていること。

・プレッシングがかわされたら、その前提条件が崩されてしまうので、日本は大ピンチ。

・球際とデュエルとバランスのせめぎあい。

・すべては相手の状態に依存する話。または、自分たちのタイミング。

・日本のサイドハーフは前田と野津田。ワントップに浅野。トップ下に中島。

・小兵カルテット。

・裏へのロングボールはOKだが、ハイボールはどうしようもない。ハイボールを蹴らないといけない状況になったらどうするのだろうか。

・というか、基本的に速攻、カウンターに適した選手だけで構成されている。

・フル代表とは異なり、ワイドにポジショニングするサイドハーフたち。

・サイドバックとサイドハーフがサイドにポジショニングする様は初期レーヴの雰囲気を感じさせる。

・よって、サイドチェンジが非常に多い。フル代表ではほとんど見られなかった。

・繰り返しになるが、日本の攻撃は早い。先制点は高い位置にポジショニングした亀川へのロングボールから始まっている。

・相手の守備が整っていないときの攻撃がほんとうに多い。逆にコスタリカは9番にたまに放り込むくらいで、セットオフェンスだらけ。哲学の違い。

・後半になるとコスタリカは5バックに変更。

・ワイドに出して、インサイドハーフを相手のサイドバックに突撃という名のパラが狙いのよう。

・しかし、機能せず。日本の守備に逆にはまっていた。理由はセンターバックの運ぶドリブルのなさ。というか、前線に数的優位を繋げるようなプレーがあまり見られなかったから。

・コスタリカの攻撃が前半よりも機能しなかったので、日本のカウンター&速攻が冴え渡る。

・それでも追加点がなかなか決まらないのは問題視すべきなのだろう。

・追加点は金森の個人技。自分でボールを奪って、自分で決める。奪ったというよりはプレゼントされた。

・球際の激しさがときどき大怪我に繋がりそうな場面がちらほら。

・高いエリアからのプレッシングがときどき暴走する。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ハリルホジッチ×日本代表
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

当落線上のバトル ~U-22 日本×コスタリカ~【ROM専ですが何か?】

目指せオリンピック!【no title】

なでしこジャパン。オーストラリア戦の勝利の要因とは?【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconjosepgualdiola

あるアマチュアチームの裏ボスになりました。がっつりサッカーの指導をしています。

現場に立つこと&サッカーの試合を分析することが、サッカーの勉強として最適だと自らの経験から認識しています。
このブログではサッカーの試合を分析することをテーマに運営しております。

継続は力になっていることを超実感しているので、たぶんまだまだこのブログは続くでしょう。

過去の遺物ですが、興味があればどぞ
http://forkn.jp/book/1/

用事等あれば、josepgualdiola44★yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:126
  • 累計のページビュー:24786225

(12月09日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対コートジボワール ~ぼくたちのサッカーがきえたわけ~
  2. 日本対メキシコからみる世界の流れ
  3. 2013年Jリーグベストイレブンを決めよう
  4. レアル・マドリー対バルセロナ ~バルセロナが砕け散った理由~
  5. 2014ブラジルワールドカップのベストイレブンを決めよう
  6. オランダ対ドイツ ~絶望的な差~
  7. ドイツ対イタリア ~スカウティングしたの?~
  8. オランダ対コロンビアの雑感
  9. ナポリ対アーセナル ~最悪の状況の定義~
  10. オリンピアコス対マンチェスター・ユナイテッドの雑感

月別アーカイブ

2016
10
2015
10
09
07
06
05
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss