サッカーの面白い分析を心がけます

浦和レッズ対FC東京の雑感

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初の違和感は、浦和のセンターバックに対するFC東京の守備の役割。インサイドハーフがその役割を担っていた。がんばる米本。

インサイドハーフが飛び出すということは梶山が孤立しそう。

さっそく梶山周りのスペースを使われる。しかも、浦和の武藤、李がポジショニングするだけでなく、興梠落としも兼ね備えている浦和。

そして、先制する浦和。

FC東京の狙いは徐々に見えてくる。

高い位置からプレッシングをかけることで、浦和の前進を防ぎたい。ついでにショートカウンター起きたらLucky。

次の違和感はFC東京の中盤。梶山、米本、三田。例えば、阿部まで米本が走って行く。三田はカバーリングに備えて、梶山の列まで落ちるのが定跡。でも、落ちない。だから、梶山周りが怖い。

でも、浦和は梶山周りを使えない。FC東京のちょっとちょっとリスク冒しすぎなプレスと向き合う必要はない。先制しているからね。

というわけで、FC東京のターン。

攻撃の狙いは相手のウイングバックを動かして、インサイドハーフ突撃。ウイングバックを動かす役割はサイドバックだったり、ウイングだったり。または、その役割を色々な選手に重ねてみたり。中央の上下のポジショニング、ポジションチェンジ、サイドのパスコースの確保など、ああ準備してきたんだなということは伝わってきた。

試合は膠着状態を迎える。圧倒的に浦和が良かったという情報のウソに気がついちゃいそうな5秒前。

最初に動いたのはFC東京。急に4-4-2にシステムを変更する。相手のセンターバックに対して、片道燃料で林に追わせればいいのに。役割をはっきりさせる、もっと死なばもろとも感を出すために武藤と林で強襲。インサイドハーフを前に出すことで発生するシステムのズレ、移動距離をなくす考え。

そして、三田→高橋秀人。別にセントラルは米本と梶山でいいような。米本は右サイドに移動。東は左サイドに移動。

4-4-2に変更したことで、よりがちゃがちゃ感は増したが、前述の攻撃の仕組みも消える。あとは、大吉が出るまでおみくじを繰り返すだけ。

前からのプレスなので、連動する高橋秀人。しかし、DFラインがついてこない。チームの戦術が高い位置からのプレスでもDFラインがついてこなかったら必要なのは妥協。しかし、妥協はない。広がるバイタルエリア。

ターンオーバーの連続から浦和のカウンターで追加点。ウイングバックからウイングバックというえげつないゴールの形。サイドチェンジで相手の視野をコントロールすること。そして、視野外の大外から飛び出してくること。定跡のひとつ。

後半開始。

いきなりの浦和のゴール。歴史は繰り返すように2点目とほとんど一緒。

ボールを持つ場面の少ない浦和。しかし、5-4-1の自陣に撤退は見られず。ウイングバックの選手が前に出て相手を撃退する守備が見られた。

がちゃがちゃするFC東京。特に誰かをフリーにする仕組みもないので、みんな捕まる。妙に球際で気合の入っている浦和に潰される日常。ファウルも多かったけれど、ハリルホジッチは満足満足のよう。そんな激しさに苛立ったのかイエローをもらうはFC東京の面々。

FC東京は前田、中島翔哉をピッチに送る。そして、太田の左足から前田のヘディングで反撃の狼煙。でも、すぐに梅崎に消される。

試合はそのまま終了。

浦和は守備に幅が出てきた。待ち構えるだけでなく撃退。別にボールを持たなくても問題ないよという姿勢はリーグ戦を勝つ上で大きい。また、セットプレーで失点しなかったことも大きい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
J2015
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconjosepgualdiola

あるアマチュアチームの裏ボスになりました。がっつりサッカーの指導をしています。

現場に立つこと&サッカーの試合を分析することが、サッカーの勉強として最適だと自らの経験から認識しています。
このブログではサッカーの試合を分析することをテーマに運営しております。

継続は力になっていることを超実感しているので、たぶんまだまだこのブログは続くでしょう。

過去の遺物ですが、興味があればどぞ
http://forkn.jp/book/1/

用事等あれば、josepgualdiola44★yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:185
  • 累計のページビュー:24785396

(12月04日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対コートジボワール ~ぼくたちのサッカーがきえたわけ~
  2. 日本対メキシコからみる世界の流れ
  3. 2013年Jリーグベストイレブンを決めよう
  4. レアル・マドリー対バルセロナ ~バルセロナが砕け散った理由~
  5. 2014ブラジルワールドカップのベストイレブンを決めよう
  6. オランダ対ドイツ ~絶望的な差~
  7. ドイツ対イタリア ~スカウティングしたの?~
  8. オランダ対コロンビアの雑感
  9. ナポリ対アーセナル ~最悪の状況の定義~
  10. オリンピアコス対マンチェスター・ユナイテッドの雑感

月別アーカイブ

2016
10
2015
10
09
07
06
05
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月04日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss