サッカーの面白い分析を心がけます

インテル対トリノ ~マキシ・ロペスのリベンジ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 8位のインテル対13位のトリノの対決。インテルはマンチーニ就任以降負けないけれど、勝てない試合が続いている。3位とのポイント差も徐々に離れているので、そろそろ連勝街道に突入せねば、来季のCL出場は夢のまた夢。ELの出場権確保が現実的な目標か。トリノの監督はヴェントゥーラ。4-2-4で一世を風靡したが、昨年から3-5-2に転向している。インモービレ、チェルチが抜けたことで、今季は苦労が続くシーズンとなっている。

 ■ヴェントゥーラの5-3-2

 ヴェントゥーラの設計。他の3バック戦術との大きな違いはない。強いていうなら、FWの位置が低い。MFとの距離を狭くすることで、FWとMFの間のスペースを相手に支配させない狙いが有る。

 FWとMFの間のエリアを支配されてしまうと、中外中のボール循環でかなりきつくなってしまう。ボールホルダーに必ずプレッシングをかける法則に従うと、インテルがこのエリアに4人選手を差配するようになると、枚数的にきつくなる。徐々にずらされる現象が起きるだろう。

 よって、そのような現象が起きないように、FWとMFの距離を狭くする。相手の攻撃をサイドに誘導する。ただし、ボールの奪いどころの設定はあるようでなし。インテルの攻撃がバックパスに繋がれば良しとする守備であった。カウンターには繋がりにくい守備だが、変な色気がないので、非常に固い守備だ。相手にサイドチェンジをさせなければ、サイドチェンジからのサイドハーフ、サイドバックの連携攻撃という泣き所を利用されないという計算になる。

 トリノの守備に対して、インテルは外(SB)→外(SH)→中(グアリンかコバチッチ)のボール循環で中央のスペースを使おうと試みたが、潰される場面のほうが多かった。これが中外中だと、相手を広げることができるので、もっと息ができるようになったかもしれない。インテルは選手個々の動きで相手を動かすことはできていたが、発生するスペースに飛び出す選手が試合を通じて少なかった。膠着状態を打破するためには、相手の守備が整っていない時に攻撃を仕掛けることが大切になってくる。しかし、トランジションの設計はまだ曖昧で、さらにトリノが簡単にボールを奪われないようにシステムずらしであることが事態を複雑にした。  

 インテルは高い位置からボールを奪い返そうとするが、自分たちの仕組みに従順なトリノの前に、ひとまずボールを運ばれてしまう事が多かった。そうなると、相手の守備が整っていない時に攻撃を仕掛けることは難しくなる。トリノはインサイドハーフがサイドに流れるまではできていたが、そこから先の攻撃の可能性はあまり高くなかった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セリエA14/15
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

チェルシーの右サイド争い【Noricchi's Note】

マッチアップの妙についてアレやコレや唸ってみる~【米国vsポルトガル】の周辺をウロウロと…★ワールドカップ各試合を振り返る★【4thDayMarketCenter】

「キャロルは本当の価値を示し始めた」【Japanese's Forever Blowing Bubbles】

ブロガープロフィール

profile-iconjosepgualdiola

あるアマチュアチームの裏ボスになりました。がっつりサッカーの指導をしています。

現場に立つこと&サッカーの試合を分析することが、サッカーの勉強として最適だと自らの経験から認識しています。
このブログではサッカーの試合を分析することをテーマに運営しております。

継続は力になっていることを超実感しているので、たぶんまだまだこのブログは続くでしょう。

過去の遺物ですが、興味があればどぞ
http://forkn.jp/book/1/

用事等あれば、josepgualdiola44★yahoo.co.jpまでよろしくお願いします。
  • 昨日のページビュー:190
  • 累計のページビュー:24785746

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対コートジボワール ~ぼくたちのサッカーがきえたわけ~
  2. 日本対メキシコからみる世界の流れ
  3. 2013年Jリーグベストイレブンを決めよう
  4. レアル・マドリー対バルセロナ ~バルセロナが砕け散った理由~
  5. 2014ブラジルワールドカップのベストイレブンを決めよう
  6. オランダ対ドイツ ~絶望的な差~
  7. ドイツ対イタリア ~スカウティングしたの?~
  8. オランダ対コロンビアの雑感
  9. ナポリ対アーセナル ~最悪の状況の定義~
  10. オリンピアコス対マンチェスター・ユナイテッドの雑感

月別アーカイブ

2016
10
2015
10
09
07
06
05
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
07
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss