我がフェイエノールト

月別アーカイブ :2014年06月

カルスドルプ 「成長が最優先」

リック・カルスドルプは昨シーズン半ばに大きな失望を経験していた。このMFは数回トップチームのトレーニングに加わり、監督 ロナルド・クーマンの目の届くところでプレーし、冬のスペイン マルベラでのトレーニングキャンプ参加も濃厚だったが、膝の怪我でフイにしてしまった。 カルスドルプはその後の期間で怪我から回復にハードワークし、それに成功した事で昨シーズン終盤の数ヶ月間には再びトップチームのトレーニングに......続きを読む»

ディルク・カイト、笑顔と涙の記念日

ディルク・カイトはEstádio Castelãoにおいて、そのフットボール・キャリアで最も感情的な一日を過ごした。このオランイェのオールラウンダーはメキシコ戦(2-1)でセレクションの”セントゥリオンス”グループに加わった。「今日はまさに僕の父の命日。あれから7年後にオランダ代表の歴史上7人目の100試合出場選手になった」と過去にオランイェで何度も背番号7を背負っていたmannetjesputte......続きを読む»

オランイェ、暑さとメキシコに勝利

準々決勝へ!オランダ代表はメキシコ相手に敗退かと思われたが、灼熱の終盤に全てをひっくり返した。0-1のビハインドから2-1の勝利へと導いたのはヴェスリー・スナイデルと途中出場クラース・ヤン・フンテラール。 ルイ・ファン・ハールはチリとのグループステージ最終戦と比較してスタメンをいくつか変更。ダリル・ヤンマートに代わりパウル・フェルハーフが右バックでスタメン出場し、ロビン・ファン・ペルシも出場停止か......続きを読む»

大勝でプレシーズンをスタート

フェイエノールトは日曜午後にアマチュアクラブ sv Honselersdijkと対戦。新監督 フレッド・ルテンの指揮での最初の試合に0-8で勝利し、プレシーズンの練習試合シリーズをまずは大勝でスタートさせた。ロッテルダムス・サイドのゴールを決めたのはレクス・インマルス(2)、ミチェル・テ・フレーデ(2)、ルーベン・スハーケン、ジョーイ・スレーヘルス、リック・カルスドルプ、アナス・アッチャバール。ヴァ......続きを読む»

ファン・ハール、WKメキシコ戦前日会見

ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは日曜にFortalezaで対戦するメキシコがチリと似たような相手だと予想している。「ただし彼らは層も厚い」とファン・ハールはFortalezaでの会見で説明した。 「チリにはAlexis SanchezとArturo Vidalという二人のファンタスティックな選手がいる。幸いにもVidalは我々との試合にはでなかったがね。しかし全体としてはメキシコの方が良いチー......続きを読む»

ダンマース 「ここからが僕にとって本当の始まり」

大きな期待と共にヴェッセル・ダンマースは水曜のデ・カイプに現れた。19歳のスピッツはこの数シーズン ネット上の写真や動画でフェイエノールトの初トレーニングの伝統的な雰囲気を知ってはいたが、今年は彼自身がセレクションの一員として新シーズンの準備を始めることになった。「ファンタスティック。これを本当に楽しみにしていたんだ」とチームメイト共にヘット・レヒューンの温かい拍手を受けながらピッチを後にした直後の......続きを読む»

ルテン 「欧州戦へ向けてグループを準備する」

フレッド・ルテンは水曜日にフェイエノールトの新監督として温かい歓迎を受けた。デ・カイプで行われた初トレーニングではトゥヴェーデ・リングにサポーターによる‘Welkom Fred’のバナーが張られただけでなく、51歳の監督に向けてヘット・レヒューンからの歌も歌われた。スタディオンでの90分間のトレーニングが終わった後にそのままフェイエノールトの監督としての初の会見に臨んだルテンは、そこでプレシーズンの......続きを読む»

2013-2014シーズン背番号発表

水曜日に2013-2014シーズンの初トレーニングを控えるフェイエノールトはトップチームのセレクションの背番号を発表した。背番号1から11を背負う選手は昨シーズンを変わらず。FC ドルドレヒトから加入したGK ヴァルネル・ハーンは背番号16を貰った。 リック・カルスドルプ、ヴェッセル・ダンマース、ロドニー・ロペス・カブラルは初めての背番号を背負うことに。カルスドルプは26、ダンマースは31、カブラ......続きを読む»

オランイェ、チリに勝利してグループ首位通過

オランダ代表はWKのグループステージ3試合目も勝利。緊張感のある好ゲームでチリを2-0で破った。Sao Pauloで違いを作ったのは共に途中出場のリロイ・フェルとメンフィス・デパイ。 ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールはディルク・カイトを左バック・ポジションで起用する驚きを見せる。代表99試合目のカットワイカーは対面したチリのウィンガー Islaをしっかりと抑え、FWのアルイェン・ロッベンとジェレ......続きを読む»

ファン・ハール、WKチリ戦前会見

ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールはWKグループステージ最後のチリ戦でいくつかのポジションを入れ替える考えだと試合前日のSão Pauloでの会見で明かした「プレーさせるべき選手もいるし、出場停止の選手もいるからね。いくつかのポジションを入れ替えるつもりだ」 具体的にどの選手を起用するかはファン・ハールは語らず。「しかし個々の選手の名前をここで挙げるつもりはない。相手を賢くする必要は私には無い。オ......続きを読む»

フェイエノールトがオランイェの最多勢力となったのはファルケノールト改革のおかげ

クラーシ、コンゴロ、マルティンス・インディ、デ・フライ、デ・グズマン、ワィナルドゥム、フェル、フラール、そしてもちろんフロート・ヘルト ロビン・ファン・ペルシ。オランダ代表のこの選手たちの共通点は、彼らがフェイエノールトでプレーしている、またはプレーしていたということだ。 ‘010’がオランイェにおいて’020’を完全に圧倒しているが、この変化は専門家たちにとって驚きでは無い。すでにヨング・オラン......続きを読む»

オランイェ、オーストラリアに勝利してベスト16へ進出

オランダ代表はブラジルでのWKでベスト16への敷居に立った。水曜のPorto Alegreでオランイェはオーストラリア相手に苦しみながら3-2で勝利。アルイェン・ロッベンとファン・ペルシが再びゴールを決めたが、決勝点を生んだのはメンフィス・デパイのシュートだった。 勝ち点6,得失点差8-3でオランイェは次のラウンドへの進出をほぼ確定。この後の夜に行われる試合でスペインがチリに敗れれば、オランダはそ......続きを読む»

ファン・ハール、WKオーストラリア戦前日会見

ファン・ハールはオーストラリア戦前日の会見で試合へのプランを明かそうとはしなかった。「システムはこの試合において決定的要因としての役割を果たし得る。だからそれについて私は何も言うつもりはない。オーストラリアの同業者から私はスタメンは聞いていないから、私も言わないよ」とボンズコーチ。 試合前日のトレーニングではDF ロン・フラールの代わりにFW ジェレマイン・レンスがスタメン組に入っていた。ファン・......続きを読む»

クーマン 「父の大きな願いだった」

ロナルドとエルヴィンのクーマン兄弟はイングランドのクラブ Southamptonで総監督とアシスタントとして仕事を始める。エルヴィン・クーマンによれば、兄弟が一緒に仕事をするのは2013年12月に75歳で亡くなった父親 マルティン・クーマンの大きな願いだったという。 「私たちはいつか一緒にやろうと前から言っていたんだ。でも父が私たち二人は一度一緒に仕事をしたら最高だと、とハッキリ口にしてね」とエル......続きを読む»

オランイェの流れを変えたのは"水を運ぶ選手たち"

ファン・ペルシの2得点、ロッベンの2得点。オランイェの”ホットスホット”がスペイン戦の主役であり、違いを作ったのは間違いない。しかし流れを変えたベースとなったのは何か?それは中盤と守備陣で水を運んでいた選手たちだ。デ・フライやマルティンス・インディといった選手たちが苦しいスタートの後に勇気を示し、スペインのゲーム・コントロールを突き崩した。 金曜夜にSalavadorのFonte Nova Are......続きを読む»

オランイェ、WKで夢のスタート

オランダ代表はこれ以上望みようが無い形でブラジルでのヴェレルトカンピューンスハップをスタートさせることができた。ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールのチームはSalvadorで現在のヴェレルトカンピューン スペインを相手に5-1で大勝と歴史的な勝利を夜を過ごした。 ファン・ハールは試合前日に公表した通りに背番号の1から11をスタメンに並べる。ヴェスリー・スナイデルにとってはオランダ代表のシャツを着て......続きを読む»

ファン・ハール WKスペイン戦前日会見

ルイ・ファン・ハールはオランダ代表のWK初戦 スペイン戦で自身の望みをついに実現させる。「これは選手、監督にとって最高の舞台。この雰囲気に参加したいと私はずっと望んでいた」 ファン・ハールはオランイェと共に2002年WKを逃し、そのためにこそ彼は2012年EKの後にオランダ代表に戻って来た。ほぼ非の打ち所のなく予選を終え、金曜のSalvadorでの試合では現在のヴェレルトカンピューンが待ち構えてい......続きを読む»

才能で劣っていたクラーシ&ヤンマート 「ファイトし続けることでトップへのドアは再び開かれる」

もしフェイエノールトのユース選手たちが「出ていった方が良い」と言われているなら、金曜のヴェレルトカンピューン スペインとのWK初戦に向かおうとしている二人、ダリル・ヤンマートとヨルディ・クラーシを見るべきだ。「多分僕らは、ファイトし続けることでトップへのドアは再び開かれるんだというお手本だろうね」 サインを求めてそのチャンスを争い、写真をねだる。ダリル・ヤンマート(24)とヨルディ・クラーシはPa......続きを読む»

「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」

WK初戦はまだ行われていないが、すでにオランダは伝統的な議題を提供している。ルイ・ファン・ハールは新しいプレースタイルでホーランセ・スホールの原則に縁を切ったのか?それともオランイェのボンズコーチには他の選択はなかったのか?『みんないろいろ望んでもいいけど、しかし我々は勝利も望んでいるんじゃないか?』 ナイジェル・デ・ヨングはかすかに微笑みを浮かべながらRio de Janeiroの木製のテーブル......続きを読む»

オランイェ、壮行試合で2-0勝利

オランダ代表は水曜にWK前最後の練習試合を行い、ウェールズに2-0で勝利。低調な試合でアルイェン・ロッベンと途中出場のジェレマイン・レンスがゴールを決めた。試合終了後、完売のアムステルダム・アレナではオランイェを送り出すウェーブ。 先週土曜のガーナ戦(1-0勝利)と比較し、怪我のジョナタン・デ・グズマンの位置でリロイ・フェルがプレー。それ以外にボンズコーチ ファン・ハールは自分のチームに手を付けず......続きを読む»

ヨング・オランイェ、堅固なルクセンブルクを破る

ヨング・オランイェがルクセンブルクに膝を付かせるには後半出だしの15分間にガスを入れるだけで十分だった。この時間帯にオランダは3得点を決め、マーストリヒトでの低調な試合で勝利をモノにした。 今シーズン最後の試合、ヨング・オランイェの出だしはまだ良かった。ボールはスムーズに動き、ルクセンブルクを押し込んでいた。しかし築かれた白い壁の前にオランダの攻撃はペナルティエリアで立ち往生に。 15分過ぎに先......続きを読む»

ファン・ヘール、移籍に関する噂を否定

選手たちの移籍に関して欧州の隅々からフェイエノールダーたちに広く関心が集まっているという噂が流れていることに対し、ファン・ヘールはすぐに大金が動くという考えは正しくないとサポーターに対してクラブサイトでメッセージを発した。 ファン・ヘールによれば、今のところフェイエノールトに具体的な関心を持って選手について問い合わせを行ってきた国外クラブは一つしかない、というのが事実だ。「イタリアのクラブがオファ......続きを読む»

オランイェ、WKセレクション背番号発表

ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは水曜のウェールズ戦を前に、オランイェが国内最後のトレーニングを行っているスタンポールトで会見を行い、WKセレクションの背番号を発表、ガーナ戦を振り返り、ウェールズ戦について語った。 今日のトレーニングで負傷したデ・グズマンについて 「今朝のトレーニングで左足のハムストリングに違和感を感じて早退した。水曜のウェールズ戦でリスクを冒すつもりはないが、我々には代わりの......続きを読む»

ファン・オーストフェーン、エールディヴィジとオランイェのレベル低下を懸念

KNVBは今後数年のエールディヴィジとオランダ代表のレベルを不安視している。協会は今年秋に今後のプロ・フットボールのポリシー、特にユース育成面についての会議を開く予定だとディレクター ベルト・ファン・オーストフェーンがNUのインタビューで語った。 「エールディヴィジと国際フットボールの差が大きく、ますます広がっている。それはオランダ代表にも多少現れてきている。我々は4,5年前ほど良くはないし、世界......続きを読む»

オランイェ、ガーナに1-0で勝利

オランダ代表は土曜にデ・カイプでガーナと練習試合を行い、1-0で勝利。5分過ぎにこの夜唯一のゴールを決めたのはロビン・ファン・ペルシ。 オランダは目前に迫ったWKへの準備期間で、初めて本番用のスタメンを組んだ。2週間前のエクアドル戦ではまだエールディヴィジ選手だけだったが、この夜ルイ・ファン・ハールは最強の11人を並べる。デーリー・ブリントが左バックのポジションに入り、それによって中盤の空いた席は......続きを読む»

ドン・レオ 「スナイデルを怒らせろ、時にはそれも必要だ」

オランダのトレーナーズ・ギルドの黒幕であるレオ・ベーンハッカーはそのキャリアで2回WKを経験している。その彼がWKインタビューでオランイェについて、ルイ・ファン・ハールについて、そしてマネージメント手法について語った。「1990年は1秒も笑えなかった。トリンダーデとの2006年は1日中楽しんでいたよ。ルイも陽気な奴だしとんでもなく怒る事は無い」 「最近Joop Brandと話したんだ。彼を知ってい......続きを読む»

ファン・ハステル、WKセレクションについて 「前例の無いことだ」

ジャン・パウル・ファン・ハステルは土曜午後のWK最終セレクション発表のニュースを大きな歓びと共に受け取った。フェイエノールトのアシスタント・コーチはクラブから5選手がブラジルへ行く事を誇りつつ、しかしボンズコーチ ルイ・ファン・ハールの選択に多少驚かされている。 「コンゴロの選出は予想していなかった。ファン・アーンホルトが落ちたのも少し驚き。コンゴロはデビューのエクアドル戦では緊張していたし、途中......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:505
  • 累計のページビュー:5600663

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss