我がフェイエノールト

月別アーカイブ :2013年03月

終盤の失点によりヘーレンフェーンで何も得られず

土曜夜に行われたエールディヴィジ第28節、フェイエノールトは少なくとも1日首位に立てるチャンスをつかめなかった。クラブトップスコアラー グラツィアーノ・ペッレを出場停止で欠いたロナルド・クーマンのチームはsc ヘーレンフェーンとのアウエーゲームで一瞬も良い時間帯を作れず。それでも長時間、少なくとも1ptの望みはあったものの、終盤に2ゴールを許し、2-0で何も得る事はできなかった。前半にレクス・インマ......続きを読む»

ペッレ抜きでフリースラントへ

sc ヘーレンフェーンとのアウエーゲームに向けての準備で大きな疑問だったのはフェイエノールトがトップスコアラー グラツィアーノ・ペッレの穴をどう埋めるかだ。監督 ロナルド・クーマンは出場停止のためにこのイタリア人スピッツを起用できない。クーマンは金曜の会見でもフェイエノールトが土曜にどんなスタメンでプレーするか明らかにしなかった。「我々はいくつかのヴァリエーションを練習したが、他のやり方をするかもし......続きを読む»

ルーマニアに4-0の大勝

オランダ代表は火曜夜にアムステルダムでルーマニアに4-0で大勝。ブラジルでのWKにかなり近づいた。ゴールを決めたのはファン・ペルシ(×2)、ファン・デル・ファールトとレンス。 アムステルダムでの10時半前、ブルーノ・マルティンス・インディとステファン・デ・フライは抱き合い、ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールはアシスタントのクライフェルトから祝福を受けた。オランイェの全ての人々にとって幸せな火曜......続きを読む»

ヨング・オランイェ、EK最終セレクション予想

3大会ぶりにEK予選POを突破して本大会出場を決めたヨング・オランイェ。現在の世代にはすでにフロート・オランイェにデビュー、定着している選手たちが多くいるが、ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは6月のアジア遠征よりもEK Onder 21を優先させると語っており、コル・ポットが望む強力なチームでイスラエルに行く事ができるだろう・・・。 Doelman ポットもここは全く悩まずに済む。ズートとビゾッ......続きを読む»

ヨング・オランイェ、ノルウェーに勝利

ヨング・オランイェは月曜にワールワイクでノルウェーと練習試合を行い、苦戦したが4-1で勝利を収めた。長時間を1人多い状態でプレーしたヨング・オランイェだったが、一時はビハインドも背負う展開。途中出場 ジョルジニオ・ワィナルドゥムが2得点で安心させた。 スタンドに3000人弱のファンが集まったワールワイクでのスタートはまだ良かった。開始3分でヤニク・ヴィルツフットが大チャンスも、ノルウェーのGKに至......続きを読む»

ファン・ハール、ルーマニア戦前日会見

ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールはルーマニア戦では金曜のエストニア戦よりもよりスペースを得られると予想している。怪我により離脱したスナイデル以外のスタメンは同じ見込み。「エストニア戦のスタメンには満足してる。ただ相手の個人個人のクオリティはエストニアよりもあるからパフォーマンスをもっと上げなければならない」 WK予選 グループDでハンガリーと共に2位に並ぶルーマニアとの試合はエストニア戦とは......続きを読む»

グラツィアーノ・ペッレ:デ・カイプの巨人、イタリアの小人

エールディヴィジに戻るにあたり皮肉の壁と戦わなければならなかったグラツィアーノ・ペッレだったが、この半年の21ゴールで見事に激しい批判をほとんど黙らせることに成功した。しかしイタリアではそれも印象を残すことはほとんど無く、フェイエノールトの"Capocannoniere"も母国の新聞では枝葉末節の扱いだ。 イタリア人ジャーナリストがデ・カイプのゲート前に列をなす殺到状態にな......続きを読む»

金曜&火曜の代表戦は『馬鹿げたアイディア』

オランイェの試合が金曜と火曜夜に行われるようになり、その週末からプロフットボールが無くなって2年以上、いまだ慣れることがない奇妙な状況が続いている。代表選手たちを早く取り戻せるクラブの監督を別にすれば、誰も喜んでいないだろう。ADが3人のフットボール・ファンに意見を求めたが、彼らも代表戦は土曜と水曜に戻すべき、との意見で一致している。 「クレイジーなアイディアだった」とTV、ラジオ・リポーター......続きを読む»

ヤコブス 「フェイエノールダーたちは小言を言わずにオランイェに代表戦もこなさなければならない」

オランダ代表が無駄に多くの代表戦をしている多くの解説者が主張する一方、ロブ・ヤコブスはKNVBがもっと多くの試合を組むのがベストだと主張している。フェイエノールトの元選手であり元監督は、オランイェでWK参加を狙うポテンシャルのある選手たちが、試合で自分を証明する出場機会をほとんど得られていないと考えている。 エストニアとのWK予選でボンズコーチ ルイ・ファン・ハールはステファン・デ・フライ、ブ......続きを読む»

ブラルト 「我々には楽しんでいる時間はない」

フェイエノールトにおいてトップチームに上がっていくタレントたちの勢いはかつて無く大きい。ロッテルダムのクラブはこの数年スポーツ面でも財政面でも苦しい時期を過ごしてきた。だがその背後でもユース育成は元気旺盛であり続け、今やデ・カイプのチームの大半は自分たちで育てた選手で構成されている。この構成の最大の功労者 ステンリー・ブラルトも大きな賞讃を受けている。 1976年から1986年いフェイエノール......続きを読む»

オランイェ、エストニアに勝利。1500点目はスハーケン!

オランダ代表は金曜夜にエールディヴィジの選手7人と共にブラジルでの2014年WKへ向けてまた一歩前進した。アムステルダム・アレナでオランイェはエストニアに3-0で勝利。急遽投入されたラファエル・ファン・デル・ファールトが先制ゴール。終盤にピッチに入ったルーベン・スハーケンはオランダ代表の通算1500点目。 HTまでエストニア相手に先制することができなかたこの夜のオランダ代表に魔法をかけたのは間......続きを読む»

ファン・ヘール、移籍市場の噂に 「選手への正式なオファーは今回が初めて」

Fiorentinaは代表選手であるヨルディ・クラーシを今年夏に獲得するためにフェイエノールトに約600万ユーロのオファーを提示した。この21歳のMFとロッテルダムのクラブの現在2015年までの契約の延長交渉が停止しているのもイタリアのクラブは承知している。 デ・カイプで高額なサラリーを得ている訳ではないクラーシはイタリアの4位からの真剣な関心について、昨日短く平然と答えた。「あらゆる所でその......続きを読む»

ヨング・オランイェ、イスラエルに勝利

ヨング・オランイェは木曜夜にイスラエルと初対戦。コル・ポットのチームはPetach Tikvaで6月のOnder 21 EKのホスト国と親善試合を行って2-1で勝利した。 オランダのゴールはブラム・ナイティンクとルーク・デ・ヨング。イェトロ・ヴィレムスがヨング・オランイェでの初出場を果たした。ヨング・オランイェは月曜にワールワイクで再びEK参加国であるノルウェーと対戦する。 6月の本大会でヨング......続きを読む»

ファン・ハール、エストニア戦前会見

ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールは水曜午前の練習からオランダ代表がまた一歩前進したと感じている。「イタリア戦前もそう感じたが、今回は特にボールを持った時に成長が見られる。これからの試合に向けて自信になるよ」 ここまでの試合でファン・ハールは「ボールを持つ相手」に対してのオランイェのプレーには非常に満足していた。「しかし我々がボールを持った時はまだそれほど良くな合った。今回はそこで前進している......続きを読む»

第27節結果 FC トゥエンテがついに2013年初勝利

Speelronde 27 vrijdag 15 maart 20:00 PEC Zwolle - Roda JC Kerkrade 3-2 (2-2) 6' Sanharib Malki 0-1 / 10' Bart van Hintum 1-1 / 32' Youness Mokhtar 2-1 / 35' Bart Biemans 2-2 / 73' Denni Avdic 3-2 ......続きを読む»

ユトレヒトを下して依然コップローパーに1pt差

日曜午後に行われたエールディヴィジ第27節、ティートルを争うライバルたちが勝ち点を落とさない中で、フェイエノールトも重要な3ptsを積み上げた。ロナルド・クーマンのチームはFC ユトレヒトに2-1で勝利、デ・カイプでの24試合連続無敗を継続。フェイエノールトのゴールを決めたのはグラツィアーノ・ペッレとダリル・ヤンマート。 相応しい内容でリードしてHTに入ったフェイエノールトだったが、それでも前......続きを読む»

ファン・ヘール 「売却の必要性はない」

テクニカル・ディレクター マルティン・ファン・ヘールがこの夏フェイエノールトには売らなければならない選手はいないと強調した。ロッテルダマースの復習選手は国外のビッグ・クラブに関心を持たれており、ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールが7人のフェイエノールダーをオランイェに招集した事実が示すと通り、移籍市場でのクラブへの注目度は高まっている。「選手を売る必要性は無いということを強調しておきたいが、それで関......続きを読む»

FC ユトレヒト戦でまず第一目標を安全圏へ

今週 ロナルド・クーマンが選手たちに次の対戦相手であるFC ユトレヒトのストロング・ポイントを尋ねた時、選手たちは主にチームスピリットとフィジカルの強さがあのチームの武器だと指摘。クーマン自身も金曜の会見で、FC ユトレヒトのプレースタイルをそれに付け加えた。「彼らは大抵2スピッツのシステムでプレーしており、それによって多くの相手をトラブルに陥れている。だが日曜は我々が前へと大きなプレッシャーを掛け......続きを読む»

フィレーナ 「オランイェに選ばれて夢が実現した」

金曜午前にフェイエノールトの非公開練習がほぼ終わった時間、トニー・フィレーナはデ・カイプのピッチでロナルド・クーマンからお祝いをされた。この才能溢れるMFもある時点でオランダ代表の最終セレクションが発表されるのは知っていたが、監督からのお祝いの言葉を貰ってもまだ信じられないようだった。ボンズコーチ ルイ・ファン・ハールによってエストニア、ルーマニアとのWK予選に招集されたと知ってもフィレーナは喜び以......続きを読む»

ファン・ハステルとファン・ブロンクホルストと契約延長

ジャン・パウル・ファン・ハステルとジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストは金曜日にフェイエノールトとの新契約にサインした。ファン・ハステルは2年、ファン・ブロンクホルストは1年の契約延長。監督 ロナルド・クーマンもすでに新契約にサインしているため、フェイエノールトは来シーズンもテクニカル・スタッフ全員が継続する。 両アシスタント・コーチは契約にサインを済ませた後に、素晴らしい日を祝って乾杯。こ......続きを読む»

オランイェ、エストニアとルーマニアとのWK予選へ向けて最終セレクション。トニー・フィレーナが初招集

ボンスコーチ ルイ・ファン・ハールはエストニア(3/22)とルーマニア(3/26)とのWK予選へ向けてのオランイェの最終セレクション 23名を発表。トニー・フィレーナが初招集を受けた。 プレセレクションに含まれていたジャン・パウル・ボエチウス、マイク・ファン・デル・ホールン、アダム・マヘル、イェトロ・ヴィレムスはヨング・オランイェに参加する。 De volledige selectie:......続きを読む»

ヨング・オランイェ、イスラエルとノルウェーとの練習試合へ向けての最終セレクション発表。イェトロ・ヴィレムスが初招集

KNVBの監督 コル・ポットはイスラエルとノルウェーとの練習試合へ向けての最終セレクション 19名を発表した。唯一の新顔はPSVのDF イェトロ・ヴィレムス。18歳の左バックはまだヨング・オランイェに招集されたことはなかったが、オランダ代表ですでに8キャップを持ち、昨年のポーランドとウクライナでのEKにも出場している。 ヨング・オランイェは今月 EKに参加する2ヵ国と対戦。まずは6月にUEFA E......続きを読む»

ヴィルフリード・ボニー、知られざるもう一つの顔

エールディヴィジのトップスコアラー ヴィルフリード・ボニーはこの数週間、特に再三の移籍アピールでニュースになっていた。多くの大衆は彼を金のためにプレーしていると見ているが、彼にもう一つの顔があることを知らない。 ある金曜朝の6時にボニーは友人の電話で起こされた。「テオ・ボスが無くなった」というのがその電話の会話で彼が聞いた最初の言葉だった。「僕はテオを個人的には知らないけど、クラブのために彼が......続きを読む»

ネロム 「フェイエノールトのスタメンになりたい」

PSV戦とNEC戦で素晴らしいプレーを見せたネロムだが、先週日曜のローダJC戦では再びブルーノ・マルティンス・インディにポジションを譲った。「僕は十分スタメンでやれると思うし、PSVとNEC相手にそれを見せる事ができたのは嬉しいよ。僕にとってはテストのようなものだった。トレーニングはしっかりやれているし、チャンスがあればモノにしないと」 「PSV戦はブルーノの怪我で急遽交代になったからちょっと......続きを読む»

ファン・ヘール 「継続的な成功のためには選手を売らなければならない」

再び継続的にエールディヴィジのトップドリーに留まるためにも、フェイエノールトは今年の夏に選手を売却しなければならない。オランダの他のトップクラブの予算規模を見れば、ロッテルダム・ザイトのクラブは素晴らしいシーズンを送っており、いまだティートルの可能性も残している。 「これはとても特別な事なんだ」とテクニカル・ディレクターのマルティン・ファン・ヘール。「我々の予算は36mil。アヤックス、PSV......続きを読む»

ファン・ルーン 「インマルスはフェイエノールトの驚き」

シーズン後半戦まだゴールが無いレクス・インマルスだが、ジョン・ファ・ルーンはこの攻撃的MFがフェイエノールトにとって重要な存在であると信じている。 「インマルスはフェイエノールトの驚きだ。ペッレの落としたセカンドボールを拾うのに彼の役割は非常に重要。彼は常にボールを受けて落ち着いている」 「ローダ戦前半は彼のプレーを楽しんだよ。フットボールも良くなってきている。走れるし、ハードワークできる、真......続きを読む»

ファン・ハネヘム 「象にフェイエノールトのおとぎ話を吹き飛ばさせるな」

エールディヴィジの先頭に立ってフェイエノールトの攻撃への注目は今週さらに大きくなった。こういうフロート・クラブがこういう大きな注目を集めるのは当然のこと。長く掛かったが、ようやく再びここまできた。フェイエノールト内部と周辺の全ての人々が新たな成功を渇望している。 この段階まで来て、選手たちが冷静さを保つことを願っているよ。頭を平静に保つことがリーグ戦の最後に勝負を決める要素になる。ローダJC戦......続きを読む»

第26節結果 ティートル・レースはトラディツィオネール・トップ3が1pts差で終盤戦へ

Speelronde 26 vrijdag 08 maart 20:00 FC Groningen - NAC Breda 1-1 (0-0) 48' Maikel Kieftenbeld 1-0 / 50' Jordy Buijs 1-1 (Pen.) 共にゴールを決めるのに苦労している両チーム。前半からホームのフローニンゲンが攻勢で多くのチャンスを作るも、ポスト直撃とテン・ラウウ......続きを読む»

ケルクラーデで苦戦の末に重要な勝利

日曜午後に行われたエールディヴィジ第26節、フェイエノールトは非常に緊張感のある終盤の末に、ローダJC ケルクラーデとのアウエーゲームでどうにかこうにか勝利を手にすることができた。パルクスタット・リンブルフ・スタディオンでグラツィアーノ・ペッレが唯一のゴールを決めて0-1。前半ローダJC相手に良いプレーをしたフェイエノールトは後半は大きなプレッシャーを受けたが、クーマンのチームは貴重な3ptsを持ち......続きを読む»

贅沢な立場でローダJC戦へ

来たる日曜のローダJC ケルクラーデとのアウエーゲームへ向けてロナルド・クーマンは贅沢な立場にある。セレクションが全員フィットしたため、多くの選択肢から選ぶことができるからだ。さらにこの数週間の高パフォーマンスよりグループの雰囲気も良く、フェイエノールトは大きな自信を持ってケルクラーデへ出発できるはずだ。「もちろんN.E.C.戦で見せたようなフットボールと同じものが日曜もできるかどうかは常に疑問の余......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:309
  • 累計のページビュー:5506835

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss