我がフェイエノールト

月別アーカイブ :2011年03月

クライフとの戦いに敗れたアヤックスの理事会が総辞職

代表戦の裏でオランダメディアを騒がせていたアヤックスのクライフ騒動。テクニカル・アドバイザーに就任したクライフから「アシスタント・コーチのデニー・ブリントら8人のテクニカル・スタッフ解雇とデ・ブール、ヴィム・ヨンク、デニス・ベルフカンプの3人を柱とするテクニカル面の再編成」を求められたアヤックスだが、GMファン・デン・ボーフを筆頭にこのような強引なやり方は到底受け入れられないと拒否。緊張感が高まった......続きを読む»

オランイェ、ドタバタ劇も連勝はキープ

火曜夜にアムステルダム・アレナで行われたEK予選、オランダ代表はハンガリー相手に両チーム多くのゴールが生まれる奇妙な試合の末に5-3で勝利した。オランイェ・フットボールと改名されたバルセロナ・プレーで普段通りのスタートを見せたオランイェだったが、後半状況が一変。一時ハンガリー相手に劣勢に立たされ、ボンズコーチ ベルト・ファン・マルワイクのもとでの欧州予選通算14試合目で初の勝ち点を落とすかと思われた......続きを読む»

O/19オランイェ、イングランドに快勝

火曜夜にOnder19 オランイェPuttenでイングランドと親善試合を行い、ルク・カスタイニョスとオラ・ジョンのゴールで3-0と快勝した。特に最初の30分間は見ていて楽しかったとKNVBのヴィム・ファン・ズワム監督。 金曜日のイタリア相手の1-0の敗戦から修正したO/19。ファン・ズワムは「フットボール自体は悪くなかったが、次のステップに進むには5~10%上げていかないと行けない。選手たちは......続きを読む»

ファン・マルワイク、ハンガリー戦前日記者会見

ボンズコーチ ベルト・ファン・マルワイクはブダペストでのハンガリー相手に4-0というポジティブな結果に喜んではいるが、決して予想外のゲームでは無かったと見ているようだ。 「我々はいつもああいうプレーをしたいと思っている。我々のこの2年半を見ていれば、あの試合は偶然ではないと分かるだろう。我々は度々良いプレーをしてきたからね。完璧に近づいてはいるが、いつでももっと良くできる。まぁ我々が2年半やってき......続きを読む»

ファン・ハネヘム 「オランイェは相手がどこかを問題にしてはいけない」

金曜のオランダ代表のフットボールは見ていて素晴らしかった。魅力的で、攻撃的で、スピーディで、楽しく、まさに私がいつも、彼らならこういうプレーができるはずと考えていた通りのものだった。二人の攻撃的MF、3人の流動的なスピッツ陣が多くのチャンスを創り出した。オランイェは相手がどこかを問題にしてはいけないんだ、彼らはいつもああいうプレーができるんだから。 私はオランイェを苦しめられる国はフットボール......続きを読む»

スナイデル 「バルサ・フットボール?オランイェ・フットボールだ!」

OnsOranjeインタビュー。 ウェズレイ・スナイデルはブダペストでの素晴らしい勝利を幸せな気持ちで振り返っている。 「僕らは4-0という勝利と美しいフットボールを見せることができた。このまま集中してやれば火曜日は僕らにとっても観客にとっても楽しめるものになるだろう」 10月のスウェーデン戦で輝いたオランイェのコンビネーション・プレーも、金曜のハンガリー戦同様に賞讃された。 「比べ......続きを読む»

カイトとスナイデルが75キャップ、90キャップ目前のファン・デル・ファールトはオランイェ史上最多交代選手に

ディルク・カイト、ウェズレイ・スナイデル、ラファエル・ファン・デル・ファールトにとってハンガリーとのEK予選は忘れられない試合になるだろう。ブダペストで共にスタメン出場したスナイデルとカイトはオランダ代表75キャップを達成、エドガー・ダーヴィッツ(74キャップ)を抜いてオランイェの歴代キャップ数15位以内に入った。カイトは金曜の試合に3-0となるゴールを決めて通算19点目、スナイデルもこれまで20得......続きを読む»

オランイェ、アウエーでハンガリーを圧倒し連勝続ける

金曜夜にブダペストで行われたEK予選、オランイェはグループ2位のハンガリーに0-4で勝利しEK本大会へ大きく前進した。オランイェはやや低調なスタートを切ったものの、相手をノーチャンスに封じ込め、突発的にだがハイレベルなポジションプレーを見せた。ラファエル・ファン・デル・ファールト、イブラヒム・アフェライ、ディルク・カイト、ロビン・ファン・ペルシがゴール。ロスタイムは取られなかった。 この試合でウェ......続きを読む»

ヨング・オランイェ、ドイツに完敗

金曜夜にドイツと練習試合を行ったヨング・オランイェだが、見せ場を作ることなく1-3で完敗、コル・ポットのチームは親善試合2連敗となった。 ヨング・オランイェはジェネロ・ゼーファイク、マルコ・ヴェイノヴィッチ、ティース・エーフェルスの3人がスタメンでデビュー。後半はジャンルカ・ナイホルト、ミケル・ネロム、ロラント・ベルフカンプがデビューした。 前半立ち上がりからヨング・オランイェには力強さ......続きを読む»

O/19オランイェ、序盤の失点でイタリアに敗れる

水曜日にイタリアと親善試合を行ったOnder19オランイェだが序盤の失点を取り返せず1-0で敗れた。AZer アダム・マヘルが前半脳震盪のために退いている。 試合後アリーゴ・サッキの賞讃を受けたものの、O/12は何も手にできなかった。「不必要な敗戦」とKNVBのヴィム・ファン・ズワム。「最初の5分間で我々は不味い守備からビハインドを負ってしまった。そうなればイタリアが自分たちの陣内に閉じこもる......続きを読む»

ベルタス、選手たちのオーバーワークについて考える

水曜の記者会見から ボンズコーチ ベルト・ファン・マルワイクはハンガリーとの2連戦で多くのトッププレイヤーを起用できない。マールテン・ステケレンブルフ、アルジェン・ロッベン、クラース・ヤン・フンテラール、テオ・ヤンセン、ヘドヴィヘス、マドゥロがすべて怪我で欠場。マルク・ファン・ボメルも金曜のブダペストでの試合を欠場するが、4日後のアレナでの試合には参加できる可能性が残されている。 ベルト......続きを読む»

Lee Towers氏が65歳の誕生日

歌手 リー・タワース氏が今日水曜日に65歳の誕生日を迎えた。タワース氏は35年間の歌手生活においてフェイエノールトと親しく活動し、ホームゲームでほぼ毎試合歌われる『我がフェイエノールト』を含む様々なクラブリートを発表している。そのためにディレクター陣、スタッフ、選手らが総出で彼の誕生日を温かくお祝いした。 タワース氏は火曜日にはテレビ番組KoffieMaxに招かれ、65の背番号が入ったフェイエ......続きを読む»

第28節VvhJ採点

AZ: Alvarado 6; Marcellis 6; Moisander 7; Viergever 6; Klavan 6 (S.Poulsen -); Elm 6.5; Wernbloom 6.5; Schaars 7.5; Holman 6; Sigthórsson 5.5; Gudmundsson 5 (Martens 6.5). VITESSE: Room 6; Yasuda 6; K......続きを読む»

ケルクラーデで敗れて無敗ストップ。ついでにシーズンも終了

日曜に行われたエールディヴィジ第28節、フェイエノールトはケルクラーデでローダJCと対戦、3-0で敗れて順位を上げる事はできなかった。前半までのアノアール・ハドウィルとマッズ・ユンケルのゴールで2-0とリードを許すと、終了直前にディエゴ・ビセスワールがアンラッキーなOG。リンブルフでの敗戦でフェイエノールトの無敗は6試合で終わった。 ケルクラーデでは家族の不幸で2試合欠場したエルヴィン・ムルデ......続きを読む»

第28節結果

Speelronde 28 Vrijdag 18 Maart 2011 20:45 AZ - Vitesse 3-1 (0-1) 44' Marco van Ginkel: 0 - 1 / 63' Pontus Wernbloom: 1 - 1 / 81' Simon Poulsen: 2 - 1 / 84' Maarten Martens: 3 - 1 フィテッセはプレッペルを外し......続きを読む»

マリオ 「クラブはファン・ハネヘムをまったく望んでいない」

金曜日にTV Rijnmondに登場したマリオ・ベーンのコメントから。 ファン・ハネヘム騒動 「ファン・ハネヘムの功績にはあらゆる敬意を払っているが、いまのクラブに彼が来ても何の価値もない。フロントから彼と話し合うようにプレッシャーを受けた事もなかったよ。クラブには彼が来るのを望んでいる人は全くいなかったからね。」 数年間で再びトップクラブへ 「いまのセレクション全員を数年間キープで......続きを読む»

無敗継続を狙うフェイエノールト

日曜に行われるエールディヴィジ第28節、フェイエノールトはケルクラーデでローダJCと対戦6試合連続敗戦無しの継続を狙う。監督のマリオ・ベーンは中盤でリロイ・フェルに負傷離脱後初のスタメンチャンスを与える。「リロイは非常に熱心な印象を受けた。チームに力強さを与えてくれるはずだ」とマリオ・ベーン。 この数年常にスタメンでプレーしていたフェルだが、膝の負傷から復帰後は途中出場に甘んじていた。 「リ......続きを読む»

サヒン 「悪い時期の後には必ず良い時期が来る」

ヌリ・サヒンはかつてプレーしていたフェイエノールトの事を忘れてはいない。ベルト・ファン・マルワイクが2007/2008シーズンにドイツのボルシア・ドルトムントからレンタルしたトルコのタレントは現在その価値を示している。フェイエノールトが苦しいシーズンを送る一方で、このMFはドルトムントでカンピューンスハップへの道を辿っている。 ヌリ・サヒンは来シーズンのフェイエノールトに対して大きな期待を持っ......続きを読む»

ローダJC戦でフェルがスタメン復帰へ

日曜に行われるローダJCとの試合でリロイ・フェルがフェイエノールトのスタメンに復帰、慣れ親しんだ中盤に戻るようだ。フェルのスタメン復帰によってケルヴィン・レールダムは後衛へ。ジル・スヴェルツの代わりに右バックに入り、スヴェルツはベンチに座ることになる。さらにアンドレ・バイーアもスタメンに戻り、出場停止のステファン・デ・フライの代わりのCBおとしてプレーする。出場停止から戻るディエゴ・ビセスワールはそ......続きを読む»

EL-kwartfinales ドロー結果

金曜に行われたドローの結果は次の通り。 C: Villarreal - FC Twente (halve finaleはA: FC Porto - Spartak Moskouの勝者と) B: Benfica - PSV (halve finaleはD: FC Braga - Dinamo Kievの勝者と) フレッド・ルテン 「素晴らしいカードだ。彼らの欧州での結果を見たが、毎回失......続きを読む»

ヨング・オランイェ、ドイツ戦最終セレクション発表

KNVBのコル・ポット監督は3月25日金曜日にシッタルトで行われるドイツとの親善試合に向けて最終セレクションを発表した。ティース・エーフェルス、マルコ・ヴェイノヴィッチ、ジェネロ・ゼーファイクの3人が初めてコル・ポットのチームに名を連ねた。 2月に行われた前回のチェコとの親善試合(0-1)と比べると、リロイ・フェル、ジェルソン・カブラル、ルーク・デ・ヨング、ジェルン・ズートがセレクションに戻っ......続きを読む»

オランイェ、ハンガリー戦最終セレクション発表

ボンズコーチ ベルト・ファン・マルワイクは3月末のEK予選ハンガリーとの2連戦に向けて最終セレクション23人を発表した。今回最大の注目はGK。オランイェの第1GK マールテン・ステケレンブルフは先週のアヤックスでのトレーニングで親指を骨折しプレーできない。ボンズコーチはサンデル・ボシュケルとイェレ・テン・ラウウェラールをセレクションに追加。試合ではミシェル・フォルムがオランイェのゴールを守る事になる......続きを読む»

デ・フライ 「残ることは罰じゃない」

今週フェイエノールトとの新契約について交渉を始めたステファン・デ・フライ。VIのインタビューに対し、契約延長を拒むつもりはないと語ったが、フェイエノールトのスポーツ面での将来の見通しを知りたいとも語った。 「フェイエノールトはマイン・クラブ、残るのは罰じゃないけど、先を見通して話し合わなければならない事はいろいろある。僕にとっては特に何よりもスポーツ面での将来だ」 ステファン・デ・フライ......続きを読む»

マリオ 「ケルヴィンは外せない」

マリオ・ベーンにとってケルヴィン・レールダムをトップチームでプレーしている理由は非常に単純だ。「「なぜなら彼は外せないから。ケルヴィンは良くやっているし、私に彼を替える理由がない」 「彼がこれまで注目を浴びた事が無く、大部分の加入にとって興味ある選手でもないかもしれないことは知っている。でも我々にとっては重要な選手だ。レールダムはメーウウィスと一緒にバランスを取ってくれている。彼は他の選手たち......続きを読む»

ファン・ヘール 「10代のタレントの流出を止めなければならない」

マルティン・ファン・ヘールは「オランダの10代のタレントたちが国外へ流出してしまうことを止めなければならない」とNu.nl.で意見を述べている。 「これは絶対止めなければならない!選手たちが若い年齢で国境を越えるのは彼らの成長にとって非常に悪い事だる。選手たちは何よりも落ち着いた環境で、家族のもとで成長していかなければならない。最初の数年は自分が育ってきた最初のクラブでプレーすべきだ。良いプレ......続きを読む»

EL-achtste finales 第2試合

Zenit Sint-Petersburg - FC Twente 2-0 (2-0) 16' Roman Shirokov: 1 - 0 / 37' Alexander Kerzhakov: 2 - 0 前半主導権を得たのはゼニト。トゥエンテも落ち着いてペースを上げ、チャドリが5分に最初のチャンスを得るもこれを逃すと次第に荒れたピッチに苦しみ初めゼニトの攻撃が続く展開に。15分にペナルティ......続きを読む»

マリオ 「モコチョをスタンドに座らせなければならないのはとても残念」

Megastad FMのインタビューに対しマリオ・ベーンはカモヘロ・モコチョの状況を残念に思っていると応えた。このアフリカ人は当初スタメンの座にあったが、この数週間はスタンド行きが続いている。 「カモのようなタレントをスタンドに座らせなければならないのはとても残念。だがベンチには7人しか入れられない」 昨夏にフェイエノールトでMFのポジション争いに勝利しスタメンをつかむ事を狙っていたモコチョ......続きを読む»

マリオ 「ムルデルは日曜プレーするが、バイーアはまだ分からない」

ムルデルの父親の不幸によってここ2試合フェイエノールトのゴールを守っていたロブ・ファン・ダイクだが、今週は再びエルヴィン・ムルデルがゴール前に戻る事になりそうだ。ファン・ダイクのパフォーマンスは良かったが、スタメンに留まる事はない。「こういう不幸でスタメンをいじる事はいないつもりだ」とマリオ・ベーンはVIに語った。 ムルデルが日曜のローダJC戦でプレーできると言えば、ファン・ダイクはベンチに戻......続きを読む»

レールダム 「ナイジェル・デ・ヨングと同じ性格だと思ってる」

フェイエノールトの選手の中で最も大きいわけでも、最もクレバーなわけでも、最も上手いわけでもないが、ケルヴィン・レールダムが中盤のスタメンの座をつかみとって以来ロッテルダマースは上昇への道を見出し、欧州戦POの枠が視界に入るところまで来ている。 レールダムはナイジェル・デ・ヨングと比べられる事を喜んでいる。 「決して諦めずに勝利を目指す-自分は彼と同じ性格だと思っている。デ・ヨングはハードなプ......続きを読む»

第27節VvhJ採点

FC UTRECHT: Vorm 6; Cornelisse 6; Vorstermans 6.5; Wuytens 7; Nesu 6.5 (Lensky -); Duplan 5; Silberbauer 5.5; Van Wolfswinkel 6; Strootman 6.5; Mertens 6; De Kogel 5 (Demouge -). FC GRONINGEN: Luciano......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:767
  • 累計のページビュー:5490569

(06月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss