我がフェイエノールト

オランイェ

オランイェ、モロッコ戦とコートジボワール戦&WK予選ルクセンブルク戦プレセレクション

ボンズコーチディック・アドフォカートはモロッコとコートジボワールとの練習試合、そしてルクセンブルクとのWK予選に向けて31名からなるオランイェのプレセクションを発表。この内15人の選手たちは来週火曜日(5/23)からノールトワイクで2日間のトレーニング・ステージを行う。 目を引く名前は代表招集経験の無いセルヒオ・パトとナータン・アケーであり、共にプレセクションに入るのは初めて。Fenerbahce......続きを読む»

KNVB、オランイェ・ソープを彩る歴史的会見でアドフォカートのボンズコーチ就任を発表

この数週間のオランイェ・ソープはKNVBが火曜日にディック・アドフォカートのボンズコーチ決定の発表で一旦決着。テクニカル・ディレクター ハンス・ファン・ブロイケレンとコマーシャル・ディレクター ジャン・パウス・デコソーが会見を行い、アドフォカートのボンズコーチに、ルート・フリットがそのアシスタント就くことを発表した。 ファン・ブロイケレン:「アドフォカートとフリットの二人を捕まえられてとても喜んで......続きを読む»

オランイェ、再び敗戦(練習試合:イタリア-thuis結果)

ブルガリアとのアウエーゲームで悲劇的な敗戦から4日後、オランダ代表は再び敗北を喫した。オランイェは暫定ボンズコーチ フレッド・フリムもと、決して悪いプレーでは無かったものの、アムステルダム・アレナでイタリアに1-2で敗れた。 イタリアとの練習試合はボンズコーチ デニー・ブリントとのお別れがあった慌ただしい数日間に続いて行われ、さらにSofiaでの失敗の後でもあった。フレッド・フリムがベンチに座り、......続きを読む»

KNVB、デニー・ブリントを解任

KNVBは日曜午後の話し合いの結果、ボンズコーチ デニー・ブリントを即解任すると発表。土曜にDofiaで行われたブルガリアとのWK予選に敗れたことを受け、話し合いを行ったのはプロ・フットボール・ディレクター ジャン・パウル・デコソー、テクニカル・ディレクター ハンス・ファン・ブロイケレン、ブリントの3人。火曜にアムステルダム・アレナで行われるイタリアとの練習試合はフレッド・フリムが暫定監督としてベン......続きを読む»

オランイェ、Sofiaで痛い敗戦(WK予選:ブルガリア-uit結果)

ほとんど何もかもが上手く行かない夜、オランダ代表はブルガリアに2-0で敗れた。Sofiaでの痛い敗戦により、ロシアでのWK出場権がオランイェからかなり遠のく結果に。 フィルジル・ファン・ダイクとジェフリー・ブルマ、さらに今週 ステファン・デ・フライも負傷したことで、守備陣のパズルを解かなければならなくなったブリントは躊躇うこと無くアヤクシート マタイス・デ・リフトをスタメン起用。これにより17歳の......続きを読む»

オランイェ、WK予選ブルガリア戦セレクション

ボンズコーチ デニー・ブリントはブルガリアとのWK予選、イタリアとの練習試合に向けて25名からなるオランダ代表のセレクションを発表した。初招集はヴェスリー・フートとマタイス・デ・リフトの両CB. 17歳のデ・リフトは今シーズン オランイェOnder19でもプレーしており、キャプテンを務めていた。11月にアヤックスでエールディヴィジとELにデビュー。以来急速に成長している。23歳のフートはAZから......続きを読む»

オランイェ、WK予選ブルガリア戦プレセレクション

ボンズコーチ デニー・ブリントはブルガリアとのWK予選(3/25,uit)、イタリアとの練習試合(3/28, アムステルダム)に向けてオランダ代表のプレセレクション 27名を発表。決定版のセレクション23名は週間後の3/17に発表される。 大きなサプライズはヴェフリー・フートとイェンス・トールンストで、共にSS Lazioとフェイエノールトでのパフォーマンスが報われた。代表1キャップを持つトールン......続きを読む»

オランイェ、デパイの2ゴールで勝利(WK予選:ルクセンブルク-uit結果)

オランダ代表は日曜にWK予選グループAで再びスウェーデンを抜いて2位に浮上。途中出場 メンフィス・デパイがオランイェを牽引し、後半の2ゴールでルクセンブルクを破った。苦しんだ試合だったが、1-3の勝利は十二分に相応しい結果と言える。 ルクセンブルクはWK予選グループAで最下位にいるが、Stade Josy Barthelの悪質なピッチでの勝利が自ずと手に入るものでないのもオランイェは承知していた。......続きを読む»

オランイェ、ダメージを負って引き分け(練習試合:ベルギーthuis結果)

オランダがベルギーとの代表戦に最後に勝ってから約20年。水曜の夜もそれは実現せず、練習試合は3人の負傷者を出しての1-1に終わった。 アムステルダム・アレナでの対戦は126回目の低地国ダービー。栄誉を賭けた試合に過ぎないが、多くの名声がかかった試合でもあった。再び大国に対して良い結果を求めるオランイェに対し、ベルギーはメルテンス、De Bruyne, Hazard, Carrascoがスタメンに並......続きを読む»

オランイェ、ベルギー戦&WK予選ルクセンブルク戦セレクション

ボンズコーチ デニー・ブリントはベルギーとの練習試合、ルクセンブルクとのWK予選に向けて25名からなるオランダ代表のセレクションを発表。注目すべき名前は2年半ぶりの代表復帰となるスタイン・スハールスと、プレセレクションに入っていなかったメルフィン・ゼーヘラール(26)。前回の代表戦を怪我で不参加だったアルイェン・ロッベンとジェレマイン・レンス、そして今週初めに母親を亡くしたトニー・フィレーナもそれぞ......続きを読む»

オランイェ、ベルギー戦&WK予選 ルクセンブルク戦プレセレクション

ボンズコーチ デニー・ブリントはベルギーとの練習試合とルクセンブルクとのWK予選に向けて、22名からなるオランダ代表のプレセレクションを発表。最も注目すべき名前はスタイン・スハールス。最後の代表戦は2014年3月まで遡るが、今シーズン ヘーレンフェーンで素晴らしいプレーを見せている。 意図的に少人数のプレセレクションを選んだとブリント。「現時点では怪我人が多く、疑問点や不確定要素がたくさんある。プ......続きを読む»

オランイェ、善戦も何も得られず(WK予選:フランス-thuis結果)

良いプレーだったが二日酔いが残ることに。オランダ代表はフランス相手に素晴らしい試合をしたと振り返ることができるが、月曜夜のアムステルダムでWK予選3試合目は0-1の敗戦。 フランスはこのWK予選をグループAの絶対的大本命としてスタート。世界のトップに属し、FIFAランクは4位。昨夏の自国でのEKでフィナーレに残ったのも伊達では無い。前線にはAtletico MadridのGriezmann-Gam......続きを読む»

オランイェ、デ・カイプに輝かしく帰還(WK予選:ベラルース-thuis結果)

オランダ代表のデ・カイプへの輝かしい帰還はハイライトシーンに溢れた夜に。ロッテルダムでのWK予選はベラルースを4-1で撃破。フィンチェント・ヤンセンの強烈なシュート、マールテン・ステケレンブルフがゴール前に戻ったことや、右バック リック・カルスドルプの力強いデビュー、さらにクインシー・プロメスの2得点と、金曜夜はオランイェレヒューンにとって十二分に楽しめるものだった。 バイテンスペーラーの プロメ......続きを読む»

オランイェ、WK予選ベラルース戦&フランス戦セレクション

ボンズコーチ デニー・ブリントは10月のWK予選2試合に向けて23名のセレクションを発表。リック・カルスドルプが初招集を受け、ヨルディ・クラーシ、ステファン・デ・フライ、テレンス・コンゴロがセレクションに復帰した。オランイェが月曜にGrand Hotel Huis ter Duinに集合、10月7日にデ・カイプでベラルース戦(20.45開始)、10月10日にアレナでフランス戦(20.45開始)を行う......続きを読む»

オランイェ、WK予選ベラルース戦&フランス戦プレセレクション

ボンズコーチ デニー・ブリントはベラルースとフランスとのWK予選に向けて29名のプレセレクションを発表。1年前のトルコとのEK予選で左飛騨を負傷したステファン・デ・フライの名前が再び入った。前回のセレクションに入っていたリチェドリー・バズールの名前は入らず。決定版のセレクションは来週金曜に発表される。 オランイェは10月7日にデ・カイプでWK予選2試合目をベラルース、3日後にアムステルダムでフラン......続きを読む»

オランイェ、スウェーデンと引き分け(WK予選:スウェーデン-uit結果)

オランダ代表にとってWK予選のスタートはSolnaでフラストレーションの溜まる夜に。相手より遙かに優勢でありながら、無様なゴールを与え、ロスタイムには不当なゴール取り消しを受け、その結果1-1での1ptに甘んじなければならなかった。 Solnaでの試合は予選のさらに続く9試合への序章だけで無く、即座に”決定的な”意味を持つ試合でもあった。ロシアでのWKへの直接枠はグループウィナーにしか与えられず、......続きを読む»

オランイェ、ギリシアに敗れてホーム5連敗

オランダ代表とボンズコーチ デニー・ブリントはギリシアとの練習試合で良いフィーリングを維持したいと願っていたが、その目論見は失敗。すぐに迎えるスウェーデンとの重要なWK予選に向けてのリハーサルは1-2の敗戦に終わった。ジョルジーニョ・ワィナルドゥムが早々に先制ゴールを決めたが、その後 Konstantinos MitroglouとGiannis Gianniotasのゴールによってオランイェは二日酔......続きを読む»

オランイェ、WK予選スウェーデン戦セレクション

ボンズコーチ デニー・ブリントはギリシアとの練習試合、スウェーデンとのWK予選に向けての決定版セレクション24名を発表。21歳のヨリト・ヘンドリクスがオランダ代表に初招集を受けた。 プレセレクションからの選考で落ちたのはヨルディ・クラーシ、メンフィス・デパイ、ミチェル・ダイクス、クラース・ヤン・フンテラール、ダリル・ヤンマート、リック・カルスドルプ、ティモ・レッチェルト、ユルヘン・ロカーディア、バ......続きを読む»

オランイェ、WK予選スウェーデン戦プレセレクション

ボンズコーチ デニー・ブリントはギリシアとの練習試合とWK予選初戦のスウェーデン戦に向けてオランイェのプレセレクション36名を発表。初めて名前が載ったのはミチェル・ダイクスとヨリト・ヘンドリクス。前回ユトレヒトの選手として招集され、怪我で辞退しなければならなかったバルト・ラムセラールは発表直前にPSVの選手となってプレセレクション入り。 他に目を引く名前として、ケネト・フェルメールの怪我によってミ......続きを読む»

オランイェ、快勝でシーズンを締めくくる(練習試合:オーストリア戦結果)

オランダ代表が今後また壮行試合に招かれる可能性は小さい。ポーランド戦に続いてオランイェはオーストリアにもフィンチェント・ヤンセンとジョルジーニョ・ワィナルドゥムのゴールでホスト国のフェストを台無しにする2-0勝利。オランイェは前半苦戦したものの1-0のリードを奪うと、後半は楽々と優勢に立って点差を広げた。トニー・フィレーナがデビューを果たしている。 ボンズコーチは再び3つのポジションでスタメンを入......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 27 28

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:845
  • 累計のページビュー:5460238

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss