我がフェイエノールト

その他

VAR制度における「明確な誤審」? FIFAのオフサイド判定テクノロジー実験

Confederations Cupでテストされているビデオ・アシスタント・レフェリー制度。その中で最もインパクトを与えたのはがチリ-カメルーン戦でのオフサイドに関わるビデオ判定だったのは間違いないだろう。HT直前にチリのEduardo Vargasが見事なゴールを決めたがほとんどオフサイドかどうか分からない微妙な映像にデジタルの線が引かれ、「3cmのオフサイド」としてゴールが取り消された。ゴールを......続きを読む»

ビデオ審判元年を終えて。ビデオ・アシスタント・レフェリー制度の現状と今後

2016-2017シーズンはオランダの審判史に刻まれるシーズンだった。KNVBが数年来進めてきたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が遂に公式戦で使用。IFABの認可を得てKNVBはFIFAと共にプロジェクトの最前線に立ってテストを進めており、残念ながら来シーズンには間に合わないが、上手く行けばIFABが正式にルール化を認めた状況で迎える2018-2019シーズンにエールディヴィジ全試合で使用......続きを読む»

「実際にその場で見ているのと映像で見るのとの違いがある」

ビデオ審判がPOsで極めて重要な役割を果たした。「公平さへの祝福」と支持者は言い、「間違った判定は修正されなければならないという流れへの悪い予兆」と批判する人々は思っている。「大事なのは判定の正しさ。主審が入り江から飛び立つだけの理由があるなら、ビデオ審判が主審の判定を修正できるのは良いこと」とKNVBのプロジェクト・リーダー マイク・ファン・デル・ルースト。 ピッチ上の同僚にビデオ審判として仕事......続きを読む»

脱フェルハイエンへ:オランダに必要なトレーニング方法はヘトヘトにさせることか、ペリオディゼーションか?

オランダ・フットボールの下落に対する治療法は『もっとハードなトレーニングをすること』と思われている。しかしペリオディゼーションのグル 運動生理学者 レイモンド・フェルハイエンの国でそれが可能だろうか?フェルハイエン・プラスの時代が訪れるのか?「彼のメソッドは決して聖杯では無い」 批判はシンプルだ。フットボール選手たちはあまりにトレーニングをしていない。疲労でヘトヘトになることが決して無い。時にはや......続きを読む»

ヒバラ 「オランダ・フットボールはかなり保守的だ」

NECの監督としてのペーター・ヒバラの最初の8ヵ月は注目を浴びずにはおかれない形で過ぎた。ピッチサイドでのハイパーアクティヴなコーチング、非オランダ的な長時間のトレーニング・セッション、目立つ言動で彼はエールディヴィジに貴重なカラーを与えている。 ヒバラは彼自身が賞賛してきたオランダ・フットボールへはすでに錆び付いていると断言する。 「もちろんエールディヴィジは欧州の大きなリーグと比べて財政面で大......続きを読む»

マッケリー 「選手たちがビデオ審判に慣れなければいけない」

デニー・マッケリー(33)はクラブチームのためのWKにおいてAtletico NacionalとKashima Antlersのハルフェフィナーレ(0-3)で歴史的な判定に貢献して賞賛を浴びた。このオランダ人ビデオ審判の助言により、主審 Viktor KassaiはKashimaに0-0の時点で自身が見逃していたのPKを与えた。マッケリー:「ビデオ審判の有益性を示せた瞬間。Kashimaはその結果フ......続きを読む»

ビデオ・アシスタント・レフェリー制度の有効性を証明したクラブWK

USLとKNVBベーカー、そしてFIFAが2つの練習試合で行った(セミ)・ライブテストを経て、FIFAの大会で初のVARが本格使用されたクラブWK。試行錯誤の末の『リスキーかつ大胆な判断』だったが、結果的には運営面の問題もほとんど無く有効性が示されたことで、期待以上の成功を収めたテスト大会だったと言えるだろう。 ビデオ判定の条件である「試合を変える重大なシーン」は平均して1試合に2~3回と見られて......続きを読む»

ドリッセン 「ビデオ審判のミス?」

ヴィレム・ヤンセンはファンタスティックなゴールを決めたが、美しい得点がオフサイドで取り消されたことでしょげていた。副審のブラック・アウトだ。主審 リントハウトはカメラの前で誤審だったことを説明した。全く余計で馬鹿げたことをしてくれた。 同じような話で、PEC ズヴォレのブラム・ファン・ポーレンのコメントには安堵したよ。彼はカメラの前でチームメートの マルセリスに小渡カナファールを与えたと雷を落とし......続きを読む»

マッケリー、再びVARの歴史に名を残す。クラブWKで初介入&オン・フィールド・レビュー実施

Atletico NacionalとKashima AntlersによるクラブWKのハルフェ・フィナーレで31分にデニー・マッケリーが送ったシグナルがハンガリー人主審 Viktor Kassaiによって受け入れられ、フットボール界の歴史で初めてとなるビデオ審判の介入によるPKが与えられた。 時系列 27:50 ペナルティエリア内でのファールが見逃され、そのままプレーが継続 28:40 スローイン時......続きを読む»

ヴィム・ヤンセン 「KNVBはフットボール界の裾野をくすぐっているだけ」

KNVBはprestatie innovatie manager (PIM)を置こうとしているが、少なくともオランダが70年代にヴェレルトカンピューンになりかけ、88年に欧州カンピューンになり、2010年と2014年にはWKのフィナーレとハルフェ・フィナーレに進んだ時はPIMはいなかった。ヤンセンはKNVBはまず自分たちの組織のトップに自分たちの身辺整理をさせるべきだと考えている。 「KNVBのボ......続きを読む»

ヴィム・ヤンセン、 ‘Winnaars van Morgen’プランを批判 「ストリート・フットボールでタレントは成長しない」

ヴィム・ヤンセンは ‘Winnaars van Morgen’プランによってKNVBが間違った方向に舵を切ったと考えている。KNVBはこのプランによってオランダ・フットボールを再びトップに戻そうと望んでいるが、2回のWKフィナーレ出場、70年代のトータルフットボールを担い、近年はフェイエノールトのユース育成の発展に尽力しているヤンセンは、トップフットボールにおける本当の改善点についてDe Teleg......続きを読む»

VAR公式戦初テスト:収穫と運用上の課題

KNVBベーカーの2試合で遂にVARが世界初の公式戦でのライブテストされた。水曜のアヤックス-ヴィレムII戦ではデニー・マッケリーが主審、ポル・ファン・ブーケルがVARを務め、木曜のフェイエノールト-FC オス戦では反対にファン・ブーケルが主審、マッケリーがVARに。2試合ともいくつかのシーンでVARが主審に助言を与え、『試合を変える重大なシーンでの明確な誤審を防ぐ』というVARの有効性が今回も証明......続きを読む»

ファン・ブーケル&マッケリー、VAR初使用へ 「ようやく本物になる」

ポル・ファン・ブーケル(41)とデニー・マッケリー(33)が”世界初演”を行う。二人のオランダ人主審はトップレベルでの公式戦(KNVB-beker)でのビデオ判定を初めて使用する。「もうオフラインテストではない。ついに『本物の』テストができるのは良いこと」とファン・ブーケル。 彼は今夜のアヤックス-ヴィレムII戦で”いつも通り”審判をするマッケリーとコントロール車からコンタクトを取る。明日のフェイ......続きを読む»

ファン・ハーレン 「まだ25歳だし、まだまだこれからだ」

かつてリッキー・ファン・ハーレンがファルケノールトのピッチ上を羽ばたくと、ヴィム・ヤンセンは満足した目でそれを見つめ、その口からは最高の賛辞が聞けたものだった。いまやそのリッキーは25歳になったが、彼のロッテルダマースのトップチームので出場時間は683分に過ぎない。2012年夏に彼は幼い頃から愛していたクラブを今後の見込みが無いと去り、ユース大会で最高級の発見に選ばれたToulonを経てVVVへ。そ......続きを読む»

カイパース、マッケリー、ファン・ブーケル、ビデオ・アシスタント・レフリーの初のセミ・ライブ・テストに成功

2016年9月1日にBariで行われたイタリアとフランスとの練習試合においてFIFAは”セミ・ライブ”でのビデオ・アシスタント・レフリー(VAR)のテストに成功。初のセミ・ライブ・テストで好結果を得たことで、FIFAさらにVARのノウハウを築いていくことを決定。 この試合をスタジアムで観戦していたFIFA会長 Gianni Infantinoは『とても感動的』とテスト結果についてコメント。 「VA......続きを読む»

ビデオ・アシスタント・レフリー制度はフットボールを変えてしまうのか?-主審のビデオチェックへの危惧

IFABがビデオ判定の手段としてビデオ・アシスタント・レフリー(VARs)を導入するためのテスト期間として設けた2年間が始まり、FIFAが決定したテスト国6カ国の公式戦でのライヴテストを前に、練習試合やクローズド・コンペティションでのライブテストがすでに開始されている。アメリカで行われたIFABのVAR第2回ワークショップでユースの試合において世界で初めて実際の試合でライブテストが実施され、数日後に......続きを読む»

ファン・ハネヘム 「ペッレの成功は全てフェイエノールトとクーマンのおかげだ」

我々はペッレについていつも何と言っていた?非常に攻撃的なチームのペナルティエリアでしか使えない選手だ。しかしイタリアでのプレーはもう決してそうではない。それどころか彼は素晴らしい活躍だ。ボールをキープし、タイミング良くフリーになるセンスがあり、ベルギー戦のようにスペイン戦でもゴールを決めた。最も素晴らしいディテールと思うのは、彼は常に最前線へ自ら自分を走らせていることだよ! しかもこれはロナルド・......続きを読む»

トゥエンテ・ソープ決着。抗議委員会が土壇場でトゥエンテ残留を認め、スーパーブーレンがまさかの降格へ!

ライセンス委員会のFC トゥエンテのジュピラー・リーグ降格処分への抗議を受けて行われていた抗議委員会は金曜日に結審。トゥエンテに追加で181.000ユーロの罰金処分を科し、2016-2017シーズンもエールディヴィジ残留を認める決定を下した。これにより入れ替え戦で敗れていたデ・フラーフスハップがジュピラー・リーグに降格することになる。 一連のトゥエンテ問題はライセンス委員会のジュピラー・リーグ降格......続きを読む»

KNVBのテクニカル・ディレクター職はファン・ブロイケレンに決定

KNVBは監督組合や識者たちから求められてたテクニカル・ディレクター職を遂に新設、ハンス・ファン・ブロイケレン(59)が就任することを金曜午前に発表した。契約は2016年7月1日からの3年契約。この元GKはオランダのフットボール全体において、頂点から幅広い層までのテクニカル面でも目標達成のために働き、代表、タレントの成長、育成などの面でも責任者となる。 ハンス・ファン・ブロイケレン: 「オランダ・......続きを読む»

オランダがビデオ・アシスタントのライブ・テスト国に選ばれる

KNVBはオランダがFIFAによって将来のビデオ・アシスタントのライブ・テスト国に選ばれたことを発表。IFABがテストを実行するために定めた要求を満たしていると判断された。ビデオ・アシスタントのライブ・テストに選ばれたのはオランダの他、オーストラリア、ブラジル、ドイツ、ポルトガル、合衆国。IFABから青信号が付けば、オランダではKNVBベーカーとPOsでビデオ・アシスタントが実際に使用されることにな......続きを読む»

1 3

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:309
  • 累計のページビュー:5506835

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss