我がフェイエノールト

タフすぎたCLと怪我人に苦しんだ前半戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトのシーズン前半戦を終えて失望が少なくないのは否定できない事実だ。カンピューンスハップを制した昨シーズンから、夏に主力流出の穴を十分補ったと言えるだけの補強も行い、2年連続のカンピューンスハップとCLの舞台での活躍という夢を事前に抱いていたが、「何もかも上手く行かなかった」と言って良い。

CLでの活躍がかなり難しいのは分かってはいたが、6試合で1勝5敗という厳しすぎる結果になったのはあまりにもタフなグループに入ってしまったのが最大の原因。さらにボテギン、ヨルゲンセン、ファン・デル・ハイデンというチームの軸を欠き、同等かせめて近いレベルの代役がいなかったのが痛恨だった。ヨルゲンセンの代役の問題自体はみんなわかっていだが・・・。結局CLでの完敗続きで自信が失われ、リーグ戦でも切り替えられずに多くの選手がフォームを失っていく悪循環に陥ってしまったのはファン・ヘールとテクニカル・スタッフにとって大きな誤算だっただろう。しかし移籍市場が終わった時点で「十分な陣容」との評価にケチを付ける者は誰もいなかったのも事実であり、特にDFラインにこれだけ怪我人が続くのはとても想定できない。ヨルゲンセンの代役をもっと真剣に考えておくべきだったということは言えるが。

エールディヴィジでは17節を終えてコップローパーと1試合未消化で暫定14pts差とカンピューンスハップは非現実的な状況。3位が暫定6pts差、2位が暫定9pts差と後半戦は欧州戦チケットを目指して戦っていくことになる。最大の目標がすでにベーカー獲得になったというのが現実的な声ではあるが。

【総括】 昨シーズンと同等の内容と結果という期待が裏切られたのはまず何よりも怪我人の多さ。プレシーズンにニューコープが負傷離脱、シーズン序盤にボテギン、ヨルゲンセンと柱が抜け、さらにファン・デル・ハイデンも離脱したことで、ファン・ベーク復帰のメドが経つ前に「セレクションからCBが不在」となり、ターピアやディクスをCB起用でCLやトッパーを戦うという怖ろしい事態に。結局両バックも含めてDFラインが全く固定されなかったことがチーム全体に悪影響を及ぼし、ジョーンスとエル・アマーディ、フィレーナも不調に。さらにヨルゲンセンの不在の影響かボエチウスとトールンストラもフォームを失い、結局前半戦を通してまともなレベルを維持してプレーし続けていたのはベルフハイス唯一人だった。

数字としては得点37に失点16と、決して悪い数字では無いが、これはほとんどのチームがフェイエノールトにボールを持たせて引いて守る戦術を取った影響であり、狭いスペースで相手の壁を崩せるほどのチーム状態で無かったことから第6節NAC-thuis (0-2), 第8節PSV-thuis (0-0), 第12節VVV-thuis(1-1), 第16節ヘーレンフェーン-thuis(1-1)とデ・カイプであまりにも多くの勝ち点を落とすことになり、サポーターからチームに度々ブーイングが飛び、昨シーズンのようなポジティヴな雰囲気が失われてしまっていた。

ウィンターストップ前にその「ポジティヴな雰囲気」が多少なりとも戻る切っ掛けとなったのがマラシアとフェンテのファルケノールト組というのは特筆すべき事項。マラシアはCLグループステージ最終節のNapoli-thuisでデビューするとかつてのロイステン・ドレンテを彷彿とさせる躍動感でチームに勢いを与え、フェンテは家庭の事情で欠場したヨルゲンセンの代わりとして第17節スパルタ-uitとベーカー戦ヘラクレス-thuisでスタメンでプレーして前線に流動性をもたらした。タレントの起用にやや保守的な印象を残していたファン・ブロンクホルストがこれを受けてさらに積極的なタレント起用に乗り出すかどうかが今後注目。

6ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017/2018シーズン前半戦、だいたいのまとめ 【我がフェイエノールト】

【 乾貴士 】2得点。良い感じで2017-18シーズンの前半戦を折り返す。 【 エイバル vs ジローナ 】【FCKSA66】

第18節結果:『テン・ハフ効果』でユトレヒトが完敗、パストール解任のスパルタも効き目無く5連敗で年越し。ティが突然のハットトリック【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:5617072

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss