我がフェイエノールト

クリスマスの夜に最後の一仕事を完了(第18節:ヘラクレス-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは良い気分でクリスマスを迎えることができる。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはクリスマスの夜にデ・カイプでシーズン前半戦をローダJCケルクラーデ相手に5-1勝利で締めくくり。開始4分でニコライ・ヨルゲンセンとイェンス・トールンストラが華々しいスタートをもたらし、シモン・グスタフソンのゴールの後に再びヨルゲンセンが3-1と2点差に。最後はスティーヴン・ベルフハイスが2得点で最終スコアにした。

フェイエノールトは凄まじいスピードで勝利のベースを築く。この2試合での早々のゴールという流れを継続したチームは、シーズン前半の最終節では今シーズン最速ゴールまで記録。ベルフハイスのクロスからサム・ラーソンの極上のハックで足元にボールを受けたヨルゲンセンが開始45秒でしっかりネットを揺らした。

ラーソンは3分後にもイェンス・トールンストラによるチーム2点目をアシスト。ラーソンのクロスからbるがチャンスを逃した後、このMFがファーポストかゴール上部に強烈なシュートを突き刺した。3分14秒での2-0は今シーズンのエールディヴィジでの最速リードであり、フェイエノールトにとっては1985年12月22日にヘラクレス-uitで4分目に0-2として以来の最速記録となった。

凄まじいスピードで2点差にした後もヘット・レヒューンにとっては魅力的な光景が続き、前半は次から次へとヒデ・ユルユスの守るゴールに向けて閃光のような攻撃が襲いかかっていた。サポーターが選手たちを非難できる点は唯一、前半3点目が決まらずに終わったことだろう。トニー・フィレーナがいくつもの良いチャンスを逃し、ベルフハイスの強烈なシュートも至近距離からのヘディングも運が無かった。

フェイエノールトが点差を付けられなかったことで、木曜のヘラクレス同様、ローダにも試合に戻ることを許してしまう結果に。フェイエノールトからレンタルされているシモン・グスタフソンに後半開始直後に何も無いところから2-1とされ、リンルブガースに再び望みを与えてしまった。

しかしその希望が長く続かなかったのは、56分にヨルゲンセンがフィレーナのパスからこの夜自身2点目、2017年17得点目を決めて再び2点差に広げたおかげ。前半の良いプレーはその後もう再現されなかったが、最後の数分にヨルゲンセンと再びラーソンのアシストからベルフハイスの2得点が生まれたことでフェイエノールトは素晴らしいという以上の結果を得た。この大勝により直接のライバルたちとの差を縮め、選手もスタッフも良い気分で2017年という特別な年のクリスマス休暇に入ることができる。

Feyenoord - Roda JC Kerkrade 5-1 Scoreverloop: 1’ Nicolai Jørgensen 1-0 4’ Jens Toornstra 2-0 50’ Simon Gustafson 2-1 56’ Nicolai Jørgensen 3-1 89’ Steven Berghuis 4-1 90+2’ Steven Berghuis 5-1

Scheidsrechter: Jochem Kamphuis Gele kaart: Werker (Roda)

Opstellingen: Feyenoord: Brad Jones; Bart Nieuwkoop (71’ Kevin Diks), Sven van Beek, Renato Tapia, Tyrell Malacia (74’ Sofyan Amrabat); Karim El Ahmadi, Jens Toornstra, Tonny Vilhena; Steven Berghuis, Nicolai Jørgensen, Sam Larsson. Roda JC: Hidde Jurjus; Henk Dijkhuizen, Frederic Ananou, Daryl Werker, Jannes Vansteenkiste; Mohamed El Makrini (79’ Jorn Vancamp), Tsiy William Ndenge; Mikhael Rosheuvel (67’ Livio Milts), Simon Gustafson, Mario Engels; Dani Schahin

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

今のリバプールには強烈なディフェンスリーダーが必要!!!【リバプールな毎日】

KNVBベーカーベスト16:トゥエンテがPK戦でアヤックスを下してベスト8へ【我がフェイエノールト】

ヘラクレスに勝利してベスト8進出(KNVB-beker: ヘラクレス-thuis)【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:5617072

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss