我がフェイエノールト

ヘラクレスに勝利してベスト8進出(KNVB-beker: ヘラクレス-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは木曜夜に相応しい内容でKNVBベーカーのクワルトフィナーレ進出を決めた。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはデ・カイプでヘラクレス・アルメロに3-1で勝利。最初の15分間でスティーヴン・ベルフハイスとスフェン・ファン・ベークが得点し、残り5分でベルフハイスが試合を決めた。

日曜のスパルタ戦同様にスタメンの変更無しのフェイエノールトはベーカーのベスト16でも序盤から閃光のような出足を見せ、良いコンビネーション・フットボールから霧のデ・カイプでの最初のベストチャンスを決めることに成功。ベルフハイスが得点者として名前を刻んだが、先制点の大部分はディラン・フェンテのおかげだ。スタッツダービー同様にスタメンに入った18歳のスピッツはトニー・フィレーナのパスを上手くスルーし、それによってフリーになったベルフハイスがしっかりと決めた。

ベルフハイスとフィレーナからさらに2つの良いチャンスが生まれた後、16分にフェイエノールトは再びゴール。CKからのリバウンドをファン・ベークがヘディングで逆隅に決め、復帰後初めて”ファン・ベーク・エアライン”を再びデ・カイプに飛ばすことができた。

2-0となってヘット・レヒューンはデ・カイプで腰を落ち着け、新たなモンスタースコアを期待したが、前半半ばに何も無いところから2-1に。左サイドからのクロスにティム・ブロイケルスがフリーで飛び込んで、ブラッド・ジョーンスにはノーチャンス。ジョーンスは30分にはクリストファー・ペーターソンのシュートを足に当てて同点となるのを防いだ。

HT明けにフェイエノールトは早く勝負を決めようとしたが、3点目の良いチャンスを作れたのはようやく残り20分になってから。フェンテがカストロと1対1になるもシュートはサイドネットに当たり、その少し後のイェンス・トールンストラのシュートもヘラクリートに当たって枠外に消えた。

残り5分で勝負が決まったのはビデオ審判のおかげ。2つ目のケースでジャン・パウル・ボエチウスへのファールを発見し、主審 バス・ナイハイスにPKを与えるように助言。ベルフハイスが11mから冷静に決め、フェイエノールトはベーカー戦クワルトフィナーレ進出を決定することができた。

Feyenoord - Heracles Almelo 3-1 6’ Steven Berghuis 1-0 16’ Sven van Beek 2-0 23’ Tim Breukers 2-1 86’ Steven Berghuis (str.) 3-1

Scheidsrechter: Bas Nijhuis Gele kaart: El Ahmadi

Opstellingen: Feyenoord: Brad Jones; Jerry St. Juste (59’ Bart Nieuwkoop), Sven van Beek, Renato Tapia, Tyrell Malacia; Karim El Ahmadi (68’ Sofyan Amrabat), Jens Toornstra, Tonny Vilhena; Steven Berghuis, Dylan Vente, Jean-Paul Boëtius (88’ Sam Larsson). Heracles Almelo: Bram Castro; Tim Breukers, Wout Droste, Dries Wuytens, Roland Baas; Sebastian Jakubiak, Joey Pelupessy, Jamiro Monteiro (78’ Jaroslav Navratil); Brandley Kuwas, Kristoffer Peterson (78’ Paul Gladon), Brahim Darri (65’ Vincent Vermeij).

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【白鳥城の騒霊】選手の出し入れで言ったら、調子のいいヤツが出るべきだとは思う。人間には必ずバイオリズムがあるから。 ~キャプテン高徳はちょっとテングになってやしないか?~【白鳥城の騒霊】

デブライネ / マンチェスタ.シティ vs トットナム ほか【くうねるサッカー アラウンド】

アーセナルからリヴァプールに移籍したチェンバレンのこと。【東京ドームに計画停電を!】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5617072

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss