我がフェイエノールト

ヘット・カステールで歴史的大勝(第17節:スパルタ-uit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは日曜午後にスパルタ・ロッテルダムとのスタッツダービーに楽々と勝利。ヘット・カステールで監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームは支配、圧倒し、0-7での完勝という結果に。前半の内にトニー・フィレーナ(2)、ディラン・フェンテ、ジェレミア・シン・ジュステがネットを揺らし、後半もレナート・ターピア、スティーヴン・ベルフハイス、ビラル・バサチコグルが決めて最終スコアに。

ヘット・カステールで夢のスタートを切ったフェイエノールト。このスタディオンではここ4回の試合で勝利が無かったが、この日曜午後は最初の瞬間から試合を支配。15分以内にファン・ブロンクホルストのチームは0-3のリードを得たが、その早々の先制点を決めたのはトニー・フィレーナだった。このMFが開始3分で遠目から強烈なシュートを放つと、手榴弾のようにGK ロイ・コルトスミットを破った。

フィレーナは30分経つ前にスパルタがペナルティエリア外から多く失点しているというデータをもう一度活かし、28分に再びミドルシュートを決める。フェイエノールトがこの時間までに素晴らしいプレーを見せ、さらに非常に効率的でもあったことから、この得点より途中スコアはすでに0-4に。

家庭の事情により欠場のニコライ・ヨルゲンセンの代わりにスタメン出場したディラン・フェンテが8分に0-2のゴール。このスピッツがジャン・パウル・ボエチウスのパスから見事なヘディングでエールディヴィジ初スタメンに花を添え、さらに18歳と222日でトニー・フィレーナの2013年2月10日のAZ戦(18歳と38日)以来のフェイエノールトの最年少得点者となった。

その次にの危険な攻撃でもネットが揺れる。スティーヴン・ベルフハイスのシュートがコルトスミットに弾かれた後に、シン・ジュステがボールをがら空きゴールに蹴り込み、フェイエノールトは15分も経たずに0-3リードと、滅多に無い余裕の展開に。フェイエノールトがエールディヴィジで15分間で異なる3選手がゴールを決めたのは1973年10月7日のデ・フラーフスハップ戦(最終スコア 5-7)以来。

HT明けもフェイエノールトがさらに得点を重ねる楽しい展開。後半開始3分も経たずにベルフハイスのCKからレナート・ターピアが頭で0-5に。フェイエノールトの圧倒ぶりからこの時点ですでにヘット・カステールでザイト相手に勝利を信じていなかっただろうが、これで後半もヴェステが餌食となることが確定。

5得点を決めた後もフェイエノールトは止まること無く、残り20分にボエチウスとフェンテとの素早いカウンターからベルフハイスがワンタッチでゴールを決め、フェンテはさらにアシストを記録。そして最後には途中出場 ビラル・バサチコグルが上手くボールを浮かしてコルトスミットの上を抜き、そこからがら空きのゴールに頭で押し込んで最終スコア。

フェイエノールトは守備面で集中したプレーを続け、スパルタの散発的なシュートにもブラッド・ジョーンスが立ちはだかったことで、チームは失点すること無く試合を終えることができ、さらに良い気分でロッテルダム・ザイトに戻ることができた。フェイエノールトにとっては1976年5月9日にFC デン・ハーグに1-8で勝利して以来のクラブ史上アウエーゲームでの最大点差での勝利。

Sparta - Feyenoord 0-7 4’ Tonny Vilhena 0-1 8’ Dylan Vente 0-2 15’ Jerry St. Juste 0-3 28’ Tonny Vilhena 0-4 48’ Renato Tapia 0-5 71’ Steven Berghuis 0-6 88’ Bilal Basacikoglu 0-7

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

だからスパレッティは、名監督じゃない!【no title】

ダビド.シルバ も 進化中 / マンチェスタ.ダービー 【くうねるサッカー アラウンド】

第977回toto 予想のまとめ【当てtoto】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:5617072

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss