我がフェイエノールト

サポーターの発煙筒文化は守られるか

このエントリーをはてなブックマークに追加

サポーターへの取り締まりルールが厳しい今日のフットボール界。スタンドのサポーターによっていくつもの発煙筒が焚かれ、スタディオンで感動的な雰囲気が作られることも少なくなった。特に欧州戦ではUEFAの取り締まりが厳しく、スタンドに発煙筒には例外なく罰金処分が科される。オランダではKNVBはそこまで厳格では無いものの、「安全性」の観点から多くのクラブがスタンドに発煙筒を持ち込まないようにサポーターに呼びかけており、発煙筒が焚かれた際には「犯人」を特定して個別に処分を行うケースもある。

オランダで最も発煙筒文化が根強いのは言うまでも無くフェイエノールトであり、デ・カイプやファルケノールト、コールシンゲルなど歴史的なシーンではほぼ例外なく発煙筒が焚かれ、美しい光景を作り出してきた歴史があるが、近年ではフェイエノールトもクラブとしてスタンドへの発煙筒持ち込みを取り締まっている。結果としてサポーター文化の一つが大きく損なわれ、サポーターの反感という象徴的な出来事として、今年10月の「デ・クラシケル前の最後の練習」という伝統的イベントにほとんどサポーターが集まらなかった。

フェイエノールトは近年伝統的なサポーターとの繋がりよりもトップスポーツに相応しいプロフェッショナルな手法に大きく舵を切り、ファルケノールトへのバス移動、トレーニングの半数以上が非公開など、日常的な光景が大きく変わった。もちろんファルケノールトというある種「旧態依然」な設備での安全面を考慮したという理由はあるが、初トレーニングやデ・クラシケル前の練習場所がデ・カイプに移されたことで、発煙筒への取り締まりがより厳しくなったのは間違いない。数年後に現在建設中の新トレーニング施設に移った時にどう状況が変わるかだが、あまり楽観的な期待は持てないだろう。

そうした中での先週のデ・カイプでのCL Napoli戦。終盤にトニー・フィレーナの退場により10人になったフェイエノールトだが、Napoliゴール裏のサポーターたちが一斉に発煙筒を炊き始め、かつてのような雰囲気がデ・カイプに戻り、そしてピッチ上でもフェイエノールトが決勝点を決めた。さらに監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストは2日後の会見で「発煙筒が焚かれた終盤の雰囲気は素晴らしく、観客がチームを支えてくれた。現在かなり多くのルールがあるし、罰金を払わなければならないのはクラブにとってマイナス。しかし監督としては勝てる方が当然嬉しいし、罰金よりも勝利で得る賞金の方がずっと高い」と穏健で無難なコメントが多い彼にしては珍しく率直な言葉で発煙筒文化を支持したことでさらに議論が高まることに。

クラブのスポークスマンであるメディア・マネージャー レイモンド・サロモンはファン・ブロンクホルストのコメントに対し「我々は現在UEFAから拡大鏡で見られている立場。毎回罰金を払うだけでは済まず、最終的にスタンドの一部を空けなければならなくなる可能性もある。それに発煙筒があっても勝てない試合も残念ながらかなりたくさんある」と同意せず、クラブとして今後も立ち位置が変わらないことを明言(ただスタンドの花火・発煙筒でUEFAが空席処分にするルールが存在しないことは指摘されている)。

最も強く発煙筒文化を支持しているのがADのコラムニスト スユルト・モサウ。「関連性があるかどうかは誰にも分からないが、少なくともシン・ジュステのゴール(勝利ボーナス 150万ユーロ)の方が発煙筒に対する罰金(約3万ユーロ)よりも価値が高いのは間違いない。個人的に爆竹のような花火は嫌いだが、ベンガル・トーチは適切に発火されればとてつもない魅力的な雰囲気を作り出してくれる。むしろ、満員のスタディオンで紅い火の海のような光景ほど感動的なものはほとんど存在しない」

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

次節のプレミア・リーグは吉田、岡崎の日本人対決?【当てtoto】

シティは、強くなるべくして強くなった!! では、ユナイテッドは???【Cher démon rouge】

第15節結果:雪で2試合が中止。PSVが2敗目を喫して7連勝のAZが5pts差に。トゥエンテは今週も勝てず遂にヘッケンスライター【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:130
  • 累計のページビュー:5617201

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. 今シーズン ブレイクしたタレントたち

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss