我がフェイエノールト

CLに勝利でお別れ(CL: Napoli-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは水曜夜にNapoliに勝利してChampions Leagueにお別れを告げた。監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはデ・カイプで早々のビハインドを前半の内にニコライ・ヨルゲンセンのゴールで取り戻し、ロスタイムにジェレミア・シン・ジュステが2-1の決勝点。フェイエノールトにとって今シーズンの欧州戦初勝つ点となり、頭を上げて欧州の最高の舞台から下りることができた。

グループステージ初戦のManchester City戦同様にフェイエノールトは開始2分でビハインドを背負う。FKから2つ繋がれたボールをPiotr Zielinskiが蹴り込み、ファン・ブロンクホルストはトップレベルでの出場時間を与えたケネト・フェルメールには荷ノーチャンスだった。

しかしフェイエノールトはCLキャンペーンから多くを学んできたことを早々の失点の後に見せる。3ヵ月前にCity戦ではHTまでに0-3にされたのに対し、フェイエノールトはイタリア人たち相手にファイトしてしっかり試合に戻った。その結果30分過ぎにスティーヴン・ベルフハイスのパーフェクトなクロスからニコライ・ヨルゲンセンがゴール逆隅のヘディングを決めて見事に1-1の同点に。

Napoliはフェイエノールトの抵抗力に打ちのめされたようにも見え、ホームチームは実際その後リードを奪うこともできたはずだった。1分間の間にソフィアン・アムラバトのクロスがかろうじてクリアされ、イェンス・トールンストラのシュートは僅かにゴールの枠を逸れ、ヨルゲンセンのニアポストへのシュートはPepe Reinaによってセーブされた。

そしてタイレル・マラシアもこのフェイエノールトのレベルにしっかり付いて行っていた。ミケル・ネロムが十分フィットしてなかったためにこの18歳の左バックは欧州最高の舞台で公式戦デビュー。イタリアのトップクラブ相手に見事に対抗し続け、時に攻撃にも参加して良いクロスを上げることでその能力を証明していた。守備面でもHT明け10分過ぎにイタリア人たちの危険な攻撃を適切なタイミングのスライディングで無効化。

試合が終わりに向かうにつれてフェイエノールトは1ptをますます大事にし始めていたようだった。チームは守備面でコンパクトで、規律を守り、残り10分でトニー・フィレーナが2枚目のイエローカードを受けた後も相手にほとんど穴を与えなかった。それによって引き分けのまま終わるかに思われたが、ロスタイムにシン・ジュステがデ・カイプに歓喜の爆発をもたらす。このDFがCKからヘディングでネットを揺らし、これによってフェイエノールトは頭を上げてだけでなく、3ptsを手にしてCLにお別れを告げることができた。

Feyenoord - Napoli 2-1 Scoreverloop: 2’ Piotr Zielinski 0-1 33’ Nicolai Jørgensen 1-1 90’+1’ Jerry St. Juste 2-1

Scheidsrechter: Michael Oliver Gele kaarten: St. Juste (Feyenoord), Mertens (Napoli) Rode kaart: 83’ Tonny Vilhen (2xGeel)

Opstellingen: Feyenoord: Kenneth Vermeer; Bart Nieuwkoop (76’ Jerry St. Juste), Sven van Beek, Renato Tapia, Tyrell Malacia; Sofyan Amrabat, Tonny Vilhena, Jens Toornstra; Steven Berghuis (72’ Sam Larsson), Nicolai Jørgensen, Jean-Paul Boëtius. Napoli: José Manuel Reina; Elseid Hysaj, Raúl Albiol, Kalidou Koulibaly, Christian Maggio (64’ Mário Rui Silva Duarte); Allan Marques Loureiro (60’ Marko Rog), Amadou Diawara, Marek Hamšík; José Callejón (74’ Adam Ounas), Dries Mertens, Piotr Zielinski.

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Onder19、YLで冬越え(YL: Napoli-thuis)【我がフェイエノールト】

バルセロナ:CL1位通過も強豪と対戦の可能性アリ【ジョルディのバルセロナ通信】

【 乾貴士 】もう1つパフォーマンスを上げられると思う。 【 エイバル vs エスパニョール 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:294
  • 累計のページビュー:5609695

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss