我がフェイエノールト

Onder19、YLで冬越え(YL: Napoli-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールト Onder19のUEFA Youth Leagueでの冒険はウィンターストップ以降も続く。フェイエノールト・アカデミーの最高年代チームは水曜午後にNapoliとの最終戦に4-3で勝利し、グループ2位を決定、欧州のユース大会でのPO進出を果たした。

1ptでも2位を決められるフェイエノールトだったが、最初の30分間は上手く行かず。エクセルシオールのファン・ドンゲ&デ・ロー・スタディオンでチームはナーバスに試合に入ってしまい、FWが頻繁にポジションを入れ替えるNpoliの5-3-2システムに対して答えを出せなかった。その結果10分もせずにイタリア人たちが得点。抜け出したAlessio Zerbinがジュスティン・バイローを破った。15分後にもこのFWが再び抜け出したが、シュートは枠外に外れて集まった3000人の観客は安堵のため息。

このNapoliの2回目の大チャンスがフェイエノールトにとって目覚ましのベルになり、それ以降上手く試合に入っていけるように。ヴァウター・ブルヘルが惜しい遠目からのシュートを放った後、32分過ぎに得点。アシュラフ・エル・ブシャタウィのパスでロドニー・ハイヘンが飛び出すと、オルクン。コクチュへパーフェクトな戻しのパス。このMFが迷い無く強烈なシュートで逆サイドネットを揺らした。

この同点ゴールこそフェイエノールトのタレントたちに必要もプッシュだった。ゴールの後選手たちはイタリア人たちから主導権を奪い、HTまでにさらにリードも奪う。エル・ブシャタウィのCKからルチャレル・ヘールトライダが見事なヘディングを決め、ファン・ドンゲ&デ・ロー・スタディオンに5分間で2回目の大歓声をもたらした。

サポーターはHT明けに席について落ち着く舞えにもう一度歓声を上げることができた。コクチュがペナルティエリア際からのFKをものの見事に決め、熱狂的な観客と共にゴールを祝った。3-1にして冬越えは決まったかに思われたが、フェイエノールトはしかし終盤まだ不必要に緊張感を与えてしまった。早々に3-2にされた後、イタリア人たちはさらに残り5分でPKにとって同点に。

しかしそれ以降フェイエノールトは逃げ切るのではなく、むしろ残り時間はそこからまだ勝利を目指して自分たちを燃え上がらせた。シャイク・トゥーレーが倒されて得たPKをエル・ブシャタウィが決め、UEFA Youth Leagueでの次のラウンド進出を決定。

12月11日月曜に行われるUEFA Youth League POのドローをチームはファルケノールトで楽しみに待つだろう。次のラウンドはアウエーゲームで行われることは決まっており、日程は2月6日火曜日か7日水曜日。その試合に勝てば、この大会のベスト16に進むことになる。

Feyenoord O19 – Napoli O19 4-3 (2-1) Scoreverloop: 10’ 0-1 Zerbin 32’ 1-1 Kökcü 37’ 2-1 Geertruida 48’ 3-1 Kökcü 69’ 3-2 Palmieri 85’ 3-3 Gaetano (pen.) 94’ 4-3 El Bouchataoui (pen.)

Scheidsrechter: Frankowski (Pol)

Opstelling Feyenoord O19: Bijlow; Reith, Lewis, Geertruida, Smeulers; El Bouchataoui, Kökcü (80’ Wehrmann), Burger; Huijgen, Vente (46’ Touré) en Zwarts (87’ Bangura). Opstelling Napoli O19: Schaeper; Schiavi, Esposito, Senese; Mezzoni (60’ Sgarbi), Abdallah, Otranto, Scarf; Palmieri, Gaetano en Zerbin (77’ Bartiromo).

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

バルセロナ:CL1位通過も強豪と対戦の可能性アリ【ジョルディのバルセロナ通信】

【 乾貴士 】もう1つパフォーマンスを上げられると思う。 【 エイバル vs エスパニョール 】【FCKSA66】

CL最終節:S・ロベルト「センターバックの適性はないよ」【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:5617072

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss