我がフェイエノールト

フィテッセを下して重要な勝利(第14節:フィテッセ-thuis)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは土曜夜にフィテッセ相手に重要な勝利を収めた。ニコライ・ヨルゲンセンの序盤のゴールにとって監督 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルストのチームはデ・カイプで1-0で勝利し、アーネマースとFC ユトレヒトと順位表で抜き去ってエールディヴィジの5位に上がった。

氷点下近く気温が下がった寒いデ・カイプに入ったヘット・レヒューンはすぐにフェイエノールトのための拍手で手を温める。ホームチームは上手く試合に入り、特に左サイドでサム・ラーソンと(怪我のリチアーノ・ハプスの代役の)ミケル・ネロムがタンデムを形成して即座に攻撃に出ると、数回良いシュートで危険なシーンを作っていたニコライ・ヨルゲンセンが9分でゴールを決めて先制。

この先制点に至る前の素晴らしい攻撃で主役を担っていたのはソフィアン・アムラバト。このMFがスティーヴン・ベルフハイスとのコンビネーションから、GK レムコ・パスフェールよりも一瞬早くボールに届き、そこからヨルゲンセンに逃しようのないチャンスを提供。このデンマーク人はフェイエノールダーとしては2014年12月のコリン・カジム・リチャーズ以来のエールディヴィジでの1シーズン 4試合連続得点を記録した。

先制点以降、試合展開は行ったり来たりし、フィテッセにも流れがあったが、それでもベストチャンスがあったのは明らかにフェイエノールト。サム・ラーソン、ベルフハイス、トニー・フィレーナが同じ攻撃でそろってトリガーを引き損ね、その後にもラーソンのシュートがパスフェール正面に。しかしその直前にはブラッド・ジョーンスもマタフスのシュートで初めてセーブを強いられたように、ビジターチームも時に攻撃に出ていた。

後半は長時間大きなチャンスが生まれず、デ・カイプは最後まで緊張感が残ることに。しかしフェイエノールトは守備面で集中したプレーで試合を終え、1-0勝利をモノにすることができた。これによって2連勝と8月27日以来のホーム戦勝利となり、さらにプラス面として、フェイエノールトは2つ順位を上げ、FC トゥエンテと引き分けたアヤックスとの差を2つ縮めた。

Feyenoord - Vitesse 1-0 Scoreverloop: 9’ Nicolai Jørgensen 1-0

Scheidsrechter: Pol van Boekel Gele kaarnten: Amrabat (Feyenoord), Miazga (Vitesse)

Opstellingen: Feyenoord: Brad Jones; Bart Nieuwkoop, Sven van Beek, Renato Tapia, Miquel Nelom; Sofyan Amrabat, Karim El Ahmadi (85’ Jens Toornstra), Tonny Vilhena; Steven Berghuis, Nicolai Jørgensen, Sam Larsson (90’ Jean-Paul Boëtius). Vitesse: Remko Pasveer; Fankaty Dabo, Guram Kashia, Matthew Miazga, Lassana Faye (66’ Alexander Büttner); Thulani Serero (82’ Mitchell van Bergen), Navarone Foor, Mason Mount; Milot Rashica, Tim Matavž (72’ Luc Castaignos), Bryan Linssen.

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

多くの負傷者を抱えたドルトムント 交代出場の香川真司が攻撃のタクトを振るう【創造のLIBERO】

BVBへの誓い もう諦めない【創造のLIBERO】

バレンシア戦で誤審の審判が4日後の国王杯でも誤審でPKを献上【ジョルディのバルセロナ通信】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:5617072

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss