我がフェイエノールト

フローニゲンで見えない鎖を引きちぎる(第13節:フローニゲンuit)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フェイエノールトは土曜夜に説得力のある内容でFC フローニゲンに0-2勝利。試合全体を通しての優勢は後半開始15分間にトニー・フィレーナとニコライ・ヨルゲンセンの得点によってスコアに反映された。

リードしてHTを迎えるのに相応しいチームが一つあったとしたら、それは間違いなくフェイエノールトだった。チームは寒い北部で最初から試合をコントロールし、前半与えたチャンスは一つだけ。開始5分のトム・ファン・ヴェールトのシュートはブラッド・ジョーンスによって無害化された。

反対にフェイエノールトは前半クオリティの差をスコアに反映させるためのチャンスを数多く作るも、レナート・ターピア(ヘディングがライン上でクリアされる)、トニー・フィレーナ(至近距離からシュートがバーの上に)、サム・ラーソン(ヨルゲンセンのクロスかのシュートが枠外に)が揃ってフィニッシュに運が無かった。さrにヨルゲンセンはサミル・メミセヴィッチに引き倒されて主審 マッケリーに不満を言う正当な資格があったが、主審はペナルティスポットを指すことを拒否。

共に旅してきたヘット・レヒューンが歓声を上げることができたのは後半開始直後。素早いカウンターから見事な個人技を見たベルフハイスのボールが、最後は油断せず詰めていたフィレーナによって決められた。10分後のフェイエノールトの2点目でも主役を担ったのはベルフハイス。このバイテンスペーラーのハックでボールを受けたヨルゲンセンが難しい角度から美しい浮き球で今シーズンリーグ戦4得点目。

その間にはフローニゲンの危険な攻撃にミケル・ネロムが素晴らしい守備で対応。この左バックは20分に守備の際に負傷して担架でピッチを後にしなければならなかったリチアーノ・ハプスに代わってピッチに入ったが、この交代もフェイエノールトの守備の堅固さには全く影響せず、0-2になった後も無失点で試合を終えるために全力を尽くしていた。

フェイエノールトは集中力を切らすこと無くプロフェッショナルに試合を終わらせ、ロスタイムにホームチームの強烈なシュートがバーを叩いたこともあって、無失点で終えることに成功。フェイエノールトも点差を広げるチャンスが数回あったが3点目を決めることはできず。しかしそれもチームの力強いパフォーマンスを損なうことは全く無く、エールディヴィジでは10月1日以来の勝利を手にすることができた。

FC Groningen - Feyenoord 0-2 Scoreverloop: 49’ Tonny Vilhena 0-1 59’ Nicolai Jørgensen 0-2

Scheidsrechter: Danny Makkelie Kaarten: -

Opstellingen: FC Groningen: Sergio Padt; Todd Kane (73’ Django Warmerdam), Samir Memišević, Mike te Wierik, Yoëll van Nieff; Ruben Yttergård Jenssen, Juninho Bacuna, Ritsu Doan; Oussama Idrissi (77’ Jesper Drost), Tom van Weert (74’ Lars Veldwijk), Mimoun Mahi.

Feyenoord: Brad Jones; Bart Nieuwkoop, Sven van Beek, Renato Tapia, Ridgeciano Haps (20’ Miquel Nelom); Sofyan Amrabat, Karim El Ahmadi, Tonny Vilhena; Steven Berghuis (92’ Jens Toornstra), Nicolai Jørgensen, Sam Larsson (86’ Jean-Paul Boëtius). https://www.feyenoord.nl/feyenoord-1/uitslagen/fc-groningen-feyenoord-netherlands-eredivisie-2017-2018/verslag

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フェイエノールト
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ELグループステージ第5節結果:フィテッセが退屈な試合を引き分けて敗退決定【我がフェイエノールト】

天才型と秀才型。攻撃の選手と守備の選手の違い。【FCKSA66】

【W杯欧州予選PO/クロアチアがギリシャに完勝して2大会連続5回目の本大会出場!】【◎◎ZATS ENTERTAINMENT FOOTBALL◎◎◎】

ブロガープロフィール

profile-iconjongewoud

98年ワールドカップでオランダ代表に魅せられ、エールディヴィジを見始めてデ・カイプのクラブ、フェイエノールトの虜に
  • 昨日のページビュー:204
  • 累計のページビュー:5617072

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. オランイェ、強い日本と引き分ける
  2. フェルメールが禁断の移籍
  3. ドイツに完敗でオランダの命運は一縷の糸に
  4. 高まるミヤイチへの批判 「彼はもうトッププレイヤーではない」
  5. オランイェ、失敗の要因
  6. 失望のオランイェ。EK敗退に至った理由
  7. 夏の移籍市場だいたいのまとめ
  8. 今シーズン ブレイクしたタレントたち
  9. 「4-3-3は華麗で楽しいけど、僕らは勝利を望んでいるんじゃないか?」
  10. マタイセン 「カイトがなぜフェイエノールトに戻らなかったのか、僕は知らない」

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss